車種ごとの買取相場

【最新】レガシィB4の3年・5年・7年落ちの下取り価格と買取相場一覧 + 高く売るためのポイント

2009年、2014年にフルモデルチェンジしているレガシィB4。現行は5代目となります。 メーカー周期から、レヴォーグと共に2019~2020年に新型&アイサイトの新バージョンが登場すると予想されています。 この記事では、レガシィの3〜7年落ちの下取り価格と買取相場を一覧で分かりやすく公開しています。 高く売るためには、まず愛車がいくらなのかという買取相場を知ることから始まります。参考にしてみてください。 今すぐ愛車のリアルタイムの査定額を知りたい方はこちら↓ 情報入力は最短”45秒”です レガシィの基本価格と買取相場【2018年時点】  新車価格  302.4~324.0万円 平均買取金額  82.3万円 最高買取金額  227.7万円 最低買取金額  3.0万円 売却までの平均年数は12年、走行距離は9万キロとなっています。 歴史の長いモデルのため、先々代のモデルを長く乗り続けている方も多いようです。 市場では、2009年以降の大型化された4代目と状態の良い2014年以降の現行モデルが増加しています。 今後もマイナーチェンジを繰り返していく人気車種なので、7年落ちを超えた3代目と4代目をお持ちの方は走行距離がかさむ前の売却がおすすめです。 【無料】レガシィB4を一括査定してみる 中古車市場での人気や需要 レガシィは、水平対向エンジンと4WDの組み合わせにより、雪道にも強いパワフルで安定感のあるセダンとして評価されています。 市場では、競合となるモデルが少なく指名買いされるので根強い人気があります。 現在はまだ7〜10年落ちの年式が比較的高値で取引されているケースが多く、特にターボ車は買い取り相場が安定しており、高い金額を保っています。 レガシィを高く売るためのポイント 査定額が高くなる特徴 スタイリッシュな外見のセダンであることから、男性のスポーツ志向のユーザーが多く、ターボ車や特別仕様車は高く買い求められます。 4WDも需要があるので、走りの面でプラスとなる要素があれば、きっちり買取店に伝えて金額に反映してもらうと良いでしょう。 査定額が低くなる特徴 高級感、存在感といった魅力のセダンなので、ボディ・内装ともにキズがなく綺麗な状態であることが重要となります。 ボディの細かいスレキズなら市販の研磨剤でも綺麗にできます。 内装の軽い汚れや匂いも市販品で解決できるので、一手間を掛けることで価値をアップさせられることを覚えておきましょう。 ディーラーの下取り相場の残価率(リセールバリュー) メーカーの下取り価格シュミレーションを使って、現在の下取り価格を算出しました。 3年落ち 2015/H27年式 (BN9 2.5 4WD) 新車価格 265.0万円  134.8万円 (50.8%) 5年落ち 2013/H25年式 (BMM 2.5 i Bスポーツ アイサイト Gパッケージ 4WD) 新車価格 250.0万円 88.9万円 (35.5%) 7年落ち…

車種ごとの買取相場

【最新】プリウスPHVの3年・5年落ちの下取り価格と買取相場一覧 + 高く売るためのポイント

2012年に発売開始、2017年にフルモデルチェンジしたばかりのプリウスPHV。 2018年末にもマイナーチェンジを控えており、今後も初代モデルの買取相場が下落していくと予想されます。 この記事では、プリウスPHVの3年落ち・5年落ちの下取り価格と買取相場の一覧をわかりやすく公開しています。売却のまえに買取相場を把握する参考にしてください。 今すぐ愛車のリアルタイムの査定額を知りたい方はこちら↓ 情報入力は最短”45秒”です プリウスPHVの基本価格と買取相場【2018年時点】  新車価格  332.5~383.0万円 平均買取金額 169.6万円 最高買取金額 302.8万円 最低買取金額  82.7万円 売却までの平均年数は4年、平均走行距離は4万キロです。 2017年にフルモデルチェンジがあったことで、5年落ち手前で「あまり乗っていない」ユーザーの売却事例が多くなっています。 今後は5年落ちや5万キロオーバーの車両が増えていき、徐々に全体の相場が下落していくと見られます。 プリウスαの新型の噂やハイブリッドカーの競合が多く出ているのを考えると、今はまだ値下がり幅が増える前の売却が可能な時期です。 【無料】プリウスPHVを一括査定してみる 中古車市場での人気や需要 フルモデルチェンジ以降、中古車の台数が増え、初期モデルの相場下落が進んでいます。 燃費が良いので長年乗り続けるユーザーがいるので、今後は走行距離が多い・少ないクルマの二極化が起こると思われます。 ライフスタイルや家族構成の変化で買い換える予定がある方は、走行距離が増えすぎないタイミングでの売却を視野に入れておくと良いでしょう。 ディーラーの下取り相場の残価率(リセールバリュー) メーカーの下取り価格シュミレーションを使って、現在の下取り価格を算出しました。 3年落ち 2015/H27年式 (ZVW35 1.8 G) 新車価格 323.8万円 129万円 (39.8%) 5年落ち 2013/H25年式 (ZVW35 1.8 G) 新車価格 323.8万円 100万円 (30.8%) 最近は長年乗る傾向が強くなっていますが、残念ながらディーラー下取り価格は買取相場を下回っています。 買取相場では、リセールバリューは50%近くなるので、下取り価格はあくまで参考として確認する程度が良いのではないでしょうか。 買取相場の残価率(リセールバリュー) 年式・モデルで比較(3万キロ基準で比較) 現在 1年後 3年落ち 2015/H27年式 (ZVW35 1.8 G) 新車価格 323.8万円 164.0万円 (50.6%)…

車種ごとの買取相場

【最新】セレナの3年・5年・7年落ちの買取相場一覧 + 高く売るためのポイント

今すぐ愛車のリアルタイムの査定額を知りたい方はこちら↓ 情報入力は最短”45秒”です 2016年にフルモデルチェンジされ、2018年にe-POWER搭載モデルが追加された日産セレナは、先代モデルの相場が徐々に下がっています。 この記事では、そんな先代モデルを中心としたディーラー下取り・中古車買取相場の査定額を走行距離や年式ごとに一覧にまとめました。 日産の代表的なミニバンなので中古車市場の台数がとても多く、程度の良し悪しが高値査定のカギとなります。売却に備えて愛車の相場を理解しておきましょう。 セレナの基本価格と買取相場【2018年時点】  新車価格 231.7~243.5万円 平均買取金額 54.4万円 最高買取金額  226.0万円 最低買取金額  14.0万円 平均年数は10年、平均走行距離は8〜9万キロとなっており、長年乗り続けて売却する方が多いのが分かります。 2010年以前の9年落ち以上で走行距離が多い車両はゼロ査定に近くなります。 7年落ち・3回目の車検までの先代セレナのユーザーさんは、買い替え費用の足しにするなら、そろそろ売却のタイミングです。 【無料】セレナを一括査定してみる 現行「e-Power」モデルを購入した場合  2018年式 1.2 e-POWER X AT 7人乗り 新車価格 296.9万円 2年後  走行距離3万キロ 141.8万円 (47.7%)  走行距離5万キロ 131.7万円 (44.3%) 現行のEV車「e-Power」を購入した場合のリセールバリューは50%を切っており、あまり良い数字とは感じられません。 現行のハイブリッド車と比べて平均5km/Lほどの燃費向上が見られますが、ガソリン車と比べても新車価格を埋めるほどではありません。 ただし、3年後以降の値下がりが穏やかになったり、今後の中古車需要が変化する可能性もあります。 中古車市場での人気や需要 現在、自動運転のプロパイロット機能を搭載した現行モデルの流通が増加しており、緩やかに相場が下がっています。 ファミリー層を中心に人気があり、ハイウェイスターやライダーといった特別仕様車は高値で取引されています。 次のフルモデルチェンジは未定ですが、燃費の良いe-Powerが販売され始めたことで現行の相場は緩やかに下がり続けるでしょう。 セレナを高く売るためのポイント 査定額が高くなる特徴 エアロパーツを装備したハイウェイスターが強い人気があり、高額査定が見込めます。 『サンルーフ』や『本革シート』といった珍しいオプションや女性から需要がある『電動スライドドア』や『パーキングアシスト』の機能があれば、査定額アップが見込めます。 売却交渉のときは、積極的に値上げを交渉してみましょう。 査定額が低くなる特徴 ミニバンとしてファミリー層を中心とした人気があり、男性だけでなく女性が運転するケースもあります。 タバコの臭いやシートの汚れ、運転席やハンドル周りの汚れやキズは査定額を下げる可能性があります。 走りよりも室内の快適さを重要されるミニバンだからこそ、日頃から車内を清潔に保っているかどうかが大事になります。 ディーラーの下取り相場の残価率(リセールバリュー) メーカーの下取り価格シュミレーションを使って、現在の下取り価格を算出しました。 3年落ち (2015/H27年式 NC26 20G)…

車種ごとの買取相場

【最新】シエンタの3年〜9年落ちの下取り価格と買取相場の一覧+高く売るための方法

今すぐ愛車のリアルタイムの査定額を知りたい方はこちら↓ 情報入力は最短”45秒”です トヨタの代表的なコンパクトミニバン、シエンタ。使い勝手の良さから新車販売では毎月トップ10入りです。 2015年にフルモデルチェンジして以降、まだ新型の噂もないため、下取り・買取価格も安定しています。 家族で長年乗って、次はサイズダウンや大型ミニバンへの買い替えを考えようという方も多いクルマです。 忙しいとおろそかになりがちですが、商談や売却の前に少しでも相場を知っているどうかで結果は変わってきます。 この記事では、買い替えが多い9年落ちの買取相場はもちろん、年式・走行距離・カラーごとの買取相場も掲載しました。ぜひ参考にしてみてください。 シエンタの基本価格と買取相場【2018年時点】 新車価格 211.6~225.8万円 平均買取金額 108.5万円 最高買取金額 198.1万円 最低買取金額  32.0万円※ ※10年落ち、過走行を除く シエンタの買取相場の平均は108.5万円です【2018年 日本自動車購入協会監修Carview他 より】。 平均売却年数は9年落ち、平均走行距離7〜8万キロとなっており、長年乗るユーザーが多いのが分かります。 フルモデルチェンジから3年近くなり、程度の良い現行の中古車が増加しており、買取金額の平均を引き上げています。 ガソリン車の先代モデルを売るなら、今後1〜2年が狙い目となります。予算的に安く上がって狙い目なこともあり、現行以前のシエンタは未だ人気があります。 【無料】シエンタを一括査定してみる ハイブリッド車を購入した場合の買取相場 2017年式 ハイブリッドG 6人乗り 新車価格 233万円  2年後  走行距離3万キロ 139.1万円 (59.6%)  走行距離5万キロ 131.5万円 (56.4%) 現在の中古車市場ではガソリン車が6割を占めていますが、購入の予算としてはどちらも150~200万と同じ予算に収まっています。 そのため、どうせならハイブリッドを選ぶのがお得感があります。ガソリン車に比べてリセールバリューも高めなので、ハイブリッドを選ぶのが正解でしょう。 中古車市場での人気や需要 中古車市場では、ガソリン車よりハイブリッド車の方が人気があります。 ガソリン車の燃費が15km/Lに対して、ハイブリッド車は27.2km/Lとなっており、大きく低燃費を実現しているからです。 グレードではDICE(ダイス)系は人気があり、ベースグレードに比べて良い残価率を出しています。 シエンタを高く売るためのポイント 査定額が高くなる特徴 特に高値が期待できるのは、ハイブリッドGシリーズです。特別仕様車の”Cuero”も高値が引き出せます。 シエンタは使い勝手の良いコンパクトミニバンとして海外でも需要があるため、海外輸出を考える買取店があれば査定額アップも見込めます。 複数の買取店に査定してもらわなければもったいないクルマです。もし走行距離が少ないのであれば、なおさらです。 査定額が低くなる特徴 ファミリーカーとして需要があるシエンタは、中古車では内装のキレイさが注目されます。 タバコの臭いやシートの汚れなど不清潔な要素があれば、明らかなマイナス材料となります。 可能であれば、査定を申し込むまえに車内を清掃したり、予算の範囲内でクリーニングすると良いでしょう。 ディーラーの下取り相場の残価率(リセールバリュー) メーカーの下取り価格シュミレーションを使って、現在の下取り価格を算出しました。 3年落ち (2015/H27年式 NSP170G…

車種ごとの買取相場

【最新】ヴェゼルの3年・5年落ちの下取り価格と買取相場の一覧+高く売るための方法

今すぐ愛車のリアルタイムの査定額を知りたい方はこちら↓ 情報入力は最短”45秒”です フィットをベースに開発されたホンダのコンパクトSUVヴェゼル。 2014〜2016年の3年間連続でSUV販売台数1位を獲得しており、中古車でも高いリセールバリューを誇っています。 今回は、ヴェゼルの買取相場はいくらなのか? 下取りと買取のどちらがお得か? 高く売るための方法と合わせて紹介します。 ヴェゼルの基本価格と買取相場【2018年時点】  新車価格 207.5~247.5万円 平均買取金額 180.5万円 最高買取金額 215.0万円 最低買取金額 40.0万円 ヴェゼルの買取相場の平均は180.5万円です【2018年 日本自動車購入協会監修Carview他 より】。 平均価格の基準は買取年数2〜3年、走行距離は3〜5万キロとなっています。 比較的新しい車種で買取査定のデータが少なく、3〜5年落ちの査定事例が少ない状況です。 【無料】ヴェゼルを一括査定してみる ハイブリッド車を購入した場合 現在(3万キロ) 1年後(3万キロ) 3年落ち (2015/H27年式 RU3 1.5 ハイブリッド X AT) 新車価格 242万円  165.8万円 (68.5%) 153.6万円 (63.4%) 最近の車種というだけあってハイブリッド仕様は人気があり、3年落ち・3万キロでも買取相場が高い水準にあります。 中古車市場ではガソリン車よりハイブリッド車の方が割合がかなり多く、国内での需要の大きさが分かります。 中古車市場での人気や需要 買取価格のもっとも早く受けやすいベースグレード1.5Gを除けば、買取相場はまだまだ安定している状況です。 中古車市場では、3年落ち(2016年以前のホンダセンシング未搭載車)の試乗車や展示車軽油の中古車が増加しています。 ハイブリッド車は国内、ガソリン車は海外で人気が高く、まだまだ両者とも値崩れが少ない状況が続いています。 ヴェゼルを高く売るためのポイント 査定額が高くなる特徴 FF車と4WDでは買取価格に大きな差はないので、実際は新車を安く購入できるFF車の方がリセールバリューが高いと言えます。 中古車の購入需要が高まる2〜3月はもちろんのこと、4WDであれば冬場の需要が増える9〜10月は高値が引き出せる時期なので、ぜひ狙ってみましょう。 査定額が低くなる特徴 高年式が多い車種なので、走行距離の増加による下がり幅は比較的大きくなっています。 もし何らかの事情があって早めの買い替えを考えているようであれば、走行距離と売却のタイミングに注意が必要です。 ディーラーの下取り相場の残価率(リセールバリュー) メーカーの下取り価格シュミレーションを使って、現在の下取り価格を算出しました。 3年落ち (2015/H27年式 RU1 1.5 X CVT)…

車種ごとの買取相場

【最新】デミオの3年・5年・7年落ちの下取り価格と買取相場一覧 + 高く売るためのポイント

2014年に現行となる4代目が発表されて以降、高い人気を誇るマツダを代表するコンパクトカーのデミオ。 2017年のマイナーチェンジ以降、買取相場は下げの傾向になっており、現在は売りを急ぎたいタイミングです。 2007~2014年の間に3代目を購入した方は「5年〜7年落ちだから、そろそろ次の車検で買い替えようかな」とお思いでしょう。 高く売るためには、実は走行距離に影響されにくいデミオ特有の買取相場を把握しておくことが不可欠です。 この記事では、ディーラーの下取りから買取店の買取相場まで一覧にまとめました。売値を正しく把握して、いざ売却に挑みましょう。 今すぐ愛車のリアルタイムの査定額を知りたい方はこちら↓ 情報入力は最短”45秒”です デミオの基本価格と買取相場【2018年時点】  新車価格 139.3~226.3万円 平均買取金額 58.3万円 最高買取金額 144.6万円 最低買取金額 3万円 デミオの買取相場の平均は58.3万円です【2018年 日本自動車購入協会監修Carview他 より】。 デミオの平均買取年数は9年落ち、走行距離は7万キロほどです。 コンパクトカーやハイブリッド車と比べて、走行距離による買取価格の下落が小さいようです。 次のフルモデルチェンジは発表されていませんが、人気車種なのでいつ新型の噂が出てもおかしくありません。発表後の買取額の下落に要注意です。 【無料】デミオを一括査定してみる ディーゼル車の買取事例  年式 走行距離 査定額  3年落ち (2015年式 1.5 XD DJ5FS ディーゼルターボ) 新車価格 165.0万円 9〜10万キロ 56.7万円 4年落ち (2014年式1.5 XD DJ5FS ディーゼルターボ) 新車価格 165.0万円 8〜9万キロ  64.2万円 データが少ないデミオのディーゼル(軽油)車の実際に買い取りされた事例です。 査定額の残価率は、走行距離が多ければ多いほど、ガソリン車に近い数字となります。走れば走るほど元が取れますね。 中古車市場での人気や需要 市場で人気なのは2016年10月以降の安全装備が充実した現行の4代目ですが、中古車相場は平均よりも高値です。 100万を超えて予算オーバーになる4代目の次の選択肢として100万を切る3代目DE系がよく売れています。 もっとも市場に多く出回っているのも、この3代目DE系です。数が多い分、相場の値下がりも緩やかな状況です。 デミオを高く売るためのポイント 査定額が高くなる特徴 デミオの買取相場では、ディーゼル仕様のXDグレードが高く評価されています。 先ほどの買取事例のように、走行距離が増えても値下がりが少なく、デミオならではの人気傾向があることが分かります。 また、メーカーオプションの本革シート・純正カーナビ・サンルーフの3点セットが揃っていれば高額査定が見込めます。 査定額が低くなる特徴…

車種ごとの買取相場

【最新】ヴォクシーの3年・5年・7年落ちの下取り価格と買取相場一覧 + 高く売るためのポイント

2014年にフルモデルチェンジ。ハイブリッドも追加されたトヨタのヴォクシー。 ライバル車のモデルチェンジもあって、じわじわと買取価格が下がっています。 今回は、大きく売値の変化する5年落ちから買い替えの平均年数の7年落ちまで、下取りと買取査定額の相場をまとめました。 ヴォクシーはミニバン界では人気のド定番。高値で売れないはずがありません。相場を理解して、少しでも家計の足しにしましょう。 今すぐ愛車のリアルタイムの査定額を知りたい方はこちら↓ 最短”45秒”で分かります ヴォクシーの基本価格と買取相場【2018年時点】 新車価格 246.7~325.7万円 平均買取金額 77.0万円 最高買取金額 293.0万円 最低買取金額 40.0万円※ ※10年落ち、過走行を除く ヴォクシーの買取相場の平均は77.0万円です【2018年 日本自動車購入協会監修Carview他 より】。 2014年以前で5年落ちを過ぎると100万を切って平均買取価格に近い売価となってきます。 2014年以降の現行モデルは安全装備が付いており、150万~200万円前後で査定される傾向があります。 5年落ち以内であれば残価率も60%近くなるケースもあり、キレイに使った分、次の買い替えの追い金が抑えられます。 【無料】ヴォクシーを一括査定してみる 現行の場合 現行ヴォクシーの3年後の買取相場をメーカーHPでシュミレーションしました。 2017(H29)年式 2.0 V CVT 7人乗り 新車価格 278.6万円 3年後 走行距離3万キロ 172.7万円(61.9%) 走行距離5万キロ 169.9万円(60.9%) 3年後の下取り価格の予想は残価率60%以上で、十分な売価が期待できます。 オプションが付いていたり綺麗に使っていたりといった良い条件があれば、複数の買取店に競わせることで下取り10~20万アップの可能性も。 トヨタの人気定番モデルであり、流通量がまだ増えすぎていない数年以内であれば、まだ相場も高値をキープできそうです。 中古車市場での人気や需要 市場では予算100万以内で売られている低価格帯もありますが、走行距離10万km超がほとんどで避けられがち。 人気が集まる現在の現行型(80系)は、2014年(H26)に登場。 安全装備が充実しており、ゆるやかに下降しつつも高い買取相場を維持しています。 現在は、2016年に日産セレナがフルモデルチェンジしたことで一旦相場が下がりましたが、強い人気に支えられて相場は安定傾向にあるようです。 ヴォクシーを高く売るためのポイント 査定額が高くなる特徴 高額査定されるグレードは、特別仕様の”煌(きらめき)”と押しの強いルックスの”ZX”です。 見た目にこだわりのある子育てパパだけでなく、若い独身男子にも強い人気があります。 ファミリー層を中心に国内で需要が多いので、ナビやバックモニターといったオプション装備は強いプラス材料となります。 査定額が低くなる特徴 次のオーナーが子育て層やファミリーで使う可能性が高いので、室内のキレイさは査定額の上下につながります。 新車がよく売れていたり、リース落ちの中古車が増えているので、清潔でなければ販売店からの査定や入札が減ってしまう原因になります。 外観・室内が清潔。できれば車内禁煙で匂いが付いていない状態であれば、どんどんアピールして査定額を交渉しましょう。 ディーラーの下取り相場の残価率(リセールバリュー) メーカーの下取り価格シュミレーションを使って、現在下取りに出した場合の価格を算出しました。 3年落ち(2015年式…

車種ごとの買取相場

【最新】ヴィッツの3年・5年・7年落ちの下取り価格と買取相場一覧+高く売る方法

現行で3代目の人気トヨタのヴィッツ。2017年にハイブリッドが追加され、女性にも人気のコンパクトカーです。 アクアが登場してしばらく経ったことで買取や下取り相場も安定していますが、2019年のフルモデルチェンジが噂されています。 数年以内に中古相場が変化する怖れがある今、少しでも高く売るために3年・5年・7年落ちの査定相場は抑えておきたいところです。 この記事では、下取りや買取査定の相場を実際の事例や予測データを元にまとめました。車の売却査定の参考にしてみてください。 今すぐ愛車のリアルタイムの査定額を知りたい方はこちら↓ 情報入力は最短”45秒”です ヴィッツの基本価格と買取相場【2018年時点】  新車価格 118.2~400万円 平均買取金額 51.1万円 最高買取金額 189.2万円 最低買取金額 3.1万円 ヴィッツの買取相場の平均は51.1万円です【2018年 日本自動車購入協会監修Carviewより】。 中古車価格では、ガソリン車は100万円以下、ハイブリッドは120~150万円円ほどの車両が中心となっています。 今後はハイブリッドの展示車やリース落ちの中古車が増えていくので、選択肢が増えることでガソリン車の価格が下降気味になると予測されます。 【無料】ヴィッツを一括査定してみる 現行ヴィッツを購入した場合 2017年式 1.3 F CVT 新車価格 148.2万円 3年後(3年落ち) 3万キロ  74.1万円(50%) 5万キロ 68.6万円(46%) たとえば、これから新車、あるいは乗り換えでヴィッツを購入した場合の3年後の売却額を予測しました。 コンパクトカーの中では、まずまずの数値といったところです。 中古車市場の価格帯を考えても、状態が悪くなければ、この数字と大きく乖離することはないと思われます。 中古車市場での人気や需要 ヴィッツは人気車なので年中需要が安定していますが、特に1〜3月と9〜10月の進学や就職、転勤や転職が多い時期に買取査定額が上がりやすくなっています。。 コンパクトカーの代名詞としてファーストカーに選ばれることも多いです。この春先から秋口の時期はニーズが多くなります。 年度末の決算時期と重なる3月はもっとも良い売却時期なので、タイミングが合う方は査定してみるといいでしょう。 ヴィッツを高く売るためのポイント 査定額が高くなる特徴 高く売れるグレードはスポーツグレードの「RS」です。現行型では唯一MTがあるグレードなので、海外でも需要があります。 他より抜きん出た査定額が付く可能性が高いので、お持ちの方は強気で買取店に査定をお願いすべきです。 女性からの人気が高いので、女性向けのグレード「ジュエラ」やホワイト・シルバー・ブラックといったカラーは査定額が高くなります。 さらに内装が綺麗であれば、このうえないプラス評価になるので、できるかぎり綺麗にしておきましょう。 査定額が低くなる特徴 街乗り中心で女性からの人気が高いので、内装や外観に目立った問題があると査定額に大きく影響します。 他のコンパクトカーと同じく、外装や足回りのカスタマイズも好まれません。メーカー純正パーツがある場合は、忘れずに買取店に伝えましょう。 需要があるナビや室内オプションはプラス材料になるので、こちらはどんどんアピールしましょう。 ディーラーの下取り相場の残価率(リセールバリュー) メーカーの下取り価格シュミレーションを使って、現在の下取り価格を算出しました。 3年落ち(2015年式 1.3F NSP130) 新車価格 134.2万円 60万円(44%) 5年落ち(2013年式 1.3F…

車種ごとの買取相場

フィットハイブリッド 3年・5年・7年落ちの下取り価格と買取相場一覧 + 高く売るポイント

2010年に登場、2013年に2代目となったフィット ハイブリッド。 5年目2回目、7年目3回目の車検時を迎える人が増え、2019年にはフルモデルチェンジが噂されています。 買い替えや高く売るための判断材料として、年式や走行距離で買取相場を比較してみました。今からできる高く売る方法も紹介するので、参考にしてみてください。 今すぐ愛車のリアルタイムの査定額を知りたい方はこちら↓ 情報入力は最短”45秒”です フィットハイブリッドの基本価格と買取相場【2018年時点】  新車価格 170.0~236.7 万円 平均買取金額 93.8万円 最高買取金額 172.0万円 最低買取金額 41.0万 フィットハイブリッドの買取相場の平均は93.8万円です【2018年 日本自動車購入協会監修Carviewより】。 最高額を引き上げているのはHonda SENSINGグレードです。 ハイブリッド仕様の中古車は予算120~150万円が相場となっており、平均買取相場も高めの水準にあります。 ただ、人気車種で台数が多く査定額にばらつきが出るので、2社以上の買取店に査定してもらうのがおすすめです。 【無料】フィットハイブリッドを一括査定してみる 現行2018年式 1.5 ハイブリッド F の場合 現行のフィットを購入した場合、3年後の買取相場をシュミレーションしました。  2017年式 1.5 ハイブリッド Fパッケージ 新車価格 181.5万円  3年落ち(3年後) 3万キロ 88.0万円以下(48%) 5万キロ 83.0万円以下(45%) ハイブリッドが登場した現行は2013年からで5年目になります。 2019年にフルモデルチェンジの可能性が濃厚なので相場が下がる可能性があります。 ハイブリッド車で元々のリセールバリューは高めなので、この点はガソリン車にはないメリットですね。 中古車市場での人気や需要 市場で人気のグレードは、予算120万円程度で狙えるハイブリッド Fパッケージです。 コンパクトカーながら大人4人でも乗れるので、独身の方だけでなく、夫婦やファミリー層まで幅広い人気があります。 フィットを高く売るためのポイント 査定額が高くなる特徴 人気があるため、査定額を引き上げやすいのはハイブリッド Fパッケージです。 その他の機能やデザインが追加されたグレードも査定が高くなりますが、新車価格からの残価率を考えるとお得ではありません。 ベーシックな状態が人気なので、純正エアロやナビといったメーカー純正オプションがあればプラス評価になります。 査定額が低くなる特徴 年式が新しく質の良い中古車が増加しているので、初期型は相場が下がってきています。 また、フィットのハイブリッド仕様は内装がこだわって作られています。なので、経年劣化などによる内装やシートの汚れには注意しましょう。 印象が大きく変わり、マイナス評価となる可能性があるので、事前の念入りな清掃がおすすめです。…

車種ごとの買取相場

【最新】フィットの3年・5年落ちの下取り価格と買取相場一覧+高く売る方法

現在のモデルで3代目となる、長年愛される人気車フィット。 2019年にフルモデルチェンジという情報があり、買取相場が下がる可能性があります。 3年・5年・10年落ちの査定額はいくらになるのかを調べたので、相場より高く売るための方法とあわせて紹介します。 今すぐ愛車のリアルタイムの査定額を知りたい方はこちら↓ 情報入力は最短”45秒”です フィット(ガソリン車)の基本価格と買取相場【2018年時点】  新車価格 142.9~205.1万円 平均買取金額 69.4万円 最高買取金額 140.0万円 最低買取金額 18.8万※ ※10年落ち以上と過走行を除く。 フィットの買取相場の平均は28.9万円です【2018年 日本自動車購入協会監修Carviewより】。 最高額を出しているのはRSのグレードです。最低額は10年落ちの走行距離5万キロ超えのものが大半です。 中古車市場でも非常に台数が多いので、全体的に相場が割安。そのぶん査定額が安くなりそうですが、実際はしっかり値打ちが付いています。 【無料】フィットを一括査定してみる 現行2017年式 グレード13G・Fの場合 現行のフィットを購入した場合、3年後の買取相場をシュミレーションしました。  2017年式(グレード13G・F) 新車価格 142.9万円  3年落ち(3年後) 3万キロ 67.7万円以下(47%) 5万キロ 63.6万円以下(44%) 現行は2013年からで5年目になります。 新車価格が安めなので、リセールバリュー(残価率)も良い数字です。中古車の需要が安定しているのも理由でしょう。 2019年にフルモデルチェンジという情報がありますが、年式が新しければ影響は少なめになると思われます。 中古車市場での人気や需要 3年落ちやリース・レンタル落ちの中古車が増加しており、相場がじわじわと下落しています。 年式ごとの差額が小さいので、13GのグレードよりもFパッケージやSパッケージの方が人気があり、高くなる傾向があるようです。 予算100万円圏内で買えるコンパクトカーとして絶大な人気があり、買取店の査定データも多く、乗り気になってくれる車種です。 フィットを高く売るためのポイント 査定額が高くなる特徴 RSグレードは、エアロパーツ付きやMT仕様や仕様があり、スポーツカー好きの若者に高い人気があります。 なので、RSは飛び出て高値で売れます。買取価格相場は110万円を超えます。新車価格が200万手前なので、残価率60%まで届く場合もあります。 査定額が低くなる特徴 市場に多く出回っているので、10万キロを超える過走行を除けば、一気に安くなるような特徴はありません。 自動車は年々価値が下がっていくもので、購入から6〜7年経てばほとんど価値がなくなり、10年経てばゼロというケースが多いです。 しかし、フィットの10年10万キロの廉価グレードであっても、ゼロ円にならず10万円前後の買取が付くケースがあります。 ディーラーの下取り相場の残価率(リセールバリュー) メーカーの下取り価格シュミレーションを使って、現在の下取り価格を算出しました。 3年落ち(2015年式 13G) 新車価格 120.4万円 67万円(55%) 5年落ち(2013年式 13G) 新車価格 133.8万円 54万円(40%)  10年落ち(2008年式…