【ハリアー 車中泊】高級SUVでも車内泊!フルフラット・シートアレンジ・注意点まとめ

ハリアー 車中泊

高級SUVの代表格、トヨタのハリアー

あの高級感があるハリアーで車中泊?と思われるかもしれませんが、意外と車中泊している人がいるんです。

この記事では、

  • ハリアーで車中泊できるのか
  • ハリアーの実際の車中泊スペースの広さ
  • ハリアーで車中泊する際のシートアレンジと注意点

について、実際にハリアーの車内を見てきた著者がまとめています。

ハリアーへの買い替えを検討している方、ハリアーで車中泊をしてみたい方の参考になること間違いナシです。ぜひ一読してみてください。

ハリアーのフルフラットとシートアレンジ

ハリアーはフルフラットになるのか?

5人乗りのSUVであるハリアーは、後席シートをたたんでもフルフラットにはなりません。

後席シートの裏側と荷室(ラゲッジスペース)の間にわずかな”くの字”の段差ができます。

また、後席シートがわずかに浮いてしまうので、バックドアの方に向かって若干の傾斜ができます。

ハリアー シートアレンジ 傾斜 傾き

フルフラットにするには、段差をクッションやマットで埋め、傾斜した分だけ足元を高くする必要があります。

実際に寝転がってみましたが、シート自体は座り心地が良い上質な造りになっているので、寝転がると体の重みに合わせて少し沈み込みます。

ゴツゴツとした感じはありませんが、沈み込んでしまう分、寝返りに打ちにくい感覚はありました。この点は好みによって良し悪しの評価が分かれますね。

あとで詳しく書いていますが、後席シートを倒した状態での奥行きは165cmほど。前席シートをスライドさせれば180cmほどのスペースができます。

ハリアーのフルフラット シートアレンジの方法と種類

ハリアーの後席シートは6:4分割可倒式となっており、左右別々でリクライニング可能です。

後席シートをすべて倒したシートアレンジは、後席シートの部分をすべて荷物スペースにできるので、多くの荷物を積み込めます。

ほかの利点として、マットやシートが敷きやすい、寝返りが打てるので快適に寝られるという点があります。

ただし、すべてのシートを倒さないといけないので、荷物が多い場合はセッティングに手間が掛かります。ハリアーのようなSUVはラゲッジスペースが狭いので注意が必要です。

助手席側の後席シートのみ倒すシートアレンジは、ひとりで寝る場合のセッティングがとてもラクになります。

シートを元に戻すのもカンタンなので、連日ひとりで車中泊するときに最適なシートアレンジと言えますね。

つまり、どちらのシートアレンジでも、後席シート端までの奥行きは165cmまでなので、それ以上の広さが欲しければ後席の足元を埋めなければいけません。

ハリアーの車中泊車内スペース(室内の広さ)

ハリアー フルフラット
奥行き 165~180cm
室内幅 100~140cm
高さ 120cm

奥行きは前席シートを最大限前まで伸ばしたときの広さです。

車内の中央付近は120cmほどの高さがありますが、バックドアの付近は低くなっており、座ると頭がぶつかるような高さになります。

横幅は大人がふたりが寝ても大丈夫なサイズですが、寝返りを打つのは難しいでしょう。またタイヤケースの出っ張りが若干邪魔になります。

ひとりの車中泊なら、奥行きさえ確保できれば快適に寝られるだけのスペースがあります。

シートを倒したときに段差や隙間

ハリアー シート間の隙間

ハリアーは前席シートを前にスライドさせると後席シートの間に15~20cmほどの隙間ができます。

この隙間を埋めるにはコンテナがおすすめです。このコンテナのうえにマットや布団を敷けば、奥行きが広がります。

created by Rinker
トラスコ中山(TRUSCO)
¥1,539 (2019/11/16 20:07:24時点 Amazon調べ-詳細)

車中泊するときの収納スペース

ハリアー 床下収納

また、ラゲッジスペースのデッキボードの下に収納スペースが確保されており、小さめの荷物を積み込めます。

ハリアーの車中泊で役に立つオプション・グレード・公式アクセサリ

サンルーフ

全グレードにメーカーオプションとして用意されている『サンルーフ』

車中泊やキャンプ、アウトドアで開放感が味わえます。夜は車内から星空を見ることも。

他のクルマにはない楽しみ方ができるので、非常に人気があるオプションです。

価格は108,000円となります。このオプションは売却のときに価値があがる可能性が高いので、ぜひ検討してみてください。

AC100V コンセント(引用元:https://toyota.jp/harrier/interior/comfort/)

家庭用と同じAC100Vが使える『ACコンセント』です。電気毛布やドライヤーなどに使えるようになります。

『USBソケット』もありますが、こちらはオプションとなります(『PREMIUM”Advanced Package』グレードには標準装備)。

価格は9,720円です。予算的に厳しい方はシガーソケットに市販のソケットを取り付けてもいいですね。

ハリアーで実際に車中泊するときの注意点

ハリアーのようなSUVは、窓が座席シートに近い位置にあるので、外から見えやすい造りになっています。

カーテンのような目隠しがなければ寝顔が見られるような状態になります(笑

夏場であれば換気ができる虫除けネットカーテン、冬場であれば断熱性のある銀マットを窓の形に切って貼り付けるのがおすすめです。

必要な車中泊グッズはこちら

また、シートの傾斜が気になるという意見もあります。

フロントの方に頭を向けて寝ていると、寝ている間に下の方へ身体がズレていく場合もあります。

できるかぎり傾斜ができないように、マッドや布団などで足元側を高くして調節した方が良いです。

【まとめ】ハリアーで車中泊はできる

  • ハリアーは段差と傾斜を埋めればフルフラットに近くなる
  • 奥行きは165~180cm。最大まで広げるためには準備が必要。
  • ひとりで寝るなら横幅と高さは問題なし。ふたりだと横幅が少し窮屈。

このように、ハリアーは車中泊できるクルマだとわかりました。身長によって準備するものが変わるので、一度実車で確認されることをおすすめします。

SUVジャンルでもトップの人気があるハリアーですが、車内スペース・収納スペースともに車中泊には問題ないクルマでした。

最近は車中泊ブームで、Youtubeでも車中泊動画の人気があるほどです。ハリアーでの車中泊が気になった方は、ぜひ挑戦してみてください。

ハリアーに買い替えたいけど、今のクルマがいくらで売れるんだろう?という方のために

こちら↓で各メーカーの中古車の下取り価格・買取相場をまとめています。

>>《メーカー別》中古車の買取相場・リセールバリュー》

(画像引用元:トヨタ公式

 




ハリアー 車中泊