TAG ステーションワゴン

車種ごとの買取相場

【最新】レガシィB4の3年・5年・7年落ちの下取り価格と買取相場一覧 + 高く売るためのポイント

2009年、2014年にフルモデルチェンジしているレガシィB4。現行は5代目となります。 メーカー周期から、レヴォーグと共に2019~2020年に新型&アイサイトの新バージョンが登場すると予想されています。 この記事では、レガシィの3〜7年落ちの下取り価格と買取相場を一覧で分かりやすく公開しています。 高く売るためには、まず愛車がいくらなのかという買取相場を知ることから始まります。参考にしてみてください。 今すぐ愛車のリアルタイムの査定額を知りたい方はこちら↓ 情報入力は最短”45秒”です レガシィの基本価格と買取相場【2018年時点】  新車価格  302.4~324.0万円 平均買取金額  82.3万円 最高買取金額  227.7万円 最低買取金額  3.0万円 売却までの平均年数は12年、走行距離は9万キロとなっています。 歴史の長いモデルのため、先々代のモデルを長く乗り続けている方も多いようです。 市場では、2009年以降の大型化された4代目と状態の良い2014年以降の現行モデルが増加しています。 今後もマイナーチェンジを繰り返していく人気車種なので、7年落ちを超えた3代目と4代目をお持ちの方は走行距離がかさむ前の売却がおすすめです。 【無料】レガシィB4を一括査定してみる 中古車市場での人気や需要 レガシィは、水平対向エンジンと4WDの組み合わせにより、雪道にも強いパワフルで安定感のあるセダンとして評価されています。 市場では、競合となるモデルが少なく指名買いされるので根強い人気があります。 現在はまだ7〜10年落ちの年式が比較的高値で取引されているケースが多く、特にターボ車は買い取り相場が安定しており、高い金額を保っています。 レガシィを高く売るためのポイント 査定額が高くなる特徴 スタイリッシュな外見のセダンであることから、男性のスポーツ志向のユーザーが多く、ターボ車や特別仕様車は高く買い求められます。 4WDも需要があるので、走りの面でプラスとなる要素があれば、きっちり買取店に伝えて金額に反映してもらうと良いでしょう。 査定額が低くなる特徴 高級感、存在感といった魅力のセダンなので、ボディ・内装ともにキズがなく綺麗な状態であることが重要となります。 ボディの細かいスレキズなら市販の研磨剤でも綺麗にできます。 内装の軽い汚れや匂いも市販品で解決できるので、一手間を掛けることで価値をアップさせられることを覚えておきましょう。 ディーラーの下取り相場の残価率(リセールバリュー) メーカーの下取り価格シュミレーションを使って、現在の下取り価格を算出しました。 3年落ち 2015/H27年式 (BN9 2.5 4WD) 新車価格 265.0万円  134.8万円 (50.8%) 5年落ち 2013/H25年式 (BMM 2.5 i Bスポーツ アイサイト Gパッケージ 4WD) 新車価格 250.0万円 88.9万円 (35.5%) 7年落ち…

車種ごとの買取相場

【最新】スバル レヴォーグの3年落ちの下取り価格と買取相場一覧 + 高く売るためのポイント

2014年に登場後、毎年マイナーチェンジを続けているレヴォーグ。 2018年の改良はフルモデルチェンジ前の最終型という噂があり、次は新型の発表が期待されています。 この記事では、現時点でのレヴォーグの下取り価格と買取相場を分かりやすく一覧で公開しています。走行距離やボディカラーごとの比較もあります。ぜひ参考にしてみてください。 今すぐ愛車のリアルタイムの査定額を知りたい方はこちら↓ 情報入力は最短”45秒”です レヴォーグの基本価格と買取相場【2018年時点】  新車価格 283.0~405.0万円 平均買取金額 216.0万円 最高買取金額 337.1万円 最低買取金額 98.6万円 売却までの平均年数は3年、平均走行距離は3万キロ前後となっています。 3年落ちで車検を迎える初期モデルの中古車が増加していますが、まだまだ台数は少なく相場の下落も穏やかです。 とはいえ、次のフルモデルチェンジがいつ発表されるか分かりません。2014年式の初期モデルは大幅な値崩れが予想されます。 【無料】レヴォーグを一括査定してみる 現行を購入した場合  2018/H30年式 (VM4 1.6 GT アイサイト 4WD) 新車価格 262.0万円 2年後  走行距離3万キロ 187.5万円 (71.5%)  走行距離5万キロ 175.9万円 (67.1%) 近年のハイブリッド車人気で、ガソリン車よりリセールバリューはわずかに高めとなっています。 ただし、新型の噂がある現在は、購入のタイミングとしては微妙なところです。 中古車市場での人気や需要 中古車市場では、1.6GT系の台数が多くなっており、2.0GT系は珍しいため高値になる傾向があります。 アイサイトを搭載した2017年後のモデルかどうかでも相場に違いが現れています。 スバルのなかでも新車販売が好調なぶん、割安感のある中古車は人気があり、状態が良ければ思わぬ高値を引き出せる余地があります。 レヴォーグを高く売るためのポイント 査定額が高くなる特徴 まだ年式が浅いこと、新車販売の勢いがあることから走行距離が査定額につながりやすい車種です。 1年1万キロと考えると3〜4万キロの車両が多いので、走行距離5万キロを超えると一段評価が落ちてしまいます。 査定額が低くなる特徴 先ほどの通り、アイサイトを搭載していない2014~2016年のモデルは相場が下落傾向となっています。 下落を怖れて売却が増えることでさらに安くなっていく怖れもあるので、売却を考える方は遅れずに早めに査定しましょう。 ディーラーの下取り相場の残価率(リセールバリュー) メーカーの下取り価格シュミレーションを使って、現在の下取り価格を算出しました。 3年落ち 2015/H27年式 (VM4 1.6 GT アイサイト 4WD)…

車種ごとの買取相場

【最新】フィットシャトルの3年・5年・7年落ちの買取相場一覧 + 高く売るためのポイント

ウェイブの後継者として登場したフィットシャトルは、2015年に生産中止。以降、シャトルに代替りしています。 加熱するSUV人気やミニバン需要によってシェアを奪われており、買取相場は下落すると予想されています。 この記事では、フィットシャトルの3〜7年落ちのディーラー下取り価格と買取相場を分かりやすく一覧で公開しています。 「生産中止のモデルだけど、いつ頃売れば得するのか?」気になる方、今の買取相場を把握しておきたい方は参考にしてください。 今すぐ愛車のリアルタイムの査定額を知りたい方はこちら↓ 情報入力は最短”45秒”です フィットシャトルの基本価格と買取相場【2018年時点】  新車価格 168.7~200.1万円 平均買取金額  73.5万円 最高買取金額 105.0万円 最低買取金額 33.0万円 売却までの平均年数は6年、平均走行距離は6万キロになっています。 フィットシャトルが2011年に発売されたので、7〜8年目での買い取り事例が中心となっています。 生産中止となっているモデルなので、一気に中古車台数が増えて急な値崩れを起こす可能性があります。 【無料】フィットシャトルを一括査定してみる 中古車市場での人気や需要 中古車市場ではファミリー層だけでなくビジネス目的での購入もあり、今のところは相場の下落に対する下支えが続いています。 ただ、2〜3年後には後継のシャトルやライバル車であるカローラフィールダーやレヴォーグの中古車が増加して値崩れする怖れがあります。 現在はまだ人気を維持していますが、生産中止となったことを考えると今後の動向が読みづらい車種です。 フィットシャトルを高く売るためのポイント 査定額が高くなる特徴 ビジネスでの利用や中年層のユーザーからの需要があるため、純正ナビのオプションが付いていれば、査定額にも期待ができます。 生産中止のモデルなので、走行距離が少なければ少ないほど査定額が上がりやすい状況です。 ディーラーの下取り相場の残価率(リセールバリュー) メーカーの下取り価格シュミレーションを使って、現在の下取り価格を算出しました。 3年落ち 2015/H27年式 (GG7 1.5 1.5X CVT) 新車価格 166.6万円 77万円 (46.2%) 5年落ち 2013/H25年式 (GG7 1.5 1.5X CVT) 新車価格 166.6万円 65万円 (36.0%) 7年落ち 2011/H23年式 (GG7 1.5 1.5X CVT) 新車価格 157.1万円 40万円…

車種ごとの買取相場

【最新】ホンダ シャトルの3年落ちの買取相場一覧 + 高く売るためのポイント

2015年に現行発売、2017年9月にマイナーチェンジされたホンダのシャトル。 現行は3年落ち(最初の車検)のタイミングとなっており、今後売却が増えていくと見られます。 この記事では、シャトルの3年落ちのディーラー下取り価格と買取相場を分かりやすく一覧で公開しています。 今すぐ愛車のリアルタイムの査定額を知りたい方はこちら↓ 情報入力は最短”45秒”です シャトルの基本価格と買取相場【2018年時点】  新車価格 156〜243万円 平均買取金額 86.4万円 最高買取金額 181.5万円 最低買取金額 103.7万円 売却までの平均期間は2年7ヶ月ほど。平均走行距離1万キロ前後となっています。 まだマイナーチェンジから日が浅いので、今後のフルモデルチェンジもしばらく先でしょう。 ユーザー層から考えると長年乗り続ける傾向が強いと思われるので、今後4〜6年後の時期で買い替えが増えると予想されます。 そうなると売却が増えて値崩れするので、3〜4年後とみられるフルモデルチェンジの手前が売りどきとなるでしょう。 【無料】シャトルを一括査定してみる ハイブリッド車を購入した場合  2018/H30年式 (GP7 1.5 ハイブリッド X ホンダセンシング) 新車価格 213.9万円 2年後  走行距離3万キロ 140.4万円 (65.6%)  走行距離5万キロ 133.4万円 (62.3%) 現行は、これまでのハイブリッド車やガソリン車に比べてわずかに残価率が良いようです。 2017年のマイナーチェンジ以降のモデルはホンダセンシングという安全機能が付いているからだと思われます。 中古車市場での人気や需要 シャトルのようなステーションワゴンは、荷物が多かったり、5人乗りで快適さを求めたりするようなユーザーから人気があります。 SUVやミニバンと比べても手頃な価格帯で、コンパクトカーでは物足りないという層から買い求められるので、まだ中古車相場の値崩れも少ない状況です。 ハイブリッド仕様や年式の新しいステーションワゴンは数が少ないので、早めに手放すことで予想の残価率以上の高値が出る可能性を秘めています。 シャトルを高く売るためのポイント 査定額が高くなる特徴 展示車や試乗車落ちの中古車が増えているので、走行距離が増えていると相対評価でマイナスになりがちです。 5万キロや7万キロといった境目を超えているかどうかは、査定時に見られやすいポイントです。 買い替えを控えているのであれば、できるかぎり走行距離を抑えておることで値下がりの幅を少なくできるでしょう。 ディーラーの下取り相場の残価率(リセールバリュー) メーカーの下取り価格シュミレーションを使って、現在の下取り価格を算出しました。 3年落ち 2015/H27年式 (GK8 1.5 G ガソリン車) 新車価格 156.4万円 108万円…

車中泊

【カローラフィールダー 車中泊できる】写真で分かるフルフラット・車内スペース・必要なグッズまとめ

どうも、車中泊を研究しているミヤザキです。 この記事では、 「カローラフィールダーの車中泊で気になるポイント」 「実際の車中泊はどのようになるか」 をまとめました。 初めてSUVを買う方は、買い替えの参考にしてみてください。満足できるクルマ選びの手助けになれば幸いです。 カローラフィールダーの車中泊で気になる2つのポイント ①フルフラットになるのか? カローラフィールダーは、後部座席(リアシート)を倒せば、寝転がれる空間ができます。 ただし、リアシートの裏面が若干浮いていて傾斜があるので、完全なフルフラットにはなりません。 ②シートアレンジは? 後部座席は6:4分割シートになっています。1人なら片方だけ倒して寝られるので、荷物を載せたままで寝られますね。 リアシート裏面からラゲッジスペースは造りがしっかりしていました。体重が掛かっても問題なさそうでした。 ③車内スペース(室内の広さと荷室)は? 引用元:https://toyota.jp/corollafielder/interior/?padid=ag341_from_corollafielder_navi_interior 肝心の車内の広さですが、前席を最大限前へスライドさせると前席の背もたれからラゲッジスペースの端まで200cmほどになります。 普通車クラスでこれほど奥行きがあるのは珍しいです。身長180cmを超える人でも足を伸ばせます。 ただ、荷物の置き場や傾斜の都合で若干寝づらいところがあるかもしれません。そこはマットを用意してカバーですね。 奥行き:202.5cm 横幅:107cm 高さ:73.5cm ④シートの段差や隙間、傾斜は? 先ほど書いたように、前席との間に隙間ができます。 クーラーボックスやコンテナボックスなどの荷物を詰めたりして隙間をしっかり埋めれば、2人でも足を伸ばして寝られます。荷物の保管や事前の準備がカギですね。 車中泊のための準備で必要なグッズやマットは、こちらの記事でまとめています。初心者の方はまず目を通してみてください。 必要な車中泊グッズはこちら 【初めての車中泊グッズ】失敗しないための必需品・おすすめグッズ徹底まとめ 実際の車中泊はどんな風になる? 奥行きと横幅は問題ありませんが、大人が車内で座って背を伸ばすと天井に頭が当たりますね。 ステーションワゴン型なので仕方がありませんが、後部左右のドアを開いて出入りするのはちょっと面倒です。 手間ですが、バックドアの開口部から出入りした方がラクな印象でした。 他のクルマと比べてみた 実際見てみると、トヨタ車のなかでは車中泊向きと言える内装でした。 他にトヨタ車でいえば、アクアやプリウスよりカローラフィールダーの方が奥行きがあって寝やすそうでした。 他社のステーションワゴン車なら、ホンダのシャトル、スバルのレガシィ(レヴォーグ)の方がシートの傾斜が少ないです。 比べたい方は、ハイブリッド仕様のカローラフィールダーを見てみるといいですね。 カローラフィールダーは荷物少なめの車中泊向き 最初はそれほど広い印象がありませんでしたが、十分に足を伸ばして寝られるスペースがありました。 1人であれば寝返りもラクですし、2人でも寝られるだけの余裕はあります。 問題は、床下収納が小さめで収納スペースが少ない点ですね。 車中泊を考えるなら、荷物を減らすか、基本的に荷物が少なくできる方に向いているクルマでしょう。 カローラフィールダー メーカー:トヨタ 新車見積もり(無料) 未使用車を探す 最安値の中古車を探す 愛車の一括査定(無料)はこちらから よく読まれています 【初めてでも大丈夫】車買取の一括査定の注意点と失敗パターン・サイト選びの必勝法とは?

車中泊

【フィット シャトル 車中泊できる】写真付きフルフラット・シートアレンジ・注意点まとめ

どうも、車中泊を研究しているミヤザキです。 この記事では、ホンダのフィットシャトル(SHUTTLE)の旧型・新型それぞれについて 「車中泊をする前に気になるポイント」 「実際の車中泊のイメージ」 「シャトルで寝るときの注意点」 をまとめました。 ステーションワゴン選びで悩んでいる方は、買い替えの参考にしてみてください。満足できるクルマ選びの手助けになれば幸いです。 フィットシャトルの車中泊をする前に気になる3つのポイント 新型(2015年以降)はシャトル。旧型はフィットシャトルと呼びます。 新型のシャトルは、フィットシャトルより全長がほんの少し短くなりましたが、荷室は広くなっています。 さらにシートがよりフラットになり、車中泊向きになっています。 ①フルフラットになるのか? 旧型 フィットシャトル 引用元:http://autoc-one.jp/honda/shuttle/special-2238543/ 新型 シャトル ②車内スペース(室内の広さと荷室)は? シャトル、フィットシャトルどちらも室内スペースに大きな差はありません。 奥行き(前席の背もたれまで):146~180cm 横幅:98cm 高さ:85cm ③シートの段差や隙間、傾斜は? どちらも車中泊をする際は、180cm未満の人であれば「前席を最大までスライドさせて〜」という作業をしなくても大丈夫です。 気をつけるべき点は、フィットシャトルのリアシートの裏面です。 クッション性が良くないので、体重を掛けると沈み込みます。内部の骨組みや鉄板のゴツゴツが伝わってちょっと痛かったです。 調べてみると、写真の位置にある隙間から1cmほどの銀シートを差し込めば解消できるそうです。ぜひ試してみてください。 引用元:http://shuminosekaiblog.blog49.fc2.com/blog-category-4.html 実際の車中泊は大人1人+子ども1人までが最適 明かりや周囲の視線が気になる方は、窓の目隠しも忘れずに。 フィットシャトルの窓は10枚もあったので、時間に余裕がある方を除いてシェードの自作は止めた方がいいです。市販品を使いましょう。 大人1人なら余裕で足を伸ばして寝られる奥行きがありますが、大人2人で寝るなら荷物の収納場所をよく検討しましょう。 子どもが立って着替えたり、大人が座ったまま着替えられるだけの高さはあります。大人1人+子ども1人までなら快適でしょう。 シートはフラットでもわずかな傾斜や段差があるので、忘れずに車中泊マットを用意しておくことをおすすめします。 必要な車中泊グッズはこちら 【初めての車中泊グッズ】失敗しないための必需品・おすすめグッズ徹底まとめ ステーションワゴンのなかでも車中泊向き ホンダ車の中ではフリードスパイクやフリードプラスの方が車中泊向きです。フラットスペースがさらに20センチも長いですからね。 しかし、フィットシャトルでも充分な奥行きと高さが確保されており、大人1人の車中泊なら問題なく対応できます。 同じステーションワゴンタイプでいえば、トヨタのカローラーフィールダー、スバルのレガシィ(レヴォーグ)があります。 カローラフィールダーとシャトルを比べると、リアシートを倒すだけでいいシャトルの方がカンタンに寝られます。 まとめ:大人1人ならスペースは十分! 車中泊のときの荷物の積み込みが試される スタイリッシュな見た目で街乗りでも格好良いシャトルは、ホンダ車らしいフラットシートを兼ね備えていました。 新車も人気ですが、販売台数が好調なので中古車の数も豊富です。 価格帯が広く、意外と安くなっているグレードもあるので、気になる人は中古車価格をチェックしておきましょう。 新型 シャトル メーカー:ホンダ 新車見積もり(無料) 未使用車を探す 最安値の中古車を探す 愛車の一括査定(無料)はこちらから 旧型 フィットシャトル…