【レヴォーグ 車中泊】旅や遠出に最適!フルフラット・シートアレンジ・注意点まとめ

レヴォーグ 車中泊

スポーティなステーションワゴンを求める熱烈な声に答えて登場した、スバルのレヴォーグ。

ホイールハウスの出っ張りを抑えて左右いっぱいまで荷物を載せられる造りになっており、とても車中泊に向いているクルマです。

この記事では、

  • レヴォーグで車中泊できるのか
  • レヴォーグの実際の車中泊スペースの広さ
  • レヴォーグで車中泊する際のシートアレンジと注意点

について、実際にレヴォーグの車内を見てきた著者がまとめています。

レヴォーグへの買い替えを検討している方、レヴォーグで車中泊をしてみたい方の参考になること間違いナシです。ぜひ一読してみてください。

 

スバル レヴォーグのフルフラットになるのか?

レヴォーグ 車内スペース 室内の広さ

レヴォーグは、リアシートを前に倒すことで奥行き160cm、リアシートと前席の間の隙間を埋めることで195cm近いスペースができます。

横幅が108cmくらいあるので、布団やマットレスを敷き詰められるほど広さに余裕があります。

リアシートに若干の傾斜がありますが、全体的にほぼフラットに近いといってもいい状態です。

レヴォーグのシートアレンジの方法と種類

レヴォーグ シートアレンジ

レヴォーグのフルフラットシートアレンジは、リアシートを倒してヘッドレストを外すだけです。

奥行きを広げたい場合は、さらに前席を最大限前までスライドさせ、リアシートとの隙間を埋める必要があります。

レヴォーグの車内スペース(室内の広さ)は?

レヴォーグ 車内の広さ
奥行き 160~195cm
室内幅 110cm
高さ 76cm

レヴォーグは、同じスバルのSUV・XVと似て車内の高さが低めです。

そのため、大人が室内であぐらをかいて座ると天井に頭が触れます。

著者は気になりませんでしたが、初めて車中泊をする人は圧迫感を感じるかもしれないので、試しに寝っ転がって確認してみると良いでしょう。

車内の広さ(奥行きと横幅)は十分にあるので、大人ふたりや大人+子どもでも寝られます。

タイヤ・ホイールの出っ張りがないので、足を伸ばしやすい造りになっています。

シートを倒したときに段差や隙間

レヴォーグ シートの隙間

前席シートを最大限前へスライドさせると約30~40cmほどの隙間ができます。

160cm以上の奥行きは作るために、クーラーボックスやコンテナボックスを入れて隙間を埋めましょう。

created by Rinker
トラスコ中山(TRUSCO)
¥1,510 (2019/07/17 02:21:46時点 Amazon調べ-詳細)

車中泊するときの収納スペース

レヴォーグ ラゲッジスペース 床下収納

レヴォーグは、ラゲッジスペースのフロアボードを外すと床下に収納スペースがあります。

他のスバル車よりも深さがあって容量が多く、約33L入ります。だいたい、機内持ち込みできるバックパックぐらいの大きさです。

このフロアボードは2分割されており、もう片方(前側)を外せばさらに7Lの浅底スペースが現れます。

レヴォーグの車中泊で役立つオプション・グレード・公式アクセサリ

レヴォーグ 公式オプション

レヴォーグには、標準装備として以下のような車中泊に役立つ設備があります。

  1. カーゴルームランプ……夜間に重宝するランプ。手元を照らすのに役立ちます。
  2. カーゴサイドフック……荷物を引っ掛けられるので、スペースを有効活用できます。
  3. リアシートフォールディングスイッチ……バックドア側からリアシートを倒せるスイッチ。ベッドのセッティングのときに役立ちます。
  4. カーゴフック・・・ラゲッジスペースの四隅に配置された金属製フック。背が高い荷物や大きな荷物を固定するのに使います。
  5. ネット付リアクオーターポケット・・・ティッシュやペットボトルなど、小物を収納できます。

寝っ転がったときにサイドにこういった設備があるクルマは珍しく、車中泊向きのポイントですね。

実際に使ってみて便利だなと思ったのは、①のルームランプと②のサイドフックでした。

使い方にとっては有効活用できるので、何ができるか考えてみるのも良いですね。

レヴォーグで車中泊するメリット

レヴォーグ 雪道

レヴォーグは雪道での走破力が高いので、スタッドレスを履いて冬の車中泊に出掛けられます。

ウィンターシーズンは、スノーボードや登山など、車内で一晩過ごすという需要が多い時期です。

冬場の車中泊に対応できるという点では、他のクルマにない強みを持っていると言えます。

レヴォーグの車中泊で役立つ車中泊グッズ

夏場の目隠しと日除け

夏の車中泊では、目隠しと日除け、そして室内の換気が必須になります。

サンシェードは、目隠しと日除けに役立ちます。

夏場はとにかく日が昇るのが早いので、日差しを遮っておかないと早朝に暑さで目覚めることになります。

すこしでも長い時間、快適に寝たいのであれば、サンシェードはぜひ持っておきたいアイテムです。

夏場は、窓をあけて風を通した方が快適に寝られます。

この虫よけネットは目隠しにもなり、虫を遮ることもできます。さらに風を通せるので快適。

他の品で代用もできますが、市販品の方がカンタンに取り付け&収納ができるので便利です。繰り返し車中泊するなら手元に置いておきたいところ。

冬場の寒さと結露対策

created by Rinker
ユーザー(User)
¥980 (2019/07/16 23:11:58時点 Amazon調べ-詳細)

冬の車中泊では、寒さ対策のために断熱・防寒が大切になります。そこで銀マットが役立ちます。

床下からの底冷えを防ぐためには、車中泊マットだけでなく、シート面に銀マットを敷くのが良いです。

また、窓ガラスに結露が生じて車内の気温が下がるので、銀マットを窓の形に切り抜いて断熱材するのも効果的です。

非常に安くていろいろと使い回せるので、持っておくと重宝しますよ。

これから車中泊する人におすすめ

【まとめ】レヴォーグは車中泊できる

レヴォーグ フルフラット
  • 車内の最大奥行195cm × 横幅110cm。大人ふたりでも寝られる広さ
  • 足を伸ばして寝るためには30~40cmの隙間を埋める必要がある
  • 深さのある床下収納があり、かさばる荷物でも収納できる

精悍な顔つきが格好いいレヴォーグ。その見た目だけでなく、ウィンターシーズンの車中泊ができるタフなクルマでした。

「こんなクルマで車中泊するの?」と思われそうなスポーツワゴンではありますが、意外と車内泊の情報が出てくるモデルです。

この記事を参考に、あなただけの車中泊カーとしてレヴォーグにテコ入れしてみてはいかがでしょうか。

レヴォーグに買い替えたいけど、今のクルマがいくらで売れるんだろう?という方のために

こちら↓で各メーカーの中古車の下取り価格・買取相場をまとめています。

>>《メーカー別》中古車の買取相場・リセールバリュー》

 




レヴォーグ 車中泊