TAG FIT

車中泊

【フィット 車中泊】プチ車中泊にバッチリ対応。車内泊のシートアレンジや必要な対策まとめ

どうも、車中泊を研究しているミヤザキです。 コンパクトカーであるフィット(Fit)は、車中泊を想定しているようには見えません。 しかし、さすがホンダ車。実際は「1人なら足を伸ばして余裕で寝られるクルマ」でした。 この記事では、 「実際に寝るときの車内スペース」 「フィットの車中泊向きなポイント」 「車中泊をするときの注意点」 をまとめました。 これから車中泊したい方、コンパクトカーへの買い替えを考えている方のお役に立てば幸いです。 実際に寝るときの車中泊スペース ・奥行き:146〜180cm (前席との隙間を埋めれば170cm。前席シートの端までなら220cm) ・横幅:130cm ・高さ:100cm 室内の高さは、背が高いタントと同じぐらいあり、小さな子どもを着替えさせたり、大人が座って背を伸ばせます。 ※以下、クリックで詳細が読めます。 [su_accordion] [su_spoiler title=”【参考例】写真で見るシートアレンジ” style=”fancy”] フィットは、リアシートを倒すと座面が床へと沈んでいく仕組みになっており、傾斜とデコボコが少ないフラットな状態になります。 一人で寝る場合:ロングモード 助手席をリクライニングして後席シートとつなげれば、220cmほどのロングスペースが作れます。 シートのつなぎ目に段差があるため完全にフラットな状態にはできませんが、段差を埋めたり板を通せば、ほぼフラットなベッドメイキングができます。 一人で使う場合、余った片側のスペースに荷物を置けるのもいいですね。 二人で寝る場合:ユーティリティモード ユーティリティモードの奥行きは146cm 、前席をスライドさせると170cm手前ほどになります。 板を敷いたりマットレスを敷き詰めたりする場合は、このユーティリティモードが最適です。   二人で休憩する場合:リフレッシュモード リフレッシュモードは、運転席も合わせて倒したアレンジです。シートの上は160cmほどのスペースになります。 完全なフラットにはなりませんが、シートを動かす手間は掛かりません。座席の高低差やくぼみを埋めれば、なんとか寝られるアレンジです。 一番後ろのラゲッジフロアが使えませんが、荷物を置くことはできます。 引用元:http://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/interior/ [/su_spoiler] [su_spoiler title=”フィットで快適に寝るための方法” style=”fancy”] 助手席とリアシートの間の隙間を埋める この隙間は、高さ53cm、横幅30cm、長さ13〜20cmほどです。長さは、助手席をスライドさせると調整できます。 前席とリアシートの隙間の上に板を渡す 引用元:http://take2tech.blog.fc2.com/blog-entry-99.html コンパネの板を渡すことで、隙間を塞ぎつつフラットな空間が作れます。 コンパネの大きさは長さ146cm。横幅は、1人なら横幅90cm、2人なら120cmあれば良いでしょう。 このうえに銀マットやマットレスを敷けば、断熱性に優れたフラットなベッドができます。 [/su_spoiler] [/su_accordion] 必要な車中泊グッズはこちら 【2018年版 車中泊グッズ】19日間クルマに住んだので、初めての車内泊に必要なアイテムをまとめてみた フィットの車中泊向きなポイント 燃費の良さ フィットハイブリッドの燃費は、口コミで19.08km/L、カタログの燃費は30km/Lとなっています。 燃費が良ければ、ガソリンスタンドが少ないところへ遠出したときに給油の心配が少なくなります。 車中泊に適した後継モデル…