TAG CX-5

車種ごとの買取相場

【最新】CX-5の3年・5年落ちの下取り価格と買取相場一覧 + 高く売るためのポイント

2012年に初代、2016年にフルモデルチェンジで2代目(現行)となったマツダのミドルサイズSUV CX-5。 2018年3月に大幅なマイナーチェンジがあり、これまで高値傾向だったところが少しずつ下落に転じています。 次のフルモデルチェンジの予想は2022年とかなり先になっており、まだまだ高い金額で手放せる状況です。 この記事では、CX-5の3年落ち・5年落ちの下取り価格と買取相場を一覧で公開しています。売却の相場を知る参考にしてみてください。 今すぐ愛車のリアルタイムの査定額を知りたい方はこちら↓ 情報入力は最短”45秒”です CX-5の基本価格と買取相場【2018年時点】  新車価格  249.5~352.6万円 平均買取金額 153.5万円 最高買取金額 256.9万円 最低買取金額 92.2万円 売却までの平均年数は4年、平均走行距離は5万キロ前後となっています。 2012~2013年に日本カー・オブ・ザ・イヤーを2年連続受賞しただけあって、この年に売れた分の売却事例が多いようです。 現在はマイナーチェンジにより、初代モデル、とくに高値だったディーゼル車の相場はやや下落しています。 【無料】CX-5を一括査定してみる 中古車市場での人気や需要 発売から年数が浅いのでまだ流通が少ない状況です。 なので、中古買取の相場と残価率は高い水準にありますが、相場は下落傾向にあります。 燃費と走りの点で充実したクリーンディーゼルのターボを搭載したXD以上のグレード(プロアクティブ)は特に人気があります。 CX-5を高く売るためのポイント 査定額が高くなる特徴 まだ年式が浅いため、走行距離5万キロ以上が少なく、査定額への影響が未知数です。 なるべく走行距離が少ない状態で売却するのが、現時点での高値売りのポイントです。 査定額が低くなる特徴 「SKYACTIV TECHNOLOGY」が魅力なので、走行距離とエンジン周りが重視されます。 走行距離は少なければ少ないほど良く、さらにオイル交換など定期的にメンテナンスされていれば、印象がとても良くなります。 逆に少しでもトラブルや異音があると査定額に大きく響いてくるので、気をつけましょう。 ディーラーの下取り相場の残価率(リセールバリュー) メーカーの下取り価格シュミレーションを使って、現在の下取り価格を算出しました。 3年落ち 2015/H27年式 (KE5AW 2.5 25S 4WD) 新車価格 241.0万円 159万円 (65.9%) 5年落ち 2013/H25年式 (KEEAW 2.0 20S 4WD) 新車価格 229.5万円  122万円 (53.1%) メーカー下取り価格より買取相場の残価率の方が2〜3%ほど高くなっています。 販売店は「まだ中古車の台数が少ないので売りやすい」ので、高く買い取ってくれやすい傾向にあります。…

車中泊

【CX-5 車中泊】人気のSUV マツダCX-5で使える車内泊の情報をまとめてみた

どうも、最近車中泊を研究しているミヤザキです。 今回は、車中泊の情報がなかなか少ない車種、マツダのCX-5です。 車両価格に対して燃費・車内の広さ・走行性・デザインの格好良さのバランスが優れており、マツダでも人気の車種です。 このCXシリーズは他にCX-3とCX-7がありますが、今回は最も評価と人気が高いCX-5について調べてみました。 (引用元:マツダ CX-5 写真・画像|自動車カタログ【オートックワン】) CX-5のここが車中泊向き 人気のディーゼルモデルは燃費がいい ディーゼル車とは、レギュラーガソリンではなく軽油で走る車ですが、軽油はガソリンより安く給油できます。 その軽油で走った際、充分なエンジン性能を出しつつ、高速走行時に20km/lに近い燃費が出るのがCX-5の特徴です。 ちなみに車両価格は、ガソリンモデルがおよそ240万円、ディーゼルモデルはおよそ280万円となっています。 CX-3 CX7と違って荷物が多く積める もっとも最近発売されたCX-5は、ラゲッジルームの容量も一番大きくなっています。CX-3が350L、CX-7が455L、それに比べてCX-5は500Lとなっています。 リアシートを倒してラゲッジルームを広げられるようになっており、車中泊の際の荷物を多く納めておくのにぴったりとなっています。しかも、1620Lという大容量です。例えると、単純計算で市販の牛乳パック1000本に相当する容量です。 ラゲッジフロア下には、10Lのサブトランクボックスがあります。車中泊の際のアイテムを入れておけます。 車内スペースである荷室長や荷室幅にも違いがあります。限界まで広げた場合、もっともスペースが広いのはCX-5となります。 CX-5の車中泊スペース 実際に車中泊をする際のスペースと活用方法を見ていきましょう。 公式での室内スペースは、室内長183cm、横幅最大136cm、室内高95cmとなっています。 実際に写真を撮ってきたところ、実際に使える広さはこのような感じでした。 ・室内長 170cm……公式の室内長183cmとの違いは前席の前後差です。限界までシートをスライドさせれば、183cmのスペースができると思われます。その場合、リアシートの間に10cmほどの隙間ができるでしょう。180cmあれば、大の大人でも足を伸ばし切ることができます。 ・横幅 135cm……ほぼ誤差なし。ただし、リア側の狭い部分は96cmほどになります。少々出っ張りが気になりますが、大人二人であれば充分横になれるスペースです。 ・室内高 80〜95cm……公式の82cmとの誤差は、リアシートを倒した際に残る傾斜です。体重を掛ければ、多少傾斜はなくなりますが大人がギリギリ背を伸ばして座れる80cmほどの高さになると思われます。小さな子どもを立たせたり着替えさせられるだけのスペースはあります。 実際のところ、公式の公表とほぼ変わらないスペースでした。わずかな違いは、シートの前後や最大の長さによる誤差の範囲内です。公式のデータは非常に参考になるので、マットレス選びやDIYを行う際に参考にしてみてください。 CX-5のシートアレンジ 実際にシートアレンジをしてみたところ、完全ではありませんが、フラットになるのが分かりました。 CX-5の特徴として、リアシートが左・中央・右と独立しています。一人用や二人用に合わせてそれぞれ倒せます。一人で寝るときには使い勝手が良い造りですね。 リアシート裏面に傾斜と段差ができますが、それを除けば、フラットに近いスペースができあがります。シートもゴツゴツとした感覚はなく、しっかり体を受け止めてくれるような布張りになっています。 また、こういった四駆自動車によくあるメリットとして、リアシートの上部に背もたれを倒すためのレバーが付いています。おかげで、ラゲッジルーム側からでもシートを倒したり、広さを変えたりできます。多くの荷物を一度に積みこむ時など便利ですね。 車内にゆとりがあり、リヤシートを倒しても前席には干渉しない作りになっています。実際に寝る際、足先まで思いっきり伸ばせるのはありがたいですね。 CX-5で車中泊をする際の注意点 口コミを調べてみたところ、リアシートで寝転がった際、天井の低さが気になるという意見がありました。 とはいえ、室内高 95cmは、セダンや軽自動車に比べると申し分ない高さです。軽自動車のなかでも室内高があるタントに近い高さです。そのため、車中泊のクルマとして横になるのであれば、利用に問題ない高さだと言えます。 ただ、一点注意すべき点があります。 助手席に重い物を置いてしまった際、センサーが反応してシートベルトを締めるようにアラームが鳴るときがあります。物を置きっぱなしにしないように気をつけましょう。 CX-5で快適に寝るための方法 四駆自動車であり車高が高いため、プライバシーや遮光対策を考えて窓対策を行うべきです。道の駅やサービスエリアなど、他の人がいる駐車場では、窓対策は必須と言えます。 CX-5は、他の車種と比べてリアサイドのガラスが一部小さいため、シェードなどを設置するのも比較的ラクだと言えます。 他の車種でも使われるように、フロントガラスはサンシェードかマルチシェード、サイドはカーテンを使います。リアもフロント同じようにシェードを使うといいでしょう。 費用を抑える必要があれば、ホームセンター等で売られている銀マットを窓のサイズに切り取って使いましょう。隙間が出ないようにきっちり塞げば、外から見られることもなく外灯や日射しが差し込むこともありません。ドア枠に挟むように押しこめば、隙間なくきっちり固定できます。 窓対策については、こちらのプリウスの車中泊記事が参考になります。車種によってはカーテンなどの型番が異なるので、探すときは注意しましょう。 シートの傾斜・段差・隙間と対処方法 先に書いたとおり、CX-5はリアシートを倒しきっても完全なフルフラットにはなりません。ほぼフラットといったところです。 写真のとおり、リアシートに傾斜、ラゲッジスペースとの間に段差、前席との間に隙間ができます。 ①リアシートの傾斜 高低差10cmほどの傾斜です。体重を掛ければゆっくり沈み込むようになっています。次の②で行うように足元になるラゲッジルームの高さを調整するか、クッション性があるマットレスや毛布を敷き詰めれば、さほど気にならないでしょう。 ただし、神経質で完全なフラットを求める方は、ベニヤ板などを通したり足元に板を敷いて水平にしましょう。リア側が高くなるように場所を選んで駐車する方法もあります。こちらの記事でも書いているので参考にしてみてください。 ②ラゲッジルームとの段差(約5cm) (引用元:CX-5で快適車中泊!…