TAG 普通車

車中泊

【レガシィ 車中泊】寒冷地での車内泊でも安心! 快適に寝る方法や注意点をまとめてみた

「時間を気にせず遠出したいから、ホテルではなく車中泊にしよう」 この記事を読んでいるあなたも、旅行やアウトドアの趣味を楽しむために車中泊を選んだのではないでしょうか? 車中泊に適したクルマのなかでも雪が降る寒い地域の方にオススメの車種が、今回紹介するスバルのレガシィです。 この記事では、冬場での車中泊に備えるためにカンタンに実践できる&効果が高い対策をまとめてみました。この対策を取り入れて、思いっきりアウトドアを楽しんでみてください。 レガシィは「走る・積み込む・泊まる」の三拍子が揃っている 低重心で操縦安定性が高いレガシィは、「運転が楽しい」という口コミもあるほど、長距離や山道での走行に定評があります。 スバルの4WDへの蓄積された技術により、スタックという車輪の空回りや横滑りを防ぐ工夫が施されています。 また、特有の水平対向エンジンは低重心で振動が少ないため、雪道でも安定した走行ができるのが魅力です。スバル車の雪道での走破性は、海外でも高く評価されています。 車中泊については、リアシートを倒せば、2人でも寝られるほどのスペースができます。夫婦での車中泊旅行のレビューもあり、走る・積み込む・泊まるというニーズを十分に叶えられる車種です。   二人でも寝られる車中泊スペースがある 実際にスペースと活用方法を見ていきましょう(5代目レガシィツーリングワゴンの場合)。 ・室内長 181~192cm リアシートを前にスライドさせれば、奥行きは最大で192cmになります。十分に足を伸ばせる長さです。その場合、前席とリアシートの隙間を埋める必要があります。 >>>【レガシィのシートの傾斜・隙間と解消方法】 ・横幅 110~137cm 最大幅は137cm。ワンタッチで荷室がフラットになるので便利です。一人であれば寝返りを打つ余裕もあります。二人であれば密着気味になりますが、体験談を見ても十分に寝られる広さでしょう。 ・室内高 70~90cm セダン車なので、やや天井の圧迫感があります。背を伸ばして座るにはギリギリの高さといったところです。着替えるときには窮屈に感じるかもしれません。 レガシィのラゲッジスペースは、リアシートを倒せば、かなりフラットに近い空間が生まれます。隅々まで使える広々とした空間は、ゴルフバッグや大型スーツケースを4つも収納できます。 車中泊最強車と言われるモビリオスパイクやフリードスパイクに比べて室内の高さは少々見劣りしますが、山道や雪道を走る方であれば、レガシィの運転性能は頼もしい限りです。 ラゲッジスペースには、こうしたサブトランクが付いています。トランク脇にはちょっとしたスペースもあります。   車中泊のクルマにレガシィを選ぶ際の注意点 雪が積もっている場所では絶対にエンジンを切る 車の周囲が雪で塞がれていると、マフラーからの排気ガスが車の下に充満し、車内に侵入してきます。車中泊の際、こうした事故により一酸化炭素中毒で亡くなるケースは少なくありません。 もちろん、雪が降っている場所だけではありません。そもそも、日本の多くの市町村では、停車時の長時間のアイドリングストップは禁止されています。 やむをえず長時間停車する際は、車の後ろ、マフラーの近くに壁等がないか、よく確認するようにしましょう。 シリコンスプレーでドアがいつでも開くようにする レガシィのユーザーの中には、スキーや釣りのため、気温が氷点下になる寒い場所に行かれる方もいるでしょう。 長時間停車していると、ドアの部分にある水分が凍結することで、ドアが開かなくなるケースがあります。 備えあれば憂いなし。非常時に外に出られない危険もあるので、予防としてドアのゴム部分にシリコンスプレーを吹きかけておきましょう。これで凍結による接着を防ぐことができます。 KURE(呉工業) シリコンスプレー (420ml) 潤滑・離系剤 [ 品番 ] 1046 [HTRC2.1] posted with カエレバ KURE(呉工業) Amazon レガシィで快適に寝るための方法 ガラス窓の結露&凍結を防止する 冬場に車中泊をする際に多いのが、窓の結露や凍結です。あまりの寒さで、ガラスの内側が凍ったり「髪の毛が凍った!」という体験談もあります。 こうした結露を防ぐためのコツとして、寝るときに前席のウインドウをほんの少し開けておくという方法があります。 わずかに窓を開けても、毛布などにくるまっていれば体感的にはあまり変わらないので、結露&凍結を防止するために窓を開けるというわけです。 窓に目張りを行い、冷え込みを防ぐ&プライバシーを守る…

車中泊

【モビリオスパイク 車中泊】車内泊最強と言われるモビリオスパイクをフル活用するためのまとめ

【2017年7月 追記:フリードスパイクも調査しました】 ——車中泊最強は、モビリオスパイク。 車中泊に適したクルマのなかで、よく名前が挙がるクルマがあります。 それが、今回のモビリオスパイクと後継車のフリードスパイクです。 現在(2017年7月)はモビリオスパイクは生産中止しており、車中泊最強の名はフリードスパイクと後継車のフリードプラスのものになっています。しかし、別名「走る秘密基地」と言われるモビリオスパイクは、今でも中古車市場で根強い人気を誇っています。 ここに辿り着いたあなたも、このクルマを徹底的に使い倒そうと考えているはず。そんなあなたに向けて「モビリオスパイクの車中泊なら、この記事!」と言えるまとめをお届けします。 モビリオスパイクが車中泊最強と言われる理由 そもそも、なぜ車中泊最強と言われるようになったのでしょうか? リアシートからラゲッジスペースにかけて、ワンタッチで、ほぼフルフラットになる 前席をスライドさせれば、最大194cmのフラットスペースができる。大人2人が余裕で寝られる 天井が高く、圧迫感がない。起き上がっても十分な高さがある ラゲッジスペースが腰掛けられるほど低いため、大型セダンやSUVより大きな荷物を積み込める 荷物をたくさん積み込んでも、高速道路で80km/h以上出せる十分な走行性能がある 高速を使って遠出をする際の平均燃費が良い(約15km/L) このように、スペース、荷物の積み込み、走行性能、燃費、どの点を取っても高いレベルでバランスが取れている車種です。 また、人気車種として中古車市場で多く出回っているため「中古の車体価格が安い」という評判もあります。 後継機のフリードスパイクはさらに車中泊向き フリードスパイクはハイブリッド仕様があり、平均燃費が16.44km/Lまで向上しています。 (参考元:フリードスパイクハイブリッド/ホンダ|燃費記録|みんカラ – 車・自動車SNS ) 室内スペースはモビリオスパイクよりさらに広く、最大200cmほどまで広げられます。購入時には専用の車中泊パッケージを付けることができ、まさに車中泊ユーザーですね。   実際に寝るときの車中泊スペース ・室内長185~194cm 余裕で寝られるという評判通り、180cmを越える大柄の方でも足を伸ばせます。 前席をスライドさせれば最大194cmまで伸ばすことができます。その際は、前席とリアシートの間の隙間を埋める必要があるので、【シートの段差・隙間と解決方法】を参考にしてみてください。 ・横幅101cm これはシングルとセミダブルベッドの間くらいの幅ですね。大人二人が横並びになるには十分だと思います。 荷物を置いておく収納スペースも大きいので、荷物が邪魔となるようなこともありません。スペースをフル活用できます。 ・室内高110cm この高さが、モビリオスパイクのなによりの魅力です。子どもであれば、余裕で立ち上がれます。 大人が起き上がっても十分な広さがあるので、着替えたり、食べたり飲んだりするのも非常にラクです。実際にアウトドアグッズや自転車を積み込んだりするユーザーもいるそうです。   モビリオスパイクのシートアレンジについて モビリオスパイクはリアシートを倒すと、後部座席から荷室にかけてフルフラットな空間ができあがります。 リアシートは倒した際に深く沈み込むようになっており、そのぶん空間の高さが生まれるようになっています。 ただし、フルフラットといっても完全な水平状態ではない点に注意が必要です。 実際にリアシート側に頭をおいて寝てみると、わずかに頭の方が低く感じました。シートを倒したとき、そして重さが掛かったときにリアシートが沈み込むのが原因です。 また、横から見てみると、床の中央のあたりが少し盛り上がっているのが分かります。この部分が腰に当たるのもあって、頭の方が低く感じました。 もうひとつ気付いたのが、リアスペースとラゲッジフロアの窓ガラスは、すべてプライバシーガラス(黒いガラス)となっています(一部グレードに標準装備)。 前席のシートも視界を遮ってくれるので、前席シートとプライバシーガラスによって囲まれている状態になります。おかげで、外から車内が見えづらくなっており、視線が気になりません。 普通車の場合、車中泊の際にシェードや目張りが必要な車が多いので、これは良いポイントです。   モビリオスパイクで快適に寝るための方法 収納スペースを活用する 他の車種にない利点として、ラゲッジスペースにこれだけのスペースがあり、小物やグッズを収納できます。 ラゲッジルームを2段にする (引用元:モビリオスパイク|いつかは夢のハイエース♪) 先ほどの収納スペースの上部を利用して、こうした棚を取り付けるDIYもあります。 こうすれば、かさばってしまう毛布やマットを折りたたんで保管しておけるので、さらにスペースを有効活用できます。 2段にしておけば、日常的に荷物を積んだままにしておけるので、旅行や車中泊の頻度が多い方は、準備の手間が省けますね。 室内の換気と虫よけのために防虫ネットを用意する 僕も夏の車中泊の経験がありますが、1匹でも蚊のような虫が入ってこようものなら、気になってなかなか眠れません 笑…

車中泊

【アクア 車中泊】燃費良しのHV車 アクアは工夫すれば車内泊に対応できる

——車中泊旅は、心の充電。 誰にも邪魔されず、誰にも(知り合いに)会わず、思う存分に趣味を楽しむ尽くす。もちろん、安上がりに。 工夫次第でそんな満足できる旅を実現できるのが、車中泊ならではの面白さです。 その奥深さに惹かれてアレコレ探していたところ、トヨタのハイブリッドコンパクトカーのAQUA(アクア)でも、意外と車中泊に対応できるということが分かりました。 アクアのここが車中泊向き ハイブリッド車として人気のアクアは、平均燃費が23.01km/Lという燃費の良さを誇ります。 (参考元:アクア/トヨタ|燃費記録|みんカラ – 車・自動車SNS(ブログ・パーツ・燃費・整備)) 燃費の良さに惹かれたアクアのオーナーが、撮影旅行や釣り、キャンプといったアウトドアのためにアクアを車中泊仕様にするケースもあります。 同じトヨタのハイブリッド車のプリウスに比べると、アクアの方が燃費が良いという意見も多いです。そのうえ、アクアの方が低価格でコンパクト、普段の街乗りでも乗り回しがラクという魅力があります。 実際に寝るときの車中泊スペース 燃費の良さとコンパクトというメリットがある分、室内の高さや座席の段差が問題となってきます。 実際のスペースがどんな風になるのか? アクア 1.5S で測ってきました。 ・室内長 〜170cm(前席を含まない) 後席で寝る場合、170cm以上の方は足を曲げないと寝られない広さです。ただし、この場合は前部座席を含んでいません。一人で寝る場合は、助手席をうまく活用すれば170cm以上の方でも寝ることができますが、180cm以上ある方にとっては窮屈に感じるでしょう。 ・横幅 100cm 一人であれば充分、二人であれば密着気味になる広さです。ダブルベッドの横幅が140cmほどなので、すこし狭いといったところです。 ・室内高 〜69cm 同じトヨタのプリウスと比べると狭いようです。座ることができない高さですが、横になって寝るだけなら十分な高さです。圧迫感があるという意見もあるので、一度横になって体感しておいた方がいいでしょう。   アクアを選ぶ際に知っておくべき注意点 電動エアコンの特徴 プリウスの車中泊記事でも紹介していますが、アクアのようなハイブリッド(HV)車は、バッテリーでエアコンが動く電動エアコンを搭載しています。そのため、ガソリン車に比べて室内が静かになります。 さらに以下のような特徴があります。 暖房や冷房を使って電池が消費されると、エンジンが動作を始めて充電。充電が終わると自動的に停止する。 1時間ほどのエアコン稼働であれば、バッテリーに蓄電された電力でまかなえるので、ガソリンの消費は非常に少ない。 強制的に充電したいときは、サイドブレーキを掛けてPレンジに入れた状態でアクセル踏むことで、エンジンが掛かり充電される。 たとえば、夏に車中泊をする際、エアコンを点けたまま一晩過ごしても、ガソリンを2〜3リッターほどしか消費しなかったという話もあります。冬の場合は、電気ではなく冷却水の熱を使って暖房を行うため、消費ガソリン量が大きくなります。 ただし、サービスエリアやパーキングエリアでのアイドリングは禁止されているので、当ブログでは推奨しません。 エンジンの騒音問題 先ほどの電動エアコンは、メリットと同時にデメリットもあります。 それは、エンジンの始動時と停止時に振動が起こるというものです。エアコンの電力を充電するためにエンジンが動いたり止まったりするのですが「エンジン音が大きい」「振動が大きい」という一部のオーナーの意見もあります。 とはいえ、すぐに熟睡できる方や疲れてぐっすり眠っている場合は気にならないでしょう。 車中泊のためのシートアレンジ では、実際に車中泊をするにあたってのシートアレンジを確認していきましょう。 大前提として、アクアは後部座席(リアシート)を倒してもフルフラットにはなりません。リアシートの下にバッテリーがあり、どうしてもラゲッジスペースとの間に段差ができてしまうからです。 また、前部座席(フロントシート)とリアシートの間に隙間ができます。   シートの段差や隙間を解消するための改造方法 パッと見るかぎり、フラットにするのは難しそうですね。 でも、実は必要なアイテムを積んでおくだけでカンタンに車中泊仕様にできるんです。 ラゲッジスペース(荷室)の段差(およそ奥行き68cm、幅100cm、高さ20cm) (引用元:トヨタ アクアで車中泊! – 山ノオト) この段差は、ホームセンターなどで売っているコンテナボックスで埋めることができます。1個あたり1000円前後で買えます。 重ねられるタイプで、高さが20cm手前のボックスが2個あれば、写真のようにすっぽり嵌ります。 コンテナボックスは2個合わせても幅が100cmに足りない場合があるので、幅が50cmほどある収納ケースを使っても構いません。ケースは高さが合う浅型のものを選びましょう。…

車中泊

【フィット 車中泊】プチ車中泊にバッチリ対応。車内泊のシートアレンジや必要な対策まとめ

どうも、車中泊を研究しているミヤザキです。 コンパクトカーであるフィット(Fit)は、車中泊を想定しているようには見えません。 しかし、さすがホンダ車。実際は「1人なら足を伸ばして余裕で寝られるクルマ」でした。 この記事では、 「実際に寝るときの車内スペース」 「フィットの車中泊向きなポイント」 「車中泊をするときの注意点」 をまとめました。 これから車中泊したい方、コンパクトカーへの買い替えを考えている方のお役に立てば幸いです。 実際に寝るときの車中泊スペース ・奥行き:146〜180cm (前席との隙間を埋めれば170cm。前席シートの端までなら220cm) ・横幅:130cm ・高さ:100cm 室内の高さは、背が高いタントと同じぐらいあり、小さな子どもを着替えさせたり、大人が座って背を伸ばせます。 ※以下、クリックで詳細が読めます。 [su_accordion] [su_spoiler title=”【参考例】写真で見るシートアレンジ” style=”fancy”] フィットは、リアシートを倒すと座面が床へと沈んでいく仕組みになっており、傾斜とデコボコが少ないフラットな状態になります。 一人で寝る場合:ロングモード 助手席をリクライニングして後席シートとつなげれば、220cmほどのロングスペースが作れます。 シートのつなぎ目に段差があるため完全にフラットな状態にはできませんが、段差を埋めたり板を通せば、ほぼフラットなベッドメイキングができます。 一人で使う場合、余った片側のスペースに荷物を置けるのもいいですね。 二人で寝る場合:ユーティリティモード ユーティリティモードの奥行きは146cm 、前席をスライドさせると170cm手前ほどになります。 板を敷いたりマットレスを敷き詰めたりする場合は、このユーティリティモードが最適です。   二人で休憩する場合:リフレッシュモード リフレッシュモードは、運転席も合わせて倒したアレンジです。シートの上は160cmほどのスペースになります。 完全なフラットにはなりませんが、シートを動かす手間は掛かりません。座席の高低差やくぼみを埋めれば、なんとか寝られるアレンジです。 一番後ろのラゲッジフロアが使えませんが、荷物を置くことはできます。 引用元:http://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/interior/ [/su_spoiler] [su_spoiler title=”フィットで快適に寝るための方法” style=”fancy”] 助手席とリアシートの間の隙間を埋める この隙間は、高さ53cm、横幅30cm、長さ13〜20cmほどです。長さは、助手席をスライドさせると調整できます。 前席とリアシートの隙間の上に板を渡す 引用元:http://take2tech.blog.fc2.com/blog-entry-99.html コンパネの板を渡すことで、隙間を塞ぎつつフラットな空間が作れます。 コンパネの大きさは長さ146cm。横幅は、1人なら横幅90cm、2人なら120cmあれば良いでしょう。 このうえに銀マットやマットレスを敷けば、断熱性に優れたフラットなベッドができます。 [/su_spoiler] [/su_accordion] 必要な車中泊グッズはこちら 【2018年版 車中泊グッズ】19日間クルマに住んだので、初めての車内泊に必要なアイテムをまとめてみた フィットの車中泊向きなポイント 燃費の良さ フィットハイブリッドの燃費は、口コミで19.08km/L、カタログの燃費は30km/Lとなっています。 燃費が良ければ、ガソリンスタンドが少ないところへ遠出したときに給油の心配が少なくなります。 車中泊に適した後継モデル…

車中泊

【写真付き】プリウスα PHVは車中泊できる! シートアレンジ・車内泊の注意点まとめ

どうも、車中泊を研究しているミヤザキです。 セダン型のハイブリッド車として有名なプリウスは、車中泊を想定して作られているようには見えません。 しかし、実際は「燃費の良さを活かして遠出できるし、2人でも車内で寝られるクルマ」でした。 この記事では、 「実際に寝るときのスペースと注意点」 「プリウスが車中泊に適しているポイント」 「必要なマットレス・グッズ」 をまとめました。 これから車中泊する方、そしてプリウスへの買い替えを考えている方の参考になれば幸いです。 実際に寝るときの車内スペース(プリウス30系 五人乗り) 2011年式グレード1.8Lで実際に使える広さは、このようになっています。 ・奥行き:170〜200cm(前席シート含む) ・横幅:100〜130cm ・高さ:75cm プリウスαの場合、全体的にひとまわり大きなボディになっていますが、室内の横幅が少し広くなっただけで大きな違いはありません。 ※以下、クリックで詳しい説明が開きます。 [su_accordion] [su_spoiler title=”【参考例】快適な車中泊のための改造・シートアレンジ” style=”fancy”] リアシートを倒すと、荷室の床に対して若干斜めになりますが、リアの方はフラットに近い状態となります。 倒したリアシートは少し浮き気味になっていますが、プリウスの場合は体重が掛かればかなり水平に近い状態まで沈みこみます。 ①リアシートからラゲッジフロアまでの傾斜 リアシートを倒しても、完全にフラットになりません。重さが掛かれば少し沈みますが、わずかな傾斜が残ります。 ②運転席と二列目のすきま リアシートを最大までスライドさせても前席との隙間ができます。前席をさらに前に動かせば、さらに隙間ができます。 [/su_spoiler] [su_spoiler title=”シートの隙間と傾斜を解決する方法” style=”fancy”] ①リアシートからラゲッジフロアまでの傾斜を解決する 傾斜を少しでも無くしたいときは、リア側が高くなるように場所を選んで駐車するか、写真のように後輪を高い場所で停めましょう。木の板などを後輪の下に挟んで乗り上げてください。 引用元:https://www.youtube.com/watch?v=95tN0K_oJzs ②運転席と二列目のすきまを埋める 隙間に詰め物をすれば、そのうえに板を敷き詰められます。ただ、プリウスにある隙間はクーラーボックスなどでは埋めづらいほど高さがあるので、シートの上に板を敷く方が手っ取り早いです。 引用元:https://www.youtube.com/watch?v=pZi4yr5NHEw こうしたベニヤ板やコンパネといった敷板を使う方法は、プリウスでもポピュラーなベッドメイキングのようです。 この方法であれば、床が平面になって寝やすくなるうえ、車内の断熱にも効果があります。ここでは、一人用と二人用それぞれで敷板の活用法を紹介しておきます。 ・1人用(リアシートの片側+ラゲッジルームの活用) 1.体重が掛かるのを考慮して、厚さ2cm以上、幅90cm、長さ60cmのコンパネ(あるいはコンパネ)を用意する。 2.コンパネをラゲッジフロアに敷く。 3.リアシート片側をフラットにする。シート裏面にダンボールや毛布などを敷き、先ほどのコンパネと高さを合わせればスペース完成。 ・2人用(リアシート全体+前席とリアシートの隙間+ラゲッジルームの活用) 1.幅90cm、長さ60cmのコンパネ(あるいはコンパネ)を用意する。この際、四隅の内の二箇所に穴を開けてひもを通しておく。 2.運転席や助手席をできるかぎり前まで詰めておく(20cmほど)。 3.先ほどのひもを運転席と助手席のヘッドレストに掛けるようにしてぶら下げ、運転席とリアシートの間にある隙間を埋める(一人の場合は、片側分の幅45cm、長さ60cmでOK)。 4.3のコンパネのうえに頭を乗せるようにすれば、180〜190cmほどの足が伸ばせるスペースができあがる。 スペースができたら、敷きパッドやマットレスを敷いたりして快適に寝られるベッドを作っていきましょう。 [/su_spoiler] 必要な車中泊グッズはこちら 【2018年版 車中泊グッズ】19日間クルマに住んだので、初めての車内泊に必要なアイテムをまとめてみた [/su_accordion] プリウスが車中泊に適しているポイント AC100V/1500Wの電源オプションで家電が使える…