TAG ヴィッツ

車種ごとの買取相場

【最新】ヴィッツの3年・5年・7年落ちの下取り価格と買取相場一覧+高く売る方法

現行で3代目の人気トヨタのヴィッツ。2017年にハイブリッドが追加され、女性にも人気のコンパクトカーです。 アクアが登場してしばらく経ったことで買取や下取り相場も安定していますが、2019年のフルモデルチェンジが噂されています。 数年以内に中古相場が変化する怖れがある今、少しでも高く売るために3年・5年・7年落ちの査定相場は抑えておきたいところです。 この記事では、下取りや買取査定の相場を実際の事例や予測データを元にまとめました。車の売却査定の参考にしてみてください。 今すぐ愛車のリアルタイムの査定額を知りたい方はこちら↓ 情報入力は最短”45秒”です ヴィッツの基本価格と買取相場【2018年時点】  新車価格 118.2~400万円 平均買取金額 51.1万円 最高買取金額 189.2万円 最低買取金額 3.1万円 ヴィッツの買取相場の平均は51.1万円です【2018年 日本自動車購入協会監修Carviewより】。 中古車価格では、ガソリン車は100万円以下、ハイブリッドは120~150万円円ほどの車両が中心となっています。 今後はハイブリッドの展示車やリース落ちの中古車が増えていくので、選択肢が増えることでガソリン車の価格が下降気味になると予測されます。 【無料】ヴィッツを一括査定してみる 現行ヴィッツを購入した場合 2017年式 1.3 F CVT 新車価格 148.2万円 3年後(3年落ち) 3万キロ  74.1万円(50%) 5万キロ 68.6万円(46%) たとえば、これから新車、あるいは乗り換えでヴィッツを購入した場合の3年後の売却額を予測しました。 コンパクトカーの中では、まずまずの数値といったところです。 中古車市場の価格帯を考えても、状態が悪くなければ、この数字と大きく乖離することはないと思われます。 中古車市場での人気や需要 ヴィッツは人気車なので年中需要が安定していますが、特に1〜3月と9〜10月の進学や就職、転勤や転職が多い時期に買取査定額が上がりやすくなっています。。 コンパクトカーの代名詞としてファーストカーに選ばれることも多いです。この春先から秋口の時期はニーズが多くなります。 年度末の決算時期と重なる3月はもっとも良い売却時期なので、タイミングが合う方は査定してみるといいでしょう。 ヴィッツを高く売るためのポイント 査定額が高くなる特徴 高く売れるグレードはスポーツグレードの「RS」です。現行型では唯一MTがあるグレードなので、海外でも需要があります。 他より抜きん出た査定額が付く可能性が高いので、お持ちの方は強気で買取店に査定をお願いすべきです。 女性からの人気が高いので、女性向けのグレード「ジュエラ」やホワイト・シルバー・ブラックといったカラーは査定額が高くなります。 さらに内装が綺麗であれば、このうえないプラス評価になるので、できるかぎり綺麗にしておきましょう。 査定額が低くなる特徴 街乗り中心で女性からの人気が高いので、内装や外観に目立った問題があると査定額に大きく影響します。 他のコンパクトカーと同じく、外装や足回りのカスタマイズも好まれません。メーカー純正パーツがある場合は、忘れずに買取店に伝えましょう。 需要があるナビや室内オプションはプラス材料になるので、こちらはどんどんアピールしましょう。 ディーラーの下取り相場の残価率(リセールバリュー) メーカーの下取り価格シュミレーションを使って、現在の下取り価格を算出しました。 3年落ち(2015年式 1.3F NSP130) 新車価格 134.2万円 60万円(44%) 5年落ち(2013年式 1.3F…