TAG ワゴン車

車中泊

【ワゴンR 車中泊】フルフラットにできる? ワゴンRの車内泊シートアレンジ・グッズ・注意点まとめ

突然ですが、ワゴンRって軽自動車の中でも小さめのクルマというイメージがありませんか? 実は、ワゴンRの車名の由来は「セダンもあるけど、ワゴンもある」→「ワゴンあーる」なんです。 ワゴン車とはタント・スペーシア・N-BOXのこと。そうしたクルマと似ているワゴンRは、工夫をすれば、同じように車中泊ができる広さがあります。 では、どんな風にすれば寝られるのか? ワゴンRで車中泊するメリットは? そんな不安を解決して、初めての車中泊を快適にできる情報をまとめてみました。 ワゴンのRが車中泊向いている点 車中泊向けのポイント3つ ①S-エネチャージにより、減速時に発電&充電してエンジンをサポート ②他の人気車とくらべて、新古ともに車両価格が安く設定されている ③実燃費で20km/L超えという燃費の良さ(参考元:ワゴンR/スズキ|燃費記録 – みんカラ) ワゴンRは、車中泊を想定されて設計された車種に比べると収納スペースや完璧なフルフラットという点で劣りますが、ちゃんと寝られるだけのスペースがあり、車中泊なんてムリ!というクルマではありません。 特に1人で車中泊をする場合、助手席前倒しで寝られる+燃費が良い+そもそも車両価格が安いので、とてもバランスが取れています。 180cmほどある大柄の方でも、1人で車中泊をしているという口コミもあります。浮いたガソリン代で、その土地ならではの名産品を食べたり日帰りで温泉に行ったり——自由度の高い旅を叶えてくれるのが、ワゴンRの魅力です。 ワゴンRの車中泊に適したグレード 軽自動車のスペーシアやハスラーと同じく、一番安いグレードであるFAには装備されていない機能があります。※2017年6月時点、5代目ワゴンRの場合です。 チルトステアリング機能……運転席のステアリングの高さを変えられる 運転席のシートリフター この2つの機能はグレードFXやFZには装備されています。この装備がない場合、運転席側で寝るときに頭や足に触れたりするので、少々窮屈に感じるところがあります。 といっても、この装備があるかどうかで快適性に大きな差があるわけではありません。あくまでグレード選びの参考程度に考えてください。 実際に寝るときの車中泊スペース 実際に車中泊をする際のスペースと活用方法を見ていきましょう。 奥行き:195~217cm……180cm前後の長身の男性でも足を伸ばせる。 横幅:50~110cm……大人2人で横並びで寝られる。大人と子どもなら十分な横幅。 高さ:90cm……成人男性でもギリギリ背を伸ばして座れる。子どもなら立って着替えられる。 写真にあるように、ワゴンRの場合はシートアレンジによって奥行きに差が出ます。 助手席シートは前倒しできますが、運転席はリクライニングしかできません。これが「ワゴンRの車中泊は1人向け」という意見が多い理由です。 ワゴンRのシート間のデコボコは工夫次第で解消できるレベルなので、シートアレンジを理解しておけば、2人分のスペースが作れます。 シートアレンジについて ①公式フルフラット 前席リクライニング+後部座席リクライニング (引用元:ワゴンRスティングレー 収納スペース | スズキ) このシートアレンジの特徴 ・前席のグローブボックスまでの奥行き175cmのスペース。長身でも寝られる。 ・後部座席をリクライニングすれば、背もたれを作れるのでくつろげる。 ・荷室が荷物を積んであるときでも使える。連泊で荷物が多いときに向いている。 助手席側だけでなく運転席側もリクライニングすれば、2人でも寝られます。クルマの後方側が若干高くなるので、自然と後ろへ頭を向けて寝ることになるでしょう。 デメリットとしては、175cmオーバーの高身長の方では足を伸ばして横になれません。また、本来は座る目的のシートの上なので、多少のデコボコがあり、身体のあちこちに体重が掛かります。人によっては寝苦しいと感じるでしょう。 板を敷くなど、段差や高低差を改善すれば、きちんと眠れて背もたれも使える快適なアレンジとなります。 ②前倒しフルフラット 前席前倒し+後部座席前倒し+荷室 このシートアレンジの特徴 ・前倒しにした前席までの奥行き195cmのスペース。長身でも足を伸ばして横になれる。 ・アレンジの中で最もデコボコが高低差が少なく、フルフラットに近い。 ・隙間をうまく活用すれば荷物を収納しておくことができる=シートの上が広く使える。 こちらは1人向けとなります。助手席シートは前倒しできますが、運転席は前倒しが難しいからです。 デメリットとしては、前方に向かって若干の傾斜があったり、一度セッティングすると戻しづらかったりします。 さらに悩ましいことに前席と後部座席の間にある隙間があるのですが、うまく使えば荷物の収納スペースとして活用できます。 ③非公式フルフラット 前席リクライニング+後部座席前倒し+荷室 (引用元:もっといいことん。 | ワゴンR…

車中泊

【スペーシア 車中泊】これで安心! 軽ワゴン車スペーシアの車内泊シートアレンジ・グッズ・注意点まとめ

どうも、これで車中泊調査も9台目。たくさんの情報がまとまってきました。 今回紹介するスズキのスペーシアは、主に女性やファミリー層から人気がある軽自動車です。他メーカーのワゴン車と見分けが付きづらい車種なので、それぞれの違いも含めてしっかり調べてみました。 車中泊について掘り下げていくまえに、サラッと他の車との違いをまとめておきます。 スペーシアと他のワゴン車をざっくり比べると スペーシアはタントやN-BOXというライバル車と比べて、車両が約100kg軽い。 家族で乗っても、十分な燃費の良さと走行性が維持できる 口コミでの平均燃費は、他の軽自動車と比べると良い方。 スペーシアの車中泊に向いている点 プリウスなどのハイブリッド車と比べて車両価格が安く、天井が高くて開放感があり、2人で寝られるスペースもちゃんとあります。なんと、ぜんぶで4種類のシートアレンジができます。 ユーザーの中には、夫婦二人で気ままにローコストな車中泊旅をしている方もいます。税金が安い軽自動車でローコスト旅行ができるなんて、良い時代になったものですね。 他にこういった車中泊向きのポイントがあります。 ワンプッシュの両側電動スライドドア → 荷物の運び込みや車中泊での出入りがラク 荷室開口部は、積み降ろしにやさしい低床設計 → マットやベッドがセッティングしやすい リアドアのロールサンシェード → 日よけになり、目隠しになるオプション装備がある (引用元:スペーシア 快適装備 | スズキ) スペーシアの燃費は? カタログ燃費は32.00km/L、実際のユーザーの口コミでは平均燃費18.85km/Lとなっています。 グレードによって違いが出ますが、全体の平均値として20.00km/L前後といったところです。 (参照元:スペーシア/スズキ|燃費記録 – みんカラ) 車中泊に適したグレード 最も安いグレードのスペーシアGとカスタムGSのグレードの場合、運転席シートリフター(運転席座面を上げ下げ調整出来る機能)がありません。これは、完全なフルフラットに近いシートアレンジのために、できればあった方が良い機能です。 また、日よけや目隠しになる後部座席のロールサンシェードも付いていません。 なので、車中泊に適したグレードは、スペーシアX・T、カスタムであればXSになります。 実際に寝るときの車中泊スペース ・奥行き:152~198cm ・横幅:90~113cm ・高さ:110~115cm ちなみにスペーシアの車両の高さは173.5cm。ライバルと言われるダイハツのタントは175cm、ホンダのN-BOXは177cmです。ほとんど気にならない程度のわずかな差ですね。 4種類のシートアレンジについて スペーシアの荷室=ラゲッジスペースは、後部座席をスライドさせることで最大17cmの調整ができます。このシートスライドは左右別々に独立して動くようになっています。 ①【1人用】助手席と後部座席の前倒し+荷室 198cm×57cmの縦長スペース 助手席を前に倒し、後部座席とラゲッジスペースをつなげるアレンジです。 スペーシアでは、写真のように助手席の座面を前に倒してフルフラットにできます。タントやN-BOXでは不可能です。 このシートアレンジのメリット 他のアレンジと比べて段差が小さく、毛布やタオルで埋めやすい。 奥行きのある空間ができるので、1人用のマットが設置しやすい。 デメリットとしては、若干の傾斜があること。そして、助手席の裏面が柔らかいことです。横幅は57cmほどになるので、寝返りが打ちづらいかもしれません。 シートの動かし方 助手席の座面を持ち上げる ヘッドレストを外す 助手席背もたれを倒す 後部座席の背もたれを倒す 背もたれの裏にあるストラップを引いて、前方に倒して収納する ②【1人用】後部座席の前倒し+荷室 一番ラクに作れるフラットスペース…

タント 車中泊車中泊

【タント 車中泊】いざという時に備えよう! タントの車内泊方法・グッズ・注意点のまとめ

どうも、車中泊を研究しているミヤザキです。 軽自動車ランキングで上位のタント(Tanto)は、ファミリカーなので車中泊に向いているようには見えません。 しかし、その車内の広さを活かして「大人+子どもなら寝られるクルマ」でした。 この記事では、 「実際に寝るときの車内スペース」 「車中泊のときのシートアレンジ」 「快適に寝るための方法」 をまとめました。 いざというときの車中泊、ファミリーカーへの買い替えを考えている方のお役に立てば幸いです。 タントで実際に寝るときの車中泊スペース ・奥行き:140〜190cm(前席を倒した場合) ・横幅:120cm ・高さ:約100cm ・斜め:約170cm 【参考例】写真で見るタントのシートアレンジ リアシートにわずかな傾斜がありますが、シートに体重が掛かればフラットに近い状態になります。 1人用:リアスペースで斜めに寝る このアレンジは、身長170cm未満の人なら斜めに足を伸ばしてなんとか寝られます。 前後のシートのデコボコが少なく、造りもしっかりしています。マットレスを敷いて寝転がってみても、あまりゴツゴツとした感じはありませんでした。 1〜2人用:助手席を倒して後部座席とくっつける 引用元:http://trip-syacyu.com/step/post-265/ このアレンジでは、助手席との間に15〜17cmほどの段差ができます。これを足枕にすれば180cmのスペースができます。 大人が助手席側、160cm未満の子どもが運転席側といった使い方であれば、2人でも寝られます。 シートの段差を解消する方法 引用元:http://tommys.naturum.ne.jp/e2147369.html この助手席の15〜17cmほどの段差は、足枕して寝るのが最善です。 リアシートの方に厚みがあるエアマットを敷いて高低差を小さくしましょう。マットの長い分は、折りたためば問題ありません。 FIELDOOR 車中泊エアマット 奥行き195cm x 幅 60cm x 厚み10cm オレンジ posted with カエレバ コンポジット Amazon    ※以下、クリックで詳しく読めます [su_accordion] [su_spoiler title=”タントで快適に寝るための方法 ” style=”fancy”] 窓の目隠し・遮光の対策 目隠しや遮光に便利なのはサンシェードです。広いフロントガラスにはサンシェードを利用しましょう。 cretom ( クレトム ) サンシェード…