TAG レガシィ

車中泊

【レガシィ 車中泊】寒冷地での車内泊でも安心! 快適に寝る方法や注意点をまとめてみた

「時間を気にせず遠出したいから、ホテルではなく車中泊にしよう」 この記事を読んでいるあなたも、旅行やアウトドアの趣味を楽しむために車中泊を選んだのではないでしょうか? 車中泊に適したクルマのなかでも雪が降る寒い地域の方にオススメの車種が、今回紹介するスバルのレガシィです。 この記事では、冬場での車中泊に備えるためにカンタンに実践できる&効果が高い対策をまとめてみました。この対策を取り入れて、思いっきりアウトドアを楽しんでみてください。 レガシィは「走る・積み込む・泊まる」の三拍子が揃っている 低重心で操縦安定性が高いレガシィは、「運転が楽しい」という口コミもあるほど、長距離や山道での走行に定評があります。 スバルの4WDへの蓄積された技術により、スタックという車輪の空回りや横滑りを防ぐ工夫が施されています。 また、特有の水平対向エンジンは低重心で振動が少ないため、雪道でも安定した走行ができるのが魅力です。スバル車の雪道での走破性は、海外でも高く評価されています。 車中泊については、リアシートを倒せば、2人でも寝られるほどのスペースができます。夫婦での車中泊旅行のレビューもあり、走る・積み込む・泊まるというニーズを十分に叶えられる車種です。   二人でも寝られる車中泊スペースがある 実際にスペースと活用方法を見ていきましょう(5代目レガシィツーリングワゴンの場合)。 ・室内長 181~192cm リアシートを前にスライドさせれば、奥行きは最大で192cmになります。十分に足を伸ばせる長さです。その場合、前席とリアシートの隙間を埋める必要があります。 >>>【レガシィのシートの傾斜・隙間と解消方法】 ・横幅 110~137cm 最大幅は137cm。ワンタッチで荷室がフラットになるので便利です。一人であれば寝返りを打つ余裕もあります。二人であれば密着気味になりますが、体験談を見ても十分に寝られる広さでしょう。 ・室内高 70~90cm セダン車なので、やや天井の圧迫感があります。背を伸ばして座るにはギリギリの高さといったところです。着替えるときには窮屈に感じるかもしれません。 レガシィのラゲッジスペースは、リアシートを倒せば、かなりフラットに近い空間が生まれます。隅々まで使える広々とした空間は、ゴルフバッグや大型スーツケースを4つも収納できます。 車中泊最強車と言われるモビリオスパイクやフリードスパイクに比べて室内の高さは少々見劣りしますが、山道や雪道を走る方であれば、レガシィの運転性能は頼もしい限りです。 ラゲッジスペースには、こうしたサブトランクが付いています。トランク脇にはちょっとしたスペースもあります。   車中泊のクルマにレガシィを選ぶ際の注意点 雪が積もっている場所では絶対にエンジンを切る 車の周囲が雪で塞がれていると、マフラーからの排気ガスが車の下に充満し、車内に侵入してきます。車中泊の際、こうした事故により一酸化炭素中毒で亡くなるケースは少なくありません。 もちろん、雪が降っている場所だけではありません。そもそも、日本の多くの市町村では、停車時の長時間のアイドリングストップは禁止されています。 やむをえず長時間停車する際は、車の後ろ、マフラーの近くに壁等がないか、よく確認するようにしましょう。 シリコンスプレーでドアがいつでも開くようにする レガシィのユーザーの中には、スキーや釣りのため、気温が氷点下になる寒い場所に行かれる方もいるでしょう。 長時間停車していると、ドアの部分にある水分が凍結することで、ドアが開かなくなるケースがあります。 備えあれば憂いなし。非常時に外に出られない危険もあるので、予防としてドアのゴム部分にシリコンスプレーを吹きかけておきましょう。これで凍結による接着を防ぐことができます。 KURE(呉工業) シリコンスプレー (420ml) 潤滑・離系剤 [ 品番 ] 1046 [HTRC2.1] posted with カエレバ KURE(呉工業) Amazon レガシィで快適に寝るための方法 ガラス窓の結露&凍結を防止する 冬場に車中泊をする際に多いのが、窓の結露や凍結です。あまりの寒さで、ガラスの内側が凍ったり「髪の毛が凍った!」という体験談もあります。 こうした結露を防ぐためのコツとして、寝るときに前席のウインドウをほんの少し開けておくという方法があります。 わずかに窓を開けても、毛布などにくるまっていれば体感的にはあまり変わらないので、結露&凍結を防止するために窓を開けるというわけです。 窓に目張りを行い、冷え込みを防ぐ&プライバシーを守る…