TAG ミニバン

車種ごとの買取相場

【最新】ステップワゴンの3年・5年・7年・10年落ちの買取相場一覧 + 高く売るためのポイント

今すぐ愛車のリアルタイムの査定額を知りたい方はこちら↓ 情報入力は最短”45秒”です ファミリーミニバンの代名詞であるホンダのステップワゴンは、2015年に現行(5代目)にフルモデルチェンジ。 2016年にライバル車種である日産セレナのフルモデルチェンジ、2017年に現行のマイナーチェンジがあり、旧モデルの買取相場が下落しています。 この記事では、10年落ちまでの下取り価格・買取相場を一覧にまとめました。買取相場を理解して、損をしないように売却を進めましょう。 ステップワゴンの基本価格と買取相場【2018年時点】  新車価格  245.6~307.8万円 平均買取金額 41.4万円 最高買取金額 212.0 万円 最低買取金額 3.0万円 売却までの平均年数は12年、平均走行距離は10万キロとなっており、他のミニバンと比べても長年乗ったり、乗りつぶす方が多いようです。 2009年〜2015年に生産された4代目が中古市場に多く、ヴォクシーとよく比較検討されて需要があるミニバンとなっています。 走行距離5万キロ以内の低走行車であれば、150万円以内の中古車価格で取引されています。限度額いっぱいまで交渉すれば高値査定が見込めるでしょう。 現在のところ、残価率が良く、できるかぎり高値で乗り換えられるタイミングは7年目(3回目の車検)、走行距離6〜7万キロです。 【無料】ステップワゴンを一括査定してみる 現行のハイブリッド車を購入した場合  2018年式(RP1 1.5G 2WD) 新車価格 235.2万円 2年後 走行距離3万キロ 158.2万円 (67.2%) 走行距離5万キロ 150.2万円 (63.8%) 2015年以降の新モデルは、バックドアの使い勝手の良さから、最新モデルの「わくわくゲート」が大人気となっています。 この他の車種にはない利点によって中古車市場でも人気が集まり、将来的には値下がりしづらくなる可能性があります。 リセールバリューはガソリン車として良い数字となっており、走行距離10万キロまでなら値下がりも少ない状態です。 中古車市場での人気や需要 中古車市場ではガソリン車が中心となっているので、新型のハイブリッドモデルが増えてくれば相場価格にも影響してくるでしょう。 燃費面でハイブリッドと比較される他の同クラスの車種と比べて平均価格が高めの設定となっており、現在であれば売却時の査定額に伸びシロがあると考えられます。 ステップワゴンを高く売るためのポイント 査定額が高くなる特徴 ドレスアップモデルであるスパーダは、ステップワゴン全体の中でも高い割合を占めている人気グレードであり、査定額アップが見込めます。 汚れやキズが目立ちにくいブラック・パープルといった暗めの色の方が中古車ニーズが高いため、プラス材料となります。 査定額が低くなる特徴 ファミリーカーとしての利用シーンが多いため、外装・室内ともに汚れが目立たないことは大切です。 指摘されそうなシートの汚れやキズがないかどうか、査定前に確認しておきましょう。マイナス材料を口実に査定額を下げられないように注意が必要です。 ディーラーの下取り相場の残価率(リセールバリュー) メーカーの下取り価格シュミレーションを使って、現在の下取り価格を算出しました。 3年落ち (2015/H27年式 RP1 1.5 G CVT) 新車価格 229.6万円 166万円…

車種ごとの買取相場

【最新】アルファードの3年・5年・7年・10年落ちの下取り価格・買取相場一覧 + 高く売るためのポイント

2015年に3代目(30系)にフルモデルチェンジ、2017年にマイナーチェンジが行われたばかりのトヨタの最高級ミニバン。 上位モデルはフルモデルチェンジまでの周期が長期化しており、次の新型は2021~22年頃になると予想されています。 リセールバリューが非常に良いとされるアルファードですが、型落ちや走行距離によってどれだけ値下がりするのでしょうか? この記事では、売却する前に知っておいておきたい10年落ちまでのディーラー下取り価格・買取相場を一覧で公開しています。 今すぐ愛車のリアルタイムの査定額を知りたい方はこちら↓ 情報入力は最短”45秒”です アルファードの基本価格と買取相場【2018年時点】  新車価格 335.4~550.1万円※ 平均買取金額 163.9万円 最高買取金額  482.2万円 最低買取金額  82.5万円 ※エグゼクティブラウンジグレードを除く 売却までの平均年数は9年、平均走行距離は8万キロとなっています。 買取事例を見ると、全体的にファミリーカーとして長年乗って走行距離10万キロ手前で売却するユーザーが多いようです。 アルファードの場合は、高いリセールバリューのおかげで「この金額なら今手放した方がいい」と思う時期が釣り合っていると見られます。 その一方、新型の販売開始と共に乗り換えるコアなファンも一定数いるそうです。こうしてモデルチェンジ後には中古車が増え、買取相場の値崩れが起きる流れとなっています。 現在は、2017年にマイナーチェンジを終えたばかりで、買取相場の値下がりは落ち着いています。 2〜3年のうちに新型の登場が予想されるので、車検のタイミングを踏まえて売却時期を探っておくと良いでしょう。 【無料】アルファードを一括査定してみる 現行のハイブリッドを購入した場合  2018年式 AYH30W (ハイブリッド 2.5 X 4WD CVT 8人乗り) 新車価格 404.0万円  2年後  走行距離3万キロ 346.8万円 (85.8%)  走行距離5万キロ 327.6万円 (81.0%) 最近ハイブリッドモデルの需要が伸びているのもあってか、リセールバリューもガソリン車より高くなっています。 今後2〜3年後(初回車検時)の残価率は、走行距離5万キロまでなら70%台後半ほど。 300万円ほどで売却できると考えると、新型が出たら乗り継ぐ人がいるのも納得できます。 中古車市場での人気や需要 アルファードには排気量2.4Lと3.5Lのタイプがありますが、2.4Lモデルの方が査定額が高くなりやすいようです。 ミニバンの中では早めに登場(2011年)したハイブリッドモデルは、同年代のハイブリッドミニバンが少ないのもあり、状態が良ければ買取価格に期待が持てます。 アルファードを高く売るためのポイント 査定額が高くなる特徴 査定額を引き上げるプラス材料として利用できるのは、常日頃のメンテナンスを証明するメンテナンスノートです。 ハイブリッドや2.4Lモデルの場合、車重が重い分エンジンに大きな負担が掛かっており、負荷が掛かるほど燃費が悪化していきます。 日頃からオイル交換や消耗品を交換しているかどうかが分かるメンテナンスノートを保管しておけば、高額査定につながりやすくなります。 査定額が低くなる特徴 常日頃からお子さんが利用する機会も多いであろう大型ミニバンは、室内空間が清潔に保たれていると高評価になります。 もし室内にひどい汚れや臭いがついていれば、アルファードのような高級ミニバンを求めるユーザーからは避けられてしまいます。…

車種ごとの買取相場

【最新】セレナの3年・5年・7年落ちの買取相場一覧 + 高く売るためのポイント

今すぐ愛車のリアルタイムの査定額を知りたい方はこちら↓ 情報入力は最短”45秒”です 2016年にフルモデルチェンジされ、2018年にe-POWER搭載モデルが追加された日産セレナは、先代モデルの相場が徐々に下がっています。 この記事では、そんな先代モデルを中心としたディーラー下取り・中古車買取相場の査定額を走行距離や年式ごとに一覧にまとめました。 日産の代表的なミニバンなので中古車市場の台数がとても多く、程度の良し悪しが高値査定のカギとなります。売却に備えて愛車の相場を理解しておきましょう。 セレナの基本価格と買取相場【2018年時点】  新車価格 231.7~243.5万円 平均買取金額 54.4万円 最高買取金額  226.0万円 最低買取金額  14.0万円 平均年数は10年、平均走行距離は8〜9万キロとなっており、長年乗り続けて売却する方が多いのが分かります。 2010年以前の9年落ち以上で走行距離が多い車両はゼロ査定に近くなります。 7年落ち・3回目の車検までの先代セレナのユーザーさんは、買い替え費用の足しにするなら、そろそろ売却のタイミングです。 【無料】セレナを一括査定してみる 現行「e-Power」モデルを購入した場合  2018年式 1.2 e-POWER X AT 7人乗り 新車価格 296.9万円 2年後  走行距離3万キロ 141.8万円 (47.7%)  走行距離5万キロ 131.7万円 (44.3%) 現行のEV車「e-Power」を購入した場合のリセールバリューは50%を切っており、あまり良い数字とは感じられません。 現行のハイブリッド車と比べて平均5km/Lほどの燃費向上が見られますが、ガソリン車と比べても新車価格を埋めるほどではありません。 ただし、3年後以降の値下がりが穏やかになったり、今後の中古車需要が変化する可能性もあります。 中古車市場での人気や需要 現在、自動運転のプロパイロット機能を搭載した現行モデルの流通が増加しており、緩やかに相場が下がっています。 ファミリー層を中心に人気があり、ハイウェイスターやライダーといった特別仕様車は高値で取引されています。 次のフルモデルチェンジは未定ですが、燃費の良いe-Powerが販売され始めたことで現行の相場は緩やかに下がり続けるでしょう。 セレナを高く売るためのポイント 査定額が高くなる特徴 エアロパーツを装備したハイウェイスターが強い人気があり、高額査定が見込めます。 『サンルーフ』や『本革シート』といった珍しいオプションや女性から需要がある『電動スライドドア』や『パーキングアシスト』の機能があれば、査定額アップが見込めます。 売却交渉のときは、積極的に値上げを交渉してみましょう。 査定額が低くなる特徴 ミニバンとしてファミリー層を中心とした人気があり、男性だけでなく女性が運転するケースもあります。 タバコの臭いやシートの汚れ、運転席やハンドル周りの汚れやキズは査定額を下げる可能性があります。 走りよりも室内の快適さを重要されるミニバンだからこそ、日頃から車内を清潔に保っているかどうかが大事になります。 ディーラーの下取り相場の残価率(リセールバリュー) メーカーの下取り価格シュミレーションを使って、現在の下取り価格を算出しました。 3年落ち (2015/H27年式 NC26 20G)…

車種ごとの買取相場

【最新】ヴォクシーの3年・5年・7年落ちの下取り価格と買取相場一覧 + 高く売るためのポイント

2014年にフルモデルチェンジ。ハイブリッドも追加されたトヨタのヴォクシー。 ライバル車のモデルチェンジもあって、じわじわと買取価格が下がっています。 今回は、大きく売値の変化する5年落ちから買い替えの平均年数の7年落ちまで、下取りと買取査定額の相場をまとめました。 ヴォクシーはミニバン界では人気のド定番。高値で売れないはずがありません。相場を理解して、少しでも家計の足しにしましょう。 今すぐ愛車のリアルタイムの査定額を知りたい方はこちら↓ 最短”45秒”で分かります ヴォクシーの基本価格と買取相場【2018年時点】 新車価格 246.7~325.7万円 平均買取金額 77.0万円 最高買取金額 293.0万円 最低買取金額 40.0万円※ ※10年落ち、過走行を除く ヴォクシーの買取相場の平均は77.0万円です【2018年 日本自動車購入協会監修Carview他 より】。 2014年以前で5年落ちを過ぎると100万を切って平均買取価格に近い売価となってきます。 2014年以降の現行モデルは安全装備が付いており、150万~200万円前後で査定される傾向があります。 5年落ち以内であれば残価率も60%近くなるケースもあり、キレイに使った分、次の買い替えの追い金が抑えられます。 【無料】ヴォクシーを一括査定してみる 現行の場合 現行ヴォクシーの3年後の買取相場をメーカーHPでシュミレーションしました。 2017(H29)年式 2.0 V CVT 7人乗り 新車価格 278.6万円 3年後 走行距離3万キロ 172.7万円(61.9%) 走行距離5万キロ 169.9万円(60.9%) 3年後の下取り価格の予想は残価率60%以上で、十分な売価が期待できます。 オプションが付いていたり綺麗に使っていたりといった良い条件があれば、複数の買取店に競わせることで下取り10~20万アップの可能性も。 トヨタの人気定番モデルであり、流通量がまだ増えすぎていない数年以内であれば、まだ相場も高値をキープできそうです。 中古車市場での人気や需要 市場では予算100万以内で売られている低価格帯もありますが、走行距離10万km超がほとんどで避けられがち。 人気が集まる現在の現行型(80系)は、2014年(H26)に登場。 安全装備が充実しており、ゆるやかに下降しつつも高い買取相場を維持しています。 現在は、2016年に日産セレナがフルモデルチェンジしたことで一旦相場が下がりましたが、強い人気に支えられて相場は安定傾向にあるようです。 ヴォクシーを高く売るためのポイント 査定額が高くなる特徴 高額査定されるグレードは、特別仕様の”煌(きらめき)”と押しの強いルックスの”ZX”です。 見た目にこだわりのある子育てパパだけでなく、若い独身男子にも強い人気があります。 ファミリー層を中心に国内で需要が多いので、ナビやバックモニターといったオプション装備は強いプラス材料となります。 査定額が低くなる特徴 次のオーナーが子育て層やファミリーで使う可能性が高いので、室内のキレイさは査定額の上下につながります。 新車がよく売れていたり、リース落ちの中古車が増えているので、清潔でなければ販売店からの査定や入札が減ってしまう原因になります。 外観・室内が清潔。できれば車内禁煙で匂いが付いていない状態であれば、どんどんアピールして査定額を交渉しましょう。 ディーラーの下取り相場の残価率(リセールバリュー) メーカーの下取り価格シュミレーションを使って、現在下取りに出した場合の価格を算出しました。 3年落ち(2015年式…

車種ごとの買取相場

【最新】フリードの3年〜10年落ちの下取り価格と買取相場一覧 + 高く売るためのポイント

2008年に初代が発売。月間販売台数は今でも毎月30位以内に入るホンダのコンパクトミニバン、フリード。 2016年に8年ぶりのフルモデルチェンジ後、初代(旧モデル)のディーラー下取り価格・買取相場はどちらも下落中です。 この記事では、フリードの初代から新型(3〜10年落ち)までの下取り価格・買取相場を一覧にまとめました。走行距離やカラーごとの比較もあるので、参考にしてみてください。 今すぐ愛車のリアルタイムの査定額を知りたい方はこちら↓ 情報入力は最短”45秒”です フリードの基本価格と買取相場【2018年時点】  新車価格  188.0~233.2万円 平均買取金額  78.8万円 最高買取金額 170.5万円 最低買取金額  13.1万円 売却までの平均年数は7年、平均走行距離は7万キロです。 値崩れを怖れたのか、ちょうど2016年に現行モデルが発売されたタイミングで買い替えた事例が多いです。 現行モデルは高値をキープしていますが、初代モデルはどんどん下落中しています。 初代は中古車販売価格で80万円を切る場合もあり、買取金額では50万円を下回ってくるようになっています。 今後現行モデルの中古車が増えたり、次のマイナーチェンジが近づくとさらに値崩れするので、旧モデルは早めの売却がおすすめです。 【無料】フリードを一括査定してみる 現行のガソリン車を購入した場合  2018/H30年式 (GB5 1.5 G CVT 7人乗り) 新車価格 185.3万円 2年後  走行距離3万キロ 119.7万円 (64.5%)  走行距離5万キロ 113.3万円 (61.1%) 現行モデルのリセールバリューは、平均的な乗用車と比較しても良い数字です。 ファミリカーとして買い替えるなら、リセールバリューに優れたクルマと言えます。 中古車市場での人気や需要 フリードは、6人乗りより7人乗りの方が人気があり、台数が多くなっています。 悪路や雪道を走るユーザーから需要がある4WD仕様は、生産台数が少ないため査定額にも期待できます。 趣味や遊びでの使いやすさに優れたフリードスパイクは若いユーザー層にコアな人気があり、こちらはなかなか相場が値崩れしない状況です。 フリードを高く売るためのポイント 査定額が高くなる特徴 1.5Gグレードは、両側パワースライドドアなどの便利な装備が充実しており、高額買取が期待できます。 エアロパーツが装着されたGエアロタイプやGジャストセレクションは、見た目の格好良さから男性ユーザーに注目されやすく、買取店からの評価がプラスとなります。 査定額が低くなる特徴 ファミリーカーとして買い求めているユーザーが多いので、室内の汚れや臭いには注意しましょう。 買い替えまで時間があるのであれば、シートを清掃したり、消臭剤を使って臭いを抑えておくのも良いでしょう。 特に旧モデルのフリードの場合、買取店にとっても室内の清潔さは重要です。マイナス評価されないように気をつけましょう。 ディーラーの下取り相場の残価率(リセールバリュー) メーカーの下取り価格シュミレーションを使って、現在の下取り価格を算出しました。 3年落ち 2015/H27年式 (GB3 1.5…

車中泊

【デリカD5】実際の車中泊はどうなる? シートアレンジやフルフラットのベッド自作・改造まとめ

どうも、車中泊を研究しているミヤザキです。 この記事では、 「デリカD5の車中泊で気になるポイント」 「実際の車中泊はどんな風になるのか」 「他のミニバンやSUVとの違い」 をまとめました。 デリカD5の購入で悩んでいる方がいれば、ぜひ参考にしてみてください。満足できるクルマ選びの手助けになれば幸いです。 デリカD5の車中泊で気になる2つのポイント ①フラットになるシートアレンジは? デリカD5でフラットスペースを作る方法は2つです。 ①2列目シートを収納して3列目シートを格納する 引用元:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/delica_d5/styling/ 奥行き:160cm(倒した2列目シートまで) 横幅:100~120cm 高さ:130cm 奥行きが短いので160cm未満の小柄な人しか寝られません。この方法を選ぶユーザーは少ないようです。 空いたスペースに固めのマットを敷くだけで横になれるので、準備がカンタンなのがメリットです。 床面のデコボコや金具の出っ張りがあるので、厚みのあるマットレスか、固い板を敷きましょう。 ②2列目・3列目シートを後方に倒してつなげる 奥行き:最大190cm(1列目シートの背もたれまで) 横幅:100~120cm 高さ:約100cm デリカユーザーはこちらを選ぶ人が多いですが、先ほどよりシート間のデコボコや傾斜が目立ちます。 そのまま寝るのは厳しいので、公式のベッドキット(5万円ほど)を組むか、ベッドの寝台を自作しなければいけません。 分厚いマットレスを使って寝ている方もいましたが、完全なフルフラットにはならないので、よほど寝付きの良い方でないと寝られません。 ②シートの段差や隙間、傾斜は? 2列目シートを前にスライドさせて収納すると、このように1列目と2列目シートの間に隙間ができます。もったいないデッドスペースですね。 先ほどのように2列目・3列目シートを後方に倒してスペースを有効活用しなければ、せっかくのミニバンの広さが活かせません。 実際に見てみても、フラットとは言い難いシートでした。メーカーもこの状態での車中泊は想定していませんね。 デリカD5での車中泊はカスタムやアレンジ必須 実際に寝泊まりしている方がどんな風にしているかは、こちらが参考になります。 【参考:でっかいデリカで出かけよう!デリカ車中泊仕様のアイデア集】 車中泊マットや快適に寝るための必需品は、こちらでまとめています。 必要な車中泊グッズはこちら 【初めての車中泊グッズ】失敗しないための必需品・おすすめグッズ徹底まとめ 他のミニバンやSUVとは違うカスタム性 車中泊に手間が掛かるものの、デリカD5にはオフロードで活躍できる実用性の高さがあります。 悪路を走り抜けられるようにボディの最低地上高が設計されていたり、急な坂道や峠道でも力強く走れるクリーンディーゼル仕様があったり。 頼もしい走りもあって、内装を変えたキャンピング仕様やルーフテント付きなどのカスタム車が多いのが、他との大きな違いですね。 まとめ:本格的に自然で遊んで寝泊まりするための特別なミニバン シートを倒せばフルフラット……とはなりませんでしたが、アウトドアシーンでの実用を突き詰めたクルマだと感じました。 同じ三菱のアウトランダーPHEVもそうですが、車中泊推しのホンダを除いて、これほど車中泊向けのカスタム・自作に対応できる車種は珍しいです。 長年CMが続いており、人気を維持し続けているので、気になる方は予算に合った中古車を探してみるのも良いですね。 デリカD5 メーカー:三菱 新車見積もり(無料) 未使用車を探す 最安値の中古車を探す 愛車の一括査定(無料)はこちらから よく読まれています 【初めてでも大丈夫】車買取の一括査定の注意点と失敗パターン・サイト選びの必勝法とは?

車中泊

【フリード 車中泊】フリードプラスとの違い・フルフラットやシートアレンジ情報のまとめ

どうも、箱バンで車中泊しているミヤザキです。 最近もっと良いクルマに乗り換えようと思い、ずっと調べています。 この記事では、こんなことをまとめています。 ・フリードと他のクルマの違い ・車中泊向きのグレードやオプション ・車中泊できるスペースはあるのか  結論から言うと、フリードは大人2人で年1〜2回か1人で年数回ほどなら車中泊できるクルマ——と分かりました。 この記事を読めば、ネットで時間を掛けて調べたり、お店で時間をムダにしなくて済みます。今後の失敗しないクルマ選びの参考にしてください。 フリードの3つの特徴 新型フリードは、兄弟車のフリードプラスと共に2016年9月にフルモデルチェンジされたコンパクトミニバンです。 全長はフリードプラスと大きく変わりませんが、3列目のスペースの使い方が違います。 フリードは3列目を使って6人以上が乗ること。フリードプラスはレジャーで多くの荷物を積むことを想定して作られています。 フリードの特徴を3つにまとめると、 ・軽自動車やコンパクトカーからの乗り換えでも運転しやすい ・準備すれば、いざという時に車中泊できる広さと高さがある ・普段は7人まで乗れて、必要なときにスペースを作って荷物を積み込める 以下、詳しく説明していきます。 フルフラットにはならないが、工夫次第で寝られる広さ フリードのグレードには大まかに分けて2つの種類があります。 ①6人乗り仕様(2列目が2人乗りのキャプテンシート) ②7人乗り仕様(2列目が3人乗りのベンチシート) キャプテンシートは席が1席ずつに分かれており、シート間が通路になっています。 ベンチシートは大人3人が座れる大型サイズで、席の間が分かれていません。 それぞれのシートアレンジの特徴をまとめてみました。 6人乗り 7人乗り ①1列目・2列目アレンジ (3列目を収納すれば180cm以上) ◯ ◯ ②2列目・3列目アレンジ (180cm以下 1人向け) ◯ ◯ ③2列目・3列目 収納アレンジ (150cm以下 非推奨) ✕ (2列目が収納できない)  ◯ ①1列目・2列目アレンジモード 引用元:http://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/utility/ ②2列目・3列目アレンジモード 引用元:http://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/utility/ ③2列目・3列目収納ラゲッジモード 引用元:http://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/utility/ フリードの車内は、写真で分かるとおり完全なフルフラットになりません。 湾曲部や段差をクッションやマットで埋めても若干の傾斜が残るので、全体的に窮屈に感じます。寝返りを打つのも難しいでしょう。できればDIYでベッドを設置したいところです。 快適に車中泊したい場合はフリードプラスやフリードスパイクを検討された方がいいでしょう。 3列目を収納してラゲッジスペースを増やせる 引用元:http://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/utility/ フリードのラゲッジスペースは、地面から48cmというちょうど膝の高さにあり、積み込みしやすい高さです。 引用元:http://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/utility/ 普段人が多く乗らないときは、3列目を左右にはね上げればゴルフバッグや小さめの自転車を積み込めます。 ミニバンより運転に慣れやすく、最新の運転サポート機能がある…