TAG マツダ

車種ごとの買取相場

【最新】デミオの3年・5年・7年落ちの下取り価格と買取相場一覧 + 高く売るためのポイント

2014年に現行となる4代目が発表されて以降、高い人気を誇るマツダを代表するコンパクトカーのデミオ。 2017年のマイナーチェンジ以降、買取相場は下げの傾向になっており、現在は売りを急ぎたいタイミングです。 2007~2014年の間に3代目を購入した方は「5年〜7年落ちだから、そろそろ次の車検で買い替えようかな」とお思いでしょう。 高く売るためには、実は走行距離に影響されにくいデミオ特有の買取相場を把握しておくことが不可欠です。 この記事では、ディーラーの下取りから買取店の買取相場まで一覧にまとめました。売値を正しく把握して、いざ売却に挑みましょう。 今すぐ愛車のリアルタイムの査定額を知りたい方はこちら↓ 情報入力は最短”45秒”です デミオの基本価格と買取相場【2018年時点】  新車価格 139.3~226.3万円 平均買取金額 58.3万円 最高買取金額 144.6万円 最低買取金額 3万円 デミオの買取相場の平均は58.3万円です【2018年 日本自動車購入協会監修Carview他 より】。 デミオの平均買取年数は9年落ち、走行距離は7万キロほどです。 コンパクトカーやハイブリッド車と比べて、走行距離による買取価格の下落が小さいようです。 次のフルモデルチェンジは発表されていませんが、人気車種なのでいつ新型の噂が出てもおかしくありません。発表後の買取額の下落に要注意です。 【無料】デミオを一括査定してみる ディーゼル車の買取事例  年式 走行距離 査定額  3年落ち (2015年式 1.5 XD DJ5FS ディーゼルターボ) 新車価格 165.0万円 9〜10万キロ 56.7万円 4年落ち (2014年式1.5 XD DJ5FS ディーゼルターボ) 新車価格 165.0万円 8〜9万キロ  64.2万円 データが少ないデミオのディーゼル(軽油)車の実際に買い取りされた事例です。 査定額の残価率は、走行距離が多ければ多いほど、ガソリン車に近い数字となります。走れば走るほど元が取れますね。 中古車市場での人気や需要 市場で人気なのは2016年10月以降の安全装備が充実した現行の4代目ですが、中古車相場は平均よりも高値です。 100万を超えて予算オーバーになる4代目の次の選択肢として100万を切る3代目DE系がよく売れています。 もっとも市場に多く出回っているのも、この3代目DE系です。数が多い分、相場の値下がりも緩やかな状況です。 デミオを高く売るためのポイント 査定額が高くなる特徴 デミオの買取相場では、ディーゼル仕様のXDグレードが高く評価されています。 先ほどの買取事例のように、走行距離が増えても値下がりが少なく、デミオならではの人気傾向があることが分かります。 また、メーカーオプションの本革シート・純正カーナビ・サンルーフの3点セットが揃っていれば高額査定が見込めます。 査定額が低くなる特徴…

車種ごとの買取相場

【最新】CX-5の3年・5年落ちの下取り価格と買取相場一覧 + 高く売るためのポイント

2012年に初代、2016年にフルモデルチェンジで2代目(現行)となったマツダのミドルサイズSUV CX-5。 2018年3月に大幅なマイナーチェンジがあり、これまで高値傾向だったところが少しずつ下落に転じています。 次のフルモデルチェンジの予想は2022年とかなり先になっており、まだまだ高い金額で手放せる状況です。 この記事では、CX-5の3年落ち・5年落ちの下取り価格と買取相場を一覧で公開しています。売却の相場を知る参考にしてみてください。 今すぐ愛車のリアルタイムの査定額を知りたい方はこちら↓ 情報入力は最短”45秒”です CX-5の基本価格と買取相場【2018年時点】  新車価格  249.5~352.6万円 平均買取金額 153.5万円 最高買取金額 256.9万円 最低買取金額 92.2万円 売却までの平均年数は4年、平均走行距離は5万キロ前後となっています。 2012~2013年に日本カー・オブ・ザ・イヤーを2年連続受賞しただけあって、この年に売れた分の売却事例が多いようです。 現在はマイナーチェンジにより、初代モデル、とくに高値だったディーゼル車の相場はやや下落しています。 【無料】CX-5を一括査定してみる 中古車市場での人気や需要 発売から年数が浅いのでまだ流通が少ない状況です。 なので、中古買取の相場と残価率は高い水準にありますが、相場は下落傾向にあります。 燃費と走りの点で充実したクリーンディーゼルのターボを搭載したXD以上のグレード(プロアクティブ)は特に人気があります。 CX-5を高く売るためのポイント 査定額が高くなる特徴 まだ年式が浅いため、走行距離5万キロ以上が少なく、査定額への影響が未知数です。 なるべく走行距離が少ない状態で売却するのが、現時点での高値売りのポイントです。 査定額が低くなる特徴 「SKYACTIV TECHNOLOGY」が魅力なので、走行距離とエンジン周りが重視されます。 走行距離は少なければ少ないほど良く、さらにオイル交換など定期的にメンテナンスされていれば、印象がとても良くなります。 逆に少しでもトラブルや異音があると査定額に大きく響いてくるので、気をつけましょう。 ディーラーの下取り相場の残価率(リセールバリュー) メーカーの下取り価格シュミレーションを使って、現在の下取り価格を算出しました。 3年落ち 2015/H27年式 (KE5AW 2.5 25S 4WD) 新車価格 241.0万円 159万円 (65.9%) 5年落ち 2013/H25年式 (KEEAW 2.0 20S 4WD) 新車価格 229.5万円  122万円 (53.1%) メーカー下取り価格より買取相場の残価率の方が2〜3%ほど高くなっています。 販売店は「まだ中古車の台数が少ないので売りやすい」ので、高く買い取ってくれやすい傾向にあります。…

車種ごとの買取相場

【最新】CX-3の3年落ちの下取り価格と買取相場一覧 + 高く売るためのポイント

SUVのなかでも扱いの良さから人気があるマツダのCX-5。 2015年の発売以降、毎年マイナーチェンジを繰り返しています。 この記事では、CX-3のディーラー下取り価格と買取相場をグレード毎に分かりやすく一覧で公開しています。 3年・5年と買い替えのタイミングに合わせた買取相場を随時更新していくので、今後売却を考えるときの参考にしてみてください。 今すぐ愛車のリアルタイムの査定額を知りたい方はこちら↓ 情報入力は最短”45秒”です CX-3の基本価格と買取相場【2018年時点】  新車価格 210.6~306.6万円 平均買取金額 189.7万円 最高買取金額 223.0万円 最低買取金額 175.0万円 まだ発売から3年ほどしか経っていないため、売却までの平均年数3年、平均走行距離は3万キロ前後となっています。 ライバル車であるトヨタC-HRやホンダのヴェゼルと比べると流通台数は少ないですが、数が増えすぎていないおかげで相場は横ばいで安定しています。 周期的に、2019~2020年ごろにフルモデルチェンジがあると予想されています。5年落ち前後で大きく値崩れする可能性があります。 【無料】CX-3を一括査定してみる 中古車市場での人気や需要 2017年に2Lのガソリン車が追加されましたが、中古車市場ではクリーンディーゼル仕様が中心となっており、相場の大きな変動は見られません。 マツダのシンボルとも言える赤のボディカラーは強い人気があり、カラーごとの需要の差がはっきりと出ています。 今後は、ディーゼルのSUVとして海外輸出が絡んでくることで相場が落ちづらくなる可能性もあります。 CX-3を高く売るためのポイント 査定額が高くなる特徴 高額査定のポイントは、メーカーナビやバックカメラ、外装のエアロといったメーカー純正オプションの有無です。 ディーゼル専用車という特殊性があり、そもそもCX-3を求めるユーザーにとって他のSUVの選択肢は少ないのが現状です。 そのため、販売店にとってはオプションが充実していれば売りやすくなります。 売却時には、購入時の価格と比べてメーカーオプションがいくらで査定されるのか、損をしないように査定士によく確認しましょう。 ディーラーの下取り相場の残価率(リセールバリュー) メーカーの下取り価格シュミレーションを使って、現在の下取り価格を算出しました。 2015/H27年式 DK5FWの下取り価格 1.5 XD 新車価格 220.0万円 134万円 (60.4%) 1.5 XD ツーリング 新車価格 240.0万円 149万円 (62.0%) 1.5 XD ツーリング Lパッケージ 新車価格 260.0万円 155万円 (59.6%) 2015/H27年式 DK5AW(4WD)下取り価格 1.5 XD 新車価格 240.0万円 156万円…

車中泊

【CX-3 車中泊】写真で分かるフルフラット・シートアレンジ・実際の注意点まとめ

どうも、車中泊を研究しているミヤザキです。 この記事では、 「CX-3の車中泊で気になるポイント」 「実際の車中泊はどのようになるか」 をまとめました。 初めてSUVを買う方は、買い替えの参考にしてみてください。満足できるクルマ選びの手助けになれば幸いです。 ホンダCX-3 の車中泊で気になる2つのポイント ①フルフラットになるのか? まず、CX-3の後部座席(リアシート)は、6:4の分割可倒式です。 1人で寝る場合は、片方を倒してベッドスペースにして、もう片方を荷物置き場にすることができます。 2人で寝る場合はリアシート全体を倒して寝ることになりますが、奥行きを拡げられるのは助手席側に限られるので、2人で寝るのは厳しいでしょう。 肝心のフルフラットですが、リアシートの裏面に傾斜があるので、どうしても身体が斜めになります。 そもそも車中泊や荷物置きを想定していないのか、裏面がちょっと柔らかくてボコボコしているのが気になりました。 ②シートアレンジは? 身長170cmほどであれば、リアシートをすべて倒して斜めに寝られます。少し膝を曲げる必要がありますが。 170cm以上の人は、前席を最大限前にスライドさせて倒せば180cmほどのスペースができます。ただし、前席との間の隙間を埋めなければいけません。 ③車内スペース(室内の広さと荷室)は? 奥行き:152~180cm(前席の背もたれからラゲッジルーム端まで) 横幅:99cm 高さ:65cm ④シートの段差や隙間、傾斜は? 先ほど書いたように、前席との間に奥行き30cm × 横幅 45cmほど × 高さ50cmほどの隙間ができます。 クーラーボックスやコンテナボックスなどの荷物を詰めるか、固めの一枚板を渡さなければ寝られません。 傾斜については、リアシート裏面の傾きの他に気になるところはありませんでした。リアシートの分かれ目もマットを敷けば問題なさそうです。 車中泊のための準備で必要なグッズやマットもまとめてあるので、参考にしてみてください。 必要な車中泊グッズはこちら 【2018年版 車中泊グッズ】19日間クルマに住んだので、初めての車内泊に必要なアイテムをまとめてみた 実際の車中泊では室内高がネック コンパクトSUVは車高が低いので、シートを倒して室内に座ると天井に頭が当たります。座った状態で着替えるのは難しいです。 また奥行きが短く、リアシートを倒した状態では150cmほどしかありません。170cmを超える人は隙間を埋める準備が必要なので、気軽に車中泊ができるクルマとは言えません。 良いところを挙げるとすれば、セダンのように窓が小さいので、寝ているときに外から見えづらいといったところでしょうか。冷暖房や荷物の積み込みなどは、特別優れているところはありません。 他社のSUVと比べても微妙 室内が広そうなイメージがあるSUVですが、横幅は広くても奥行きが短い傾向があります。 1人で寝るならホンダのヴェゼルの方が奥行きがあります。同じマツダでもCX-5の方が車中泊に適しています。 参考までに、ヴェゼルの奥行きは164~184cm、CX-3の奥行きは152~180cmあります。 街乗り+キャンプやアウトドアでよく使いたい人は、SUVならエクストレイルが最適でしょう。 1人で車中泊するならCX-3は悪くない 足を伸ばして寝たいなら準備が必要ですが、CX-3は1人なら寝られるだけの余裕はあると分かりました。 本格的な車中泊旅は難しいですが、PA・SAで小休止したり、数時間の仮眠を取る程度なら対応できるクルマでしょう。 頻繁にキャンプやアウトドアをしないのであれば、ヴェゼルやCX-5と並んで候補にあげてもよいSUVだと思います。 CX-3 メーカー:マツダ 新車見積もり(無料) 未使用車を探す 最安値の中古車を探す 愛車の一括査定(無料)はこちらから よく読まれています 【初めてでも大丈夫】車買取の一括査定の注意点と失敗パターン・サイト選びの必勝法とは?…