TAG ハスラー

車中泊

【ハスラー 車中泊】まず読んでほしい。ハスラーのクルマ選びや車内泊のやり方&注意点まとめ

どうも、車中泊を研究しているミヤザキです。 この記事では、 ハスラーの車中泊で気になるポイント 必要なグレード・オプション ハスラーを選ぶメリットと注意点 をまとめました。 軽SUVという特殊なポジションのハスラーですが、他の軽自動車よりもアウトドアに特化&フラットで快適に寝られてコスパが良いと分かりました。 軽自動車への買い替えを検討している方、遊べるクルマを探している方のお役に立てば幸いです。 ハスラーが車中泊に向いている3つのポイント ①軽自動車とSUVの良さを活かせる 「遊べる軽」というコンセプトのハスラーは、今までにない軽クロスオーバーSUVという車種です。 タントやスペーシアといったワゴン車とは違い、SUV感覚でデコボコや段差を乗り越えられるので街中でも走りやすいクルマです。 さりげなく緊急自動ブレーキの性能は軽自動車のなかでもトップです。急な下り坂でブレーキを踏まずに一定の速度で走れるヒルディセントコントロールという装備もあります。 ハスラーの口コミでの平均燃費は19km/L。高速走行時は20kmを超えるという声もあります。 実際、ハスラーの車体重量はN-BOXやタントよりも軽い850kgで、平均燃費で3〜4km/Lの差がありました。 ②どのグレードでも車中泊できる ハスラーのグレードは最上位のX、バランスの良いG、低価格のAの3つです。 GとXは、リアシートがスライドできるタイプ。 Aは、リアシートが固定(スライドできない)となっています。 グレードによっては、2WD/4WDといった駆動性能やターボの有無も選べます。 グレード 価格帯 特徴と車中泊の可否 A 101~120万円 1人がおすすめ。助手席側を前に倒して寝るのがベター。 リアシートのスライド機能・運転席シートリフターがない。 運転席側に高低差ができるので2人は不向き。 G 118~150万円 2人で可能。前席をリクライニングさせて車内全体が使える。 リアシートのスライド機能がある。運転席シートリフターは有料オプション¥64,800 ラゲッジフロアがアウトドア仕様。 隙間がなく、高低差が少ないフルフラットが作れる。 X 148~178万円 2人で可能。グレードG同様、車内全体が使える。 運転席シートリフターは標準装備。 その他はグレードGと同じ。 ※運転席シートリフターは、運転席の座面の高さを調整するオプション。後席と同じ高さまで調整できるため、フラットに近いアレンジができます。 グレードによって、車中泊できる人数とシートアレンジが異なります。 ・1人で寝る → すべてのグレードで車中泊ができる。助手席側を前倒しにしてフルフラットに近いスペースを作る。段差や隙間を埋める必要がある。 ・2人で寝る → グレードGとXがおすすめ。前席をリクライニングさせて、車内全体をフルフラットにする。オプションの運転席シートリフターがあった方が良い。 ③他にない公式アクセサリーが付けられる 引用元:http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/627534.html ハスラーには、それぞれのアウトドアに合わせた公式アクセサリーパッケージが用意されています。 アウトドア向けパッケージがある軽自動車は、ハスラーとダイハツのウェイクだけです。 でも、ハスラーとウェイクの人気グレードを比べるとハスラーの方が10万円ほど安く買えます。10万円も浮いたら好きなアウトドア仕様にできますね。 アウトドアシーン 公式アクセサリー スキー…