【最新】スイフトの3年・5年・7年・10年落ちの買取相場一覧 + 高く売るためのポイント

2017年に3代目の新型が登場したばかりのスイフト。

モデルチェンジによって大きな値下がりがあった後、2010~2016年の旧モデルが増加しており、相場は緩やかに下落中です。

次のフルモデルチェンジは当分先なので次の値崩れはしばらく先となりますが、ライバル車の動向によっては相場に影響が出るかもしれません。

この記事では、スイフトの3年〜10年落ちのディーラー下取り価格と買取相場を分かりやすく一覧で公開しています。買取の査定をする前に相場を理解する参考にしてください。

今すぐ愛車のリアルタイムの査定額を知りたい方はこちら↓
情報入力は最短”45秒”です

スイフトの基本価格と買取相場【2018年時点】

 新車価格 134.4~174.9万円
平均買取金額 33.2万円
最高買取金額 130.0万円
最低買取金額 0.0万円

売却までの平均年数は8年、平均走行距離は7万キロになっています。

単身者やコンパクトカーとして乗るユーザーが多いためか、乗りつぶす手前の7〜8年落ちで買い替える割合が多くなっています。

家族が増えたり、ライフスタイルの変化での買い替えを考えているのであれば、早めの売却が大きな金額差につながるクルマと言えます。

【無料】スイフトを一括査定してみる

中古車市場での人気や需要

スイフトの中古車は全体的に流通量が増えており、昨年から先代の初期〜中期モデルの相場が下落傾向にあります。

中古車市場の販売相場は30〜180万円ほど。エンジンに改良を施した後期型は人気があり、まだ値下がりが控えめなモデルと見られます。

旧型の3代目は、中古車の平均価格が90〜93万の水準で推移しており、買取相場の上限は40〜60万半ばと見られます。

スイフトを高く売るためのポイント

査定額が高くなる特徴

スイフトスポーツ、RS、XSといったグレードは、他との明確な違いがあるため、良い査定額が出やすくなります。

特にスポーツとRSは、MT車であれば珍しさから高額買い取りが期待できます。

ただし、ユーザー層が限られるため、買取店を選ぶ傾向があります。

大手の中古車販売店だからといって安心せず、複数の買取店から比較できるだけの査定結果をもらいましょう。

ディーラーの下取り相場の残価率(リセールバリュー)

メーカーの下取り価格シュミレーションを使って、現在の下取り価格を算出しました。

3年落ち 2015/H27年式
(ZC72S 1.2 XL)
新車価格 130.2万円
50万円
(38.4%)
5年落ち 2013/H25年式
(ZC72S 1.2 XL)
新車価格 130.2万円
37万円
(28.4%)
7年落ち 2011/H23年式
(ZC72S 1.2 XL)
新車価格 125.5万円
22万円
(17.5%)
10年落ち 2009/H21年式
(ZC71S 1.2 XG)
新車価格 114.0万円
1万円
(0.8%)

メーカー下取りでは3・5年落ちでは残価率40%以下となります。

買取価格の情報ではリセールバリューが40%を超えるデータがあるので、希少なグレードでないかぎり、すんなり下取りに出すのは避けるべきです。

買取相場の残価率(リセールバリュー)

年式・モデルで比較(3万キロ基準で比較)

現在 1年後
3年落ち 2015/H27年式
(ZC72S 1.2 XL)
新車価格 130.2万円
63.8万円
(49.0%)
56.7万円
5年落ち 2013/H25年式
(ZC72S 1.2 XL)
新車価格 130.2万円
49.5万円
(38.0%)
38.7万円
7年落ち 2011/H23年式
(ZC72S 1.2 XL)
新車価格 125.5万円
15.8万円
(12.5%)
5.6万円
10年落ち 2009/H21年式
(ZC71S 1.2 XG)
新車価格 114.0万円
0.0万円

買取相場では5〜6年落ちは平均買取金額の30万以上ですが、7年落ち(3回目の車検)から大きく値崩れしています。

1年ごとの残価率の下がり幅が大きく、コンパクトカーの需要の移り変わりの早さが分かります。

走行距離による値崩れは小さめなので、走行距離よりも年式を重要と見て、売却のタイミングを探りましょう。

走行距離で比較

3年落ち5万キロ 61.2万円
(47.0%)
5年落ち5万キロ 46.8万円
(35.9%)
7年落ち5万キロ 23.0万円
(18.3%)
3年落ち10万キロ 57.5万円
(44.1%)
5年落ち10万キロ 43.8万円
(33.6%)
7年落ち10万キロ 19.6万円
(15.6%)

過走行のケース(7年落ちの場合)

走行距離15万キロ 5.7万円
(4.5%)
走行距離20万キロ 2.6万円
(2.0%)

人気色・不人気色(5年落ち 1.2 XSグレード q3万キロ基準で比較)

ボディカラーで買取価格の差がないか、カラーごとに見積もりシュミレーションしてみました。

パール 48.7万円
イエロー 49.5万円
ブルー 45.0万円
グレー 49.5万円

パールやグレーといった汚れが目立ちにくい定番カラーだけでなく、個性的なイエローの評価が高くなっています。

ライバル車のコンパクトカーのなかでもイエローというカラーが独特というのもあって評価されているのかもしれません。

査定時、思わぬプラス材料になることを期待しましょう。

まとめ

・売却までの平均年数は8年、平均走行距離は7万キロ
・全体的に流通量が増えており、昨年から先代の初期〜中期モデルの相場が下落傾向
・コンパクトカーの需要の移り変わりの早さのせいか、1年ごとの残価率の下がり幅が大きい

スイフトを欲しがる買取店は複数あるので、これから売却する方は売る前にしっかり検討してください。

ネットを利用する多くの人が一括査定を使っているように、最低でも2社以上に査定してもらい、買取価格を競わせるのをお忘れなく。

このサイトに掲載している買取店は査定後のキャンセル料金は無料です。ぜひ有効活用してみてください。