【最新】セレナの3年・5年・7年落ちの買取相場一覧 + 高く売るためのポイント

2016年にフルモデルチェンジされ、2018年にe-POWER搭載モデルが追加された日産セレナは、先代モデルの相場が徐々に下がっています。

この記事では、そんな先代モデルを中心としたディーラー下取り・中古車買取相場の査定額を走行距離や年式ごとに一覧にまとめました。

日産の代表的なミニバンなので中古車市場の台数がとても多く、程度の良し悪しが高値査定のカギとなります。売却に備えて愛車の相場を理解しておきましょう。

セレナの基本価格と買取相場【2018年時点】

 新車価格 231.7~243.5万円
平均買取金額 54.4万円
最高買取金額  226.0万円
最低買取金額  14.0万円

セレナの買取相場の平均は54.4万円です【2018年 日本自動車購入協会監修Carview他 より】。

平均年数は10年、平均走行距離は8〜9万キロとなっており、長年乗り続けて売却する方が多いのが分かります。

2010年以前の9年落ち以上で走行距離が多い車両はゼロ査定に近くなります。

7年落ち・3回目の車検までの先代セレナのユーザーさんは、買い替え費用の足しにするなら、そろそろ売却のタイミングです。

【無料】セレナを一括査定してみる

現行「e-Power」モデルを購入した場合

 2018年式 1.2 e-POWER X AT 7人乗り
新車価格 296.9万円
2年後
 走行距離3万キロ 141.8万円
(47.7%)
 走行距離5万キロ 131.7万円
(44.3%)

現行のEV車「e-Power」を購入した場合のリセールバリューは50%を切っており、あまり良い数字とは感じられません。

現行のハイブリッド車と比べて平均5km/Lほどの燃費向上が見られますが、ガソリン車と比べても新車価格を埋めるほどではありません。

ただし、3年後以降の値下がりが穏やかになったり、今後の中古車需要が変化する可能性もあります。

中古車市場での人気や需要

現在、自動運転のプロパイロット機能を搭載した現行モデルの流通が増加しており、緩やかに相場が下がっています。

ファミリー層を中心に人気があり、ハイウェイスターやライダーといった特別仕様車は高値で取引されています。

次のフルモデルチェンジは未定ですが、燃費の良いe-Powerが販売され始めたことで現行の相場は緩やかに下がり続けるでしょう。

セレナを高く売るためのポイント

査定額が高くなる特徴

エアロパーツを装備したハイウェイスターが強い人気があり、高額査定が見込めます。

『サンルーフ』や『本革シート』といった珍しいオプションや女性から需要がある『電動スライドドア』や『パーキングアシスト』の機能があれば、査定額アップが見込めます。

売却交渉のときは、積極的に値上げを交渉してみましょう。

査定額が低くなる特徴

ミニバンとしてファミリー層を中心とした人気があり、男性だけでなく女性が運転するケースもあります。

タバコの臭いやシートの汚れ、運転席やハンドル周りの汚れやキズは査定額を下げる可能性があります。

走りよりも室内の快適さを重要されるミニバンだからこそ、日頃から車内を清潔に保っているかどうかが大事になります。

ディーラーの下取り相場の残価率(リセールバリュー)

メーカーの下取り価格シュミレーションを使って、現在の下取り価格を算出しました。

3年落ち
(2015/H27年式 NC26 20G)
新車価格 279.3万円
144万円
(51.5%)
5年落ち
(2013/H25年式 NC26 20G)
新車価格 279.3万円
118万円
(42.2%)
7年落ち
(2011/H23年式 NC26 20G)
新車価格 272.0万円
53万円
(19.4%)
9年落ち
(2009/H21年式 NC 25 20G)
新車価格 267.7万円
5万円
(1.8%)

ディーラーの下取り査定額は、全体的に買取相場よりも低くなるという結果が出ました。

ファミリー層という明確なニーズがあるので、買取店も積極的に買い取りしてくれるのでしょう。

買取相場の残価率(リセールバリュー)

年式・モデルで比較(3万キロ基準で比較した場合)

現在 1年後
3年落ち
(2015/H27年式 NC26 20G)
新車価格 279.3万円
185.3万円
(66.3%)
 169.1万円
5年落ち
(2013/H25年式 NC26 20G)
新車価格 279.3万円
147.6万円
(52.8%)
 121.4万円
7年落ち
(2011/H23年式 NC26 20G)
新車価格 272.0万円
76.5万円
(28.1%)
 55.2万円
9年落ち
(2009/H21年式 NC 25 20G)
新車価格 267.7万円
27.1万円
(10.1%)
 8.1万円

ディーラーの下取りに比べて、20万以上も差がついています。走行距離が短いミニバンの需要の強さが見えます。

5年〜7年落ちの間で査定額が大きく下がっており、7年目3回目の車検の前後が売却のタイミングと言えます。

走行距離で比較(型式20Gで比較)

3年落ち走行距離5万キロ 166.7万円
(59.6%)
5年落ち走行距離5万キロ 134.4万円
(48.1%)
7年落ち走行距離5万キロ 64.9万円
(23.8%)
9年落ち走行距離5万キロ 18.2万円
(6.7%)
3年落ち走行距離10万キロ 148.8万円
(53.2%)
5年落ち走行距離10万キロ 116.5万円
(41.7%)
7年落ち走行距離10万キロ 49.1万円
(18.0%)
9年落ち走行距離10万キロ 3.2万円
(1.1%)

過走行のケース(5年落ち 2013年式 20Gの場合)

走行距離15万キロ 95.5万円
走行距離20万キロ 79.1万円

過走行のケース(7年落ち 2011年式 20Gの場合)

走行距離15万キロ 28.2万円
走行距離20万キロ 14.1万円

7年落ちであれば、過走行車でも価値がつきます。

走行距離だけでなく、オプションやグレードによっては買い替えの費用の足しになる場合もあるので、諦めずに複数の買取店に査定してもらいましょう。

人気色・不人気色(5年落ち 2013年式 20G 3万キロで比較)

ボディカラーで買取価格の差がないか、カラーごとに見積もりシュミレーションしてみました。

ブラック  147.6万円
パープル 146.4万円
パール 145.6万円
茶色(アンバー) 142.4万円
グレー 139.9万円
シルバー 136.8万円
ホワイト 133.5万円
ブルー 132.6万円

人気のブラック・パールといったカラーは有料のプラスオプションですが、5年落ち以内で20万近く売却額が変わった事例があります。

せっかく有料オプションだったわけなので、損をしないように売却のときはしっかりアピールしましょう。

まとめ

セレナの買取相場の平均は54.4万円。平均年数10年、平均走行距離8〜9万キロ。
・オプション等のプラス材料は多数あり。7年目3回目の車検の前後が売却のタイミング。
次のフルモデルチェンジは未定。e-Powerの販売開始と現行の中古車増加で相場は下降中。

セレナを欲しがる買取店は複数あるので、これから売却する方は売る前にしっかり検討してください。

ネットを利用する多くの人が一括査定を使っているように、最低でも2社以上に査定してもらい、買取価格を競わせるのをお忘れなく。

このサイトに掲載している買取店は査定後のキャンセル料金は無料です。ぜひ有効活用してみてください。

【参考元:車買取・中古車買取・中古車一括査定なら【車選び.com】
【参考元:車買取・中古車査定なら買取カービュー|あなたの愛車を高く売ろう!