【最新】タントの3年・5年・7年落ちの下取り価格と買取相場一覧 + 高く売るためのポイント

累計200万台以上売れている軽自動車を代表するダイハツのタント。

2018年にモデルチェンジが噂されていましたが、現在(2018/10月)時点で発表はなく、2019年のモデルチェンジが濃厚です。

新型が発表されると買取店が査定額を下げてくるので、今後1〜2年以内に買い替えを考える方にとっては高く売れる最後の年となります。

需要が高まる年末、そして決算期の3月が近づいてきている直前の今がチャンスです。しっかり愛車の買取相場を理解して高く売りましょう。

今すぐ愛車のリアルタイムの査定額を知りたい方はこちら↓
情報入力は最短”45秒”です

タントの基本価格と買取相場【2018年11月時点】

 新車価格 122.0~165.8万円
平均買取金額 33.3万円
最高買取金額 110.0万円
最低買取金額 0.0万円

売却までの平均年数は8年、平均走行距離は8万キロ前後です。

軽自動車の中でもTOP3に入る人気車種なので、3年落ち7万キロまではディーラーの下取り価格が高い水準にあります。

5年落ち5万キロを超えると、下取りよりも買取相場の価格が上回ります。

単身者・ファミリー層問わず買い求めるお客さんがいるので、複数の買取業者で奪い合いになった事例が多く見られます。

点数方式で決まった金額で査定する下取りより、競り合ってくれる買取店への売却を中心に考えた方がお得です。

【無料】タントを一括査定してみる

中古車市場での人気や需要

現行は、2013年の登場から5年目。5年落ちが増えてくるタイミングで、中古車の流通量は軽自動車内でもトップクラスです。

最近は軽自動車の販売台数が新車・中古車ともに増えており、代表格であるタントに大きな相場の下落は見られません。

ベースグレードの流通量が多いので、カスタムやターボ搭載モデルは相場が下がりづらく、高値が期待できます。

タントの下取り相場と残価率(リセールバリュー)

メーカーの下取り価格シュミレーションを使って、現在の下取り価格を算出しました。

ディーラーの下取り額は走行距離3万キロと仮定しています。

年式 グレード 新車価格 ディーラー下取り価格
3年落ち LA600S系
2015年式(平成27年式)
L 113.0万円 74.0万円(65.4%)
X 125.5万円 84.0万円(66.9%)
G 136.0万円 92.0万円(67.6%)
5年落ち LA600S系
2013年式(平成25年式)
L 111.4万円 50.1万円(44.9%)
X 123.8万円 58.1万円(46.9%)
G 134.2万円 64.9万円(48.3%)
7年落ち L375S系
2011年式(平成23年式)
L 111.4万円 26.0万円(23.3%)
X 123.8万円 28.0万円(22.6%)
G 129.5万円 34.0万円(26.2%)
10年落ち L375S系
2008年式(平成20年式)
L 103.0万円 2.0万円(1.9%)
X 116.0万円 3.0万円(3.5%)

先ほど書いたとおり、下取り相場は5年落ちを超えたモデル、つまり2013年以前の旧モデルになると金額が大きく下がります。

赤字の金額は、同程度の走行距離でも中古車販売を専門とする買取店の相場の方が高くなっている部分です。

5年落ち前後の場合、下取り金額を鵜呑みにせずに買取店の査定を試してみた方が良いと分かります。

タントの買取相場と残価率(リセールバリュー)

年式 グレード 新車価格 買取相場
3年落ち
2015年式(平成27年式)
L 113.0万円 65.1万円 (57.6%)
X 125.5万円 74.6万円 (59.4%)
G 136.0万円 82.8万円 (60.8%)
5年落ち
2013年式(平成25年式)
L 111.4万円 58.0万円 (52.0%)
X 123.8万円 65.0万円 (48.4%)
G 134.2万円 74.0万円 (55.1%)
7年落ち
2011年式(平成23年式)
L 111.4万円 36.5万円 (32.7%)
G 123.8万円 40.8万円 (32.9%)
X 129.5万円 43.7万円 (33.7%)
10年落ち
2008年式(平成20年式)
L 103.0万円 8.1万円 (7.8%)
X 116.0万円 11.6万円 (10.0%)

リセールバリューでは7〜8%、金額でいうと7〜14万ほどの買取相場の方が高くなる結果となっています。

『カスタムRS』『カスタムX』グレードは型落ちでも値下がりが少なく、グレード『G』を上回る一番高い残価率となっています。

5年〜7年落ちで相場が大きく下落しているのは、2013年のフルモデルチェンジが理由です。

5年落ち以降のタントをお持ちの方は、旧モデルでも高く買い取ってくれるお店を探し出すつもりで売却に望みましょう。

走行距離5万キロの買取相場

年式 グレード 買取相場
3年落ち
2015年式(平成27年式)
L 60.8万円 (53.8%)
X 69.9万円 (55.6%)
G 77.7万円 (57.1%)
5年落ち
2013年式(平成25年式)
L 46.0万円 (41.2%)
X 53.4万円 (43.1%)
G 59.8万円 (43.2%)
7年落ち
2011年式(平成23年式)
L 32.2万円 (28.9%)
X 36.1万円 (29.1%)
G 38.8万円 (29.9%)
10年落ち
2008年式(平成20年式)
L 4.3万円 (4.1%)
X 7.3万円 (6.2%)

走行距離10万キロの買取相場

年式 グレード 買取相場
3年落ち
2015年式(平成27年式)
L 55.1万円
X 63.5万円
G 70.8万円
5年落ち
2013年式(平成25年式)
L 40.3万円
X 47.1万円
G 53.0万円
7年落ち
2011年式(平成23年式)
L 26.3万円
X 29.8万円
G 32.2万円
10年落ち
2008年式(平成20年式)
L 0万円
X 1.3万円

過走行15~20万キロの買取相場

年式 グレード 買取相場
3年落ち
2015年式(平成27年式)
L 48.4~43.1万円
X 56.1~50.2万円
G 62.7~56.3万円
5年落ち
2013年式(平成25年式)
L 33.7~28.5万円
X 39.7~34.0万円
G 45.0~38.7万円
7年落ち
2011年式(平成23年式)
L 19.3~12.5万円
X 22.4~16.5万円
G 24.4~18.3万円
10年落ち
2008年式(平成20年式)
L 0万円
X 0万円

人気色・不人気色(5年落ち Lグレード 3万キロ基準で比較)

ボディカラーで買取価格の差がないか、人気・不人気のカラーで見積もりシュミレーションしてみました。

人気色(ブラック・パール・レッド) 48.0~50.1万円
不人気色(ブルー・ホワイト・グリーン) 47.8~49.7万円

定番色のブラック・パールの方が、その他の原色よりわずかに高値が期待できます。

タントの買取価格が高くなるポイント

  1. 現行モデルで『スマートアシスト』搭載モデルなら高額査定となる
  2. 子育て層からニーズがあるので、走行距離が少なければ査定のプラスポイントになる
  3. シートや内装の清潔さ、スライドドアの状態など、女性目線で見て”良い状態”であることが大切

年代・性別ともに様々な層から人気があるので、『カスタムX/RS』『ターボ』グレードも高額査定となります。

買取店にとっても在庫リスクが低いので、強気の姿勢で査定に望みたい車種です。

まとめ:タントを高く売るための方法

売却までの平均年数は8年、平均走行距離は8万キロ前後
・5年落ち5万キロを超えると、下取りよりも買取相場の価格が上回る
2019年のフルモデルチェンジが濃厚。ライバル車も存在があるので、2018年内が高く売れるチャンス

タントを欲しがる買取店は複数あるので、これから売却する方は売る前にしっかり検討してください。

ネットを利用する多くの人が一括査定を使っているように、最低でも2社以上に査定してもらい、買取価格を競わせるのをお忘れなく。

このサイトに掲載している買取店は査定後のキャンセル料金は無料です。ぜひ有効活用してみてください。

※当サイトで掲載している下取り価格・買取相場価格・残価率は、
一般社団法人日本自動車購入協会監修のCarviewおよびトヨタ下取り参考価格情報から算出した参考価格です。