TAG 軽ワゴン

車中泊

【ウェイク 車中泊できる】フルフラットにできるグレード・シートアレンジ・注意点のまとめ

こんにちは! 買い替えのために車中泊向けのクルマを調べているミヤザキです。 徹底的に調べたところ、 ダイハツのウェイクは、大人2人+子ども1人で車中泊できる&多くの荷物を収納できる——と分かりました。 という結論を言われても、クルマは高い買い物ですから、もっと詳しいところを知りたくなりますよね。 ウェイクと他の車種との違いは? 車中泊できるスペースはあるの? 車中泊にはどんなグレードやオプションが良いの? 今回は、こういった疑問に答えながら、ウェイクの良いところを分かりやすくまとめます。 ウェイクを選ぶときに知っておくべき3つのポイント 室内のデカさを活かして「ドデカクつかおう」 ウェイクの開発段階での名称は「デカデカ」。その名のとおり、軽ワゴン車のタントやスペーシアよりもさらに室内が広いクルマです。 室内高は145cmで、ミニバン並みです。運転席も高く視界がいいので、駐車場でも運転しやすいです。 車中泊に最適なグレード レジャー対応グレード・L レジャーエディションSAⅡ 参考価格159万 ・Gターボ レジャーエディションSAⅡ 参考価格171万 このグレードには、イージーケアフロア(座席側)とフロアボード(トランク内)という防水の樹脂製フロアが装備されています。 (引用元:新ウェイク☆登場! | 部品部 ) レジャーエディションには、痒いところに手が届く充実した装備が揃っています。 車中泊に必要なオプション装備 ウェイクをフルフラットに近づけるためには、2つのオプションが必要となります。 ①上下2段調節式デッキボード(Gグレードのみ標準装備) 寝るときに荷室のスペースまで使うために必要なボードです。Gグレードは標準装備。その他はオプションで「レジャーベースパック」を注文する必要があります。 (引用元:写真で見る ダイハツ「ウェイク」 – Car Watch ) ②運転席シートリフター 運転席の高さを調整することで、シートアレンジ時に後席との高低差を減らせる機能です。 この機能は、どのグレードにも標準装備されていません。 忘れずに「ドライビングサポートパック」というオプションを注文しなければいけません。 ※シートリフターは、上に30mm、下に15mm調整できます。可動範囲は45mmです。 車中泊向けのディーラーオプション さらにディーラーオプションを揃えれば、とても快適に車中泊できるようになります。 ディーラーオプション一覧・ジョイントクッション(折りたたみ式の簡易クッション) ¥39960 ※1名分 ・プライバシーシェード(リヤ・リヤクオーター・バックドアの3点)¥15120 ・カーテン(ディーラーでの取り付けの場合)¥27605 ↑目次に戻る↑ ウェイクで車中泊するときの3つのメリット ①軽ワゴン車最大の車内スペース (引用元:ダイハツ ウェイクに試乗。使いやすい?転倒しない? ) 全シートを倒せば、室内の奥行きは200cm近く、座面からの高さは115cmほどになります。 大人2人が並んで寝られるだけでなく、小さいお子さんを1人足しても大丈夫です。ちなみに電動スライドドアも付いてますよ。…