TAG ヴォクシー

車種ごとの買取相場

【最新】ヴォクシーの3年・5年・7年落ちの下取り価格と買取相場一覧 + 高く売るためのポイント

2014年にフルモデルチェンジ。ハイブリッドも追加されたトヨタのヴォクシー。 ライバル車のモデルチェンジもあって、じわじわと買取価格が下がっています。 今回は、大きく売値の変化する5年落ちから買い替えの平均年数の7年落ちまで、下取りと買取査定額の相場をまとめました。 ヴォクシーはミニバン界では人気のド定番。高値で売れないはずがありません。相場を理解して、少しでも家計の足しにしましょう。 今すぐ愛車のリアルタイムの査定額を知りたい方はこちら↓ 最短”45秒”で分かります ヴォクシーの基本価格と買取相場【2018年時点】 新車価格 246.7~325.7万円 平均買取金額 77.0万円 最高買取金額 293.0万円 最低買取金額 40.0万円※ ※10年落ち、過走行を除く ヴォクシーの買取相場の平均は77.0万円です【2018年 日本自動車購入協会監修Carview他 より】。 2014年以前で5年落ちを過ぎると100万を切って平均買取価格に近い売価となってきます。 2014年以降の現行モデルは安全装備が付いており、150万~200万円前後で査定される傾向があります。 5年落ち以内であれば残価率も60%近くなるケースもあり、キレイに使った分、次の買い替えの追い金が抑えられます。 【無料】ヴォクシーを一括査定してみる 現行の場合 現行ヴォクシーの3年後の買取相場をメーカーHPでシュミレーションしました。 2017(H29)年式 2.0 V CVT 7人乗り 新車価格 278.6万円 3年後 走行距離3万キロ 172.7万円(61.9%) 走行距離5万キロ 169.9万円(60.9%) 3年後の下取り価格の予想は残価率60%以上で、十分な売価が期待できます。 オプションが付いていたり綺麗に使っていたりといった良い条件があれば、複数の買取店に競わせることで下取り10~20万アップの可能性も。 トヨタの人気定番モデルであり、流通量がまだ増えすぎていない数年以内であれば、まだ相場も高値をキープできそうです。 中古車市場での人気や需要 市場では予算100万以内で売られている低価格帯もありますが、走行距離10万km超がほとんどで避けられがち。 人気が集まる現在の現行型(80系)は、2014年(H26)に登場。 安全装備が充実しており、ゆるやかに下降しつつも高い買取相場を維持しています。 現在は、2016年に日産セレナがフルモデルチェンジしたことで一旦相場が下がりましたが、強い人気に支えられて相場は安定傾向にあるようです。 ヴォクシーを高く売るためのポイント 査定額が高くなる特徴 高額査定されるグレードは、特別仕様の”煌(きらめき)”と押しの強いルックスの”ZX”です。 見た目にこだわりのある子育てパパだけでなく、若い独身男子にも強い人気があります。 ファミリー層を中心に国内で需要が多いので、ナビやバックモニターといったオプション装備は強いプラス材料となります。 査定額が低くなる特徴 次のオーナーが子育て層やファミリーで使う可能性が高いので、室内のキレイさは査定額の上下につながります。 新車がよく売れていたり、リース落ちの中古車が増えているので、清潔でなければ販売店からの査定や入札が減ってしまう原因になります。 外観・室内が清潔。できれば車内禁煙で匂いが付いていない状態であれば、どんどんアピールして査定額を交渉しましょう。 ディーラーの下取り相場の残価率(リセールバリュー) メーカーの下取り価格シュミレーションを使って、現在下取りに出した場合の価格を算出しました。 3年落ち(2015年式…