TAG ホンダ

車種ごとの買取相場

【最新】エクストレイルの3年・5年・7年・9年落ちの下取り価格と買取相場一覧+高く売るためのポイント

今すぐ愛車のリアルタイムの査定額を知りたい方はこちら↓ 情報入力は最短”45秒”です 2013年に現行3代目にフルモデルチェンジしたエクストレイル。2017年にマイナーチェンジ以降は、中古相場はやや下落傾向です。 アウトドアで酷使したりオフロード重視に対応できるのが魅力ですが、長年かけて乗りつぶすか、良いタイミングで買い換えるか悩む方が多いSUVでもあります。 この記事では、買い替えが多い9年落ちまでの下取り・買取相場を一覧で公開しています。相場を理解して、大事に乗ってきた相棒を納得のいく金額で売却しましょう。 エクストレイルの基本価格と買取相場【2018年時点】  新車価格 219.8~356.5万円 平均買取金額 74.3万円 最高買取金額  211.0万円 最低買取金額 23.0万円 歴史の長いSUVだけあって、売却までの平均年数は8年、平均走行距離8万キロです。 2019年後半にはフルモデルチェンジされるという噂があり、2018年に発表された『e-Power拡張計画』によれば、2022年までに電気自動車(EV車)が発表される可能性もあります。 ガソリン・ハイブリッド車のどちらも次期モデル(あるいはEV車)の発表で相場が大きく変動する怖れがあるので、2018~2019年の正式な発表が出るまでが売りのタイミングと言えます。 【無料】エクストレイルを一括査定してみる 現行のハイブリッドを購入した場合 2018年式(HT32 20X ハイブリッド) 新車価格 286.9万円  2年後  走行距離3万キロ 187.1万円 (65.2%)  走行距離5万キロ 175.3万円 (61.1%) ガソリン車と比べると、下取り・買取相場ともにハイブリッドの方がリセールバリューが高めの傾向があります。 長年乗る前提でハイブリッドを求める層がいることもあり、20Xの4WDハイブリッドグレードは人気があります。 今後、電気自動車が投入されると大きく相場が下がるかもしれません。 中古車市場での人気や需要 現行3代目も人気がありますが、5年落ち以上の旧型も需要があります。旧型の角ばったデザインが好きな人もおり、高値で買い取られるケースもあります。 2017年のマイナーチェンジ後、現行モデルの走行距離が浅い中古車が増えたこともあり、相場価格はやや微増で落ち着いています。今後は新型発表に向けて緩やかに下がっていくでしょう。 世界各国で販売されている車両なので海外でも強い人気があります。エンジン等に問題がなく内装の状態が良ければ、走行距離が多くても高額での買取が期待できます。 エクストレイルを高く売るためのポイント 査定額が高くなる特徴 アクティブなユーザーに人気がある4WDモデル、クリーンディーゼルエンジン搭載のGTモデルは、高値の査定が見込めます。 中古車での人気オプションは、メーカーオプションの『ガラスルーフ』。 珍しいオプションなので、新車購入時と同等という驚くべき高値で査定された事例があります。 査定額が低くなる特徴 頑丈なSUVとして酷使するケースが多いため、外装・ラゲッジ・シートの汚れや痛みは、査定時によくチェックされます。 エクストレイルのシートは、防水かつ透湿機能がある特殊なシートのため、目立つ汚れやカビは査定のマイナス材料となります。 フルフラットにしたり、荷物を積み込むことが多いようであれば、座席やシートのコンディションは事前に確認しておきましょう。 ディーラーの下取り相場の残価率(リセールバリュー) メーカーの下取り価格シュミレーションを使って、現在の下取り価格を算出しました。 3年落ち 2015年式(H27) NT32 20X 4WD 7人乗り 新車価格 240.0万円…

車種ごとの買取相場

【最新】ステップワゴンの3年・5年・7年・10年落ちの買取相場一覧 + 高く売るためのポイント

今すぐ愛車のリアルタイムの査定額を知りたい方はこちら↓ 情報入力は最短”45秒”です ファミリーミニバンの代名詞であるホンダのステップワゴンは、2015年に現行(5代目)にフルモデルチェンジ。 2016年にライバル車種である日産セレナのフルモデルチェンジ、2017年に現行のマイナーチェンジがあり、旧モデルの買取相場が下落しています。 この記事では、10年落ちまでの下取り価格・買取相場を一覧にまとめました。買取相場を理解して、損をしないように売却を進めましょう。 ステップワゴンの基本価格と買取相場【2018年時点】  新車価格  245.6~307.8万円 平均買取金額 41.4万円 最高買取金額 212.0 万円 最低買取金額 3.0万円 売却までの平均年数は12年、平均走行距離は10万キロとなっており、他のミニバンと比べても長年乗ったり、乗りつぶす方が多いようです。 2009年〜2015年に生産された4代目が中古市場に多く、ヴォクシーとよく比較検討されて需要があるミニバンとなっています。 走行距離5万キロ以内の低走行車であれば、150万円以内の中古車価格で取引されています。限度額いっぱいまで交渉すれば高値査定が見込めるでしょう。 現在のところ、残価率が良く、できるかぎり高値で乗り換えられるタイミングは7年目(3回目の車検)、走行距離6〜7万キロです。 【無料】ステップワゴンを一括査定してみる 現行のハイブリッド車を購入した場合  2018年式(RP1 1.5G 2WD) 新車価格 235.2万円 2年後 走行距離3万キロ 158.2万円 (67.2%) 走行距離5万キロ 150.2万円 (63.8%) 2015年以降の新モデルは、バックドアの使い勝手の良さから、最新モデルの「わくわくゲート」が大人気となっています。 この他の車種にはない利点によって中古車市場でも人気が集まり、将来的には値下がりしづらくなる可能性があります。 リセールバリューはガソリン車として良い数字となっており、走行距離10万キロまでなら値下がりも少ない状態です。 中古車市場での人気や需要 中古車市場ではガソリン車が中心となっているので、新型のハイブリッドモデルが増えてくれば相場価格にも影響してくるでしょう。 燃費面でハイブリッドと比較される他の同クラスの車種と比べて平均価格が高めの設定となっており、現在であれば売却時の査定額に伸びシロがあると考えられます。 ステップワゴンを高く売るためのポイント 査定額が高くなる特徴 ドレスアップモデルであるスパーダは、ステップワゴン全体の中でも高い割合を占めている人気グレードであり、査定額アップが見込めます。 汚れやキズが目立ちにくいブラック・パープルといった暗めの色の方が中古車ニーズが高いため、プラス材料となります。 査定額が低くなる特徴 ファミリーカーとしての利用シーンが多いため、外装・室内ともに汚れが目立たないことは大切です。 指摘されそうなシートの汚れやキズがないかどうか、査定前に確認しておきましょう。マイナス材料を口実に査定額を下げられないように注意が必要です。 ディーラーの下取り相場の残価率(リセールバリュー) メーカーの下取り価格シュミレーションを使って、現在の下取り価格を算出しました。 3年落ち (2015/H27年式 RP1 1.5 G CVT) 新車価格 229.6万円 166万円…

車種ごとの買取相場

【最新】ヴェゼルの3年・5年落ちの下取り価格と買取相場の一覧+高く売るための方法

今すぐ愛車のリアルタイムの査定額を知りたい方はこちら↓ 情報入力は最短”45秒”です フィットをベースに開発されたホンダのコンパクトSUVヴェゼル。 2014〜2016年の3年間連続でSUV販売台数1位を獲得しており、中古車でも高いリセールバリューを誇っています。 今回は、ヴェゼルの買取相場はいくらなのか? 下取りと買取のどちらがお得か? 高く売るための方法と合わせて紹介します。 ヴェゼルの基本価格と買取相場【2018年時点】  新車価格 207.5~247.5万円 平均買取金額 180.5万円 最高買取金額 215.0万円 最低買取金額 40.0万円 ヴェゼルの買取相場の平均は180.5万円です【2018年 日本自動車購入協会監修Carview他 より】。 平均価格の基準は買取年数2〜3年、走行距離は3〜5万キロとなっています。 比較的新しい車種で買取査定のデータが少なく、3〜5年落ちの査定事例が少ない状況です。 【無料】ヴェゼルを一括査定してみる ハイブリッド車を購入した場合 現在(3万キロ) 1年後(3万キロ) 3年落ち (2015/H27年式 RU3 1.5 ハイブリッド X AT) 新車価格 242万円  165.8万円 (68.5%) 153.6万円 (63.4%) 最近の車種というだけあってハイブリッド仕様は人気があり、3年落ち・3万キロでも買取相場が高い水準にあります。 中古車市場ではガソリン車よりハイブリッド車の方が割合がかなり多く、国内での需要の大きさが分かります。 中古車市場での人気や需要 買取価格のもっとも早く受けやすいベースグレード1.5Gを除けば、買取相場はまだまだ安定している状況です。 中古車市場では、3年落ち(2016年以前のホンダセンシング未搭載車)の試乗車や展示車軽油の中古車が増加しています。 ハイブリッド車は国内、ガソリン車は海外で人気が高く、まだまだ両者とも値崩れが少ない状況が続いています。 ヴェゼルを高く売るためのポイント 査定額が高くなる特徴 FF車と4WDでは買取価格に大きな差はないので、実際は新車を安く購入できるFF車の方がリセールバリューが高いと言えます。 中古車の購入需要が高まる2〜3月はもちろんのこと、4WDであれば冬場の需要が増える9〜10月は高値が引き出せる時期なので、ぜひ狙ってみましょう。 査定額が低くなる特徴 高年式が多い車種なので、走行距離の増加による下がり幅は比較的大きくなっています。 もし何らかの事情があって早めの買い替えを考えているようであれば、走行距離と売却のタイミングに注意が必要です。 ディーラーの下取り相場の残価率(リセールバリュー) メーカーの下取り価格シュミレーションを使って、現在の下取り価格を算出しました。 3年落ち (2015/H27年式 RU1 1.5 X CVT)…

車種ごとの買取相場

フィットハイブリッド 3年・5年・7年落ちの下取り価格と買取相場一覧 + 高く売るポイント

2010年に登場、2013年に2代目となったフィット ハイブリッド。 5年目2回目、7年目3回目の車検時を迎える人が増え、2019年にはフルモデルチェンジが噂されています。 買い替えや高く売るための判断材料として、年式や走行距離で買取相場を比較してみました。今からできる高く売る方法も紹介するので、参考にしてみてください。 今すぐ愛車のリアルタイムの査定額を知りたい方はこちら↓ 情報入力は最短”45秒”です フィットハイブリッドの基本価格と買取相場【2018年時点】  新車価格 170.0~236.7 万円 平均買取金額 93.8万円 最高買取金額 172.0万円 最低買取金額 41.0万 フィットハイブリッドの買取相場の平均は93.8万円です【2018年 日本自動車購入協会監修Carviewより】。 最高額を引き上げているのはHonda SENSINGグレードです。 ハイブリッド仕様の中古車は予算120~150万円が相場となっており、平均買取相場も高めの水準にあります。 ただ、人気車種で台数が多く査定額にばらつきが出るので、2社以上の買取店に査定してもらうのがおすすめです。 【無料】フィットハイブリッドを一括査定してみる 現行2018年式 1.5 ハイブリッド F の場合 現行のフィットを購入した場合、3年後の買取相場をシュミレーションしました。  2017年式 1.5 ハイブリッド Fパッケージ 新車価格 181.5万円  3年落ち(3年後) 3万キロ 88.0万円以下(48%) 5万キロ 83.0万円以下(45%) ハイブリッドが登場した現行は2013年からで5年目になります。 2019年にフルモデルチェンジの可能性が濃厚なので相場が下がる可能性があります。 ハイブリッド車で元々のリセールバリューは高めなので、この点はガソリン車にはないメリットですね。 中古車市場での人気や需要 市場で人気のグレードは、予算120万円程度で狙えるハイブリッド Fパッケージです。 コンパクトカーながら大人4人でも乗れるので、独身の方だけでなく、夫婦やファミリー層まで幅広い人気があります。 フィットを高く売るためのポイント 査定額が高くなる特徴 人気があるため、査定額を引き上げやすいのはハイブリッド Fパッケージです。 その他の機能やデザインが追加されたグレードも査定が高くなりますが、新車価格からの残価率を考えるとお得ではありません。 ベーシックな状態が人気なので、純正エアロやナビといったメーカー純正オプションがあればプラス評価になります。 査定額が低くなる特徴 年式が新しく質の良い中古車が増加しているので、初期型は相場が下がってきています。 また、フィットのハイブリッド仕様は内装がこだわって作られています。なので、経年劣化などによる内装やシートの汚れには注意しましょう。 印象が大きく変わり、マイナス評価となる可能性があるので、事前の念入りな清掃がおすすめです。…

車種ごとの買取相場

【最新】フィットの3年・5年落ちの下取り価格と買取相場一覧+高く売る方法

現在のモデルで3代目となる、長年愛される人気車フィット。 2019年にフルモデルチェンジという情報があり、買取相場が下がる可能性があります。 3年・5年・10年落ちの査定額はいくらになるのかを調べたので、相場より高く売るための方法とあわせて紹介します。 今すぐ愛車のリアルタイムの査定額を知りたい方はこちら↓ 情報入力は最短”45秒”です フィット(ガソリン車)の基本価格と買取相場【2018年時点】  新車価格 142.9~205.1万円 平均買取金額 69.4万円 最高買取金額 140.0万円 最低買取金額 18.8万※ ※10年落ち以上と過走行を除く。 フィットの買取相場の平均は28.9万円です【2018年 日本自動車購入協会監修Carviewより】。 最高額を出しているのはRSのグレードです。最低額は10年落ちの走行距離5万キロ超えのものが大半です。 中古車市場でも非常に台数が多いので、全体的に相場が割安。そのぶん査定額が安くなりそうですが、実際はしっかり値打ちが付いています。 【無料】フィットを一括査定してみる 現行2017年式 グレード13G・Fの場合 現行のフィットを購入した場合、3年後の買取相場をシュミレーションしました。  2017年式(グレード13G・F) 新車価格 142.9万円  3年落ち(3年後) 3万キロ 67.7万円以下(47%) 5万キロ 63.6万円以下(44%) 現行は2013年からで5年目になります。 新車価格が安めなので、リセールバリュー(残価率)も良い数字です。中古車の需要が安定しているのも理由でしょう。 2019年にフルモデルチェンジという情報がありますが、年式が新しければ影響は少なめになると思われます。 中古車市場での人気や需要 3年落ちやリース・レンタル落ちの中古車が増加しており、相場がじわじわと下落しています。 年式ごとの差額が小さいので、13GのグレードよりもFパッケージやSパッケージの方が人気があり、高くなる傾向があるようです。 予算100万円圏内で買えるコンパクトカーとして絶大な人気があり、買取店の査定データも多く、乗り気になってくれる車種です。 フィットを高く売るためのポイント 査定額が高くなる特徴 RSグレードは、エアロパーツ付きやMT仕様や仕様があり、スポーツカー好きの若者に高い人気があります。 なので、RSは飛び出て高値で売れます。買取価格相場は110万円を超えます。新車価格が200万手前なので、残価率60%まで届く場合もあります。 査定額が低くなる特徴 市場に多く出回っているので、10万キロを超える過走行を除けば、一気に安くなるような特徴はありません。 自動車は年々価値が下がっていくもので、購入から6〜7年経てばほとんど価値がなくなり、10年経てばゼロというケースが多いです。 しかし、フィットの10年10万キロの廉価グレードであっても、ゼロ円にならず10万円前後の買取が付くケースがあります。 ディーラーの下取り相場の残価率(リセールバリュー) メーカーの下取り価格シュミレーションを使って、現在の下取り価格を算出しました。 3年落ち(2015年式 13G) 新車価格 120.4万円 67万円(55%) 5年落ち(2013年式 13G) 新車価格 133.8万円 54万円(40%)  10年落ち(2008年式…

車種ごとの買取相場

【最新】フィットシャトルの3年・5年・7年落ちの買取相場一覧 + 高く売るためのポイント

ウェイブの後継者として登場したフィットシャトルは、2015年に生産中止。以降、シャトルに代替りしています。 加熱するSUV人気やミニバン需要によってシェアを奪われており、買取相場は下落すると予想されています。 この記事では、フィットシャトルの3〜7年落ちのディーラー下取り価格と買取相場を分かりやすく一覧で公開しています。 「生産中止のモデルだけど、いつ頃売れば得するのか?」気になる方、今の買取相場を把握しておきたい方は参考にしてください。 今すぐ愛車のリアルタイムの査定額を知りたい方はこちら↓ 情報入力は最短”45秒”です フィットシャトルの基本価格と買取相場【2018年時点】  新車価格 168.7~200.1万円 平均買取金額  73.5万円 最高買取金額 105.0万円 最低買取金額 33.0万円 売却までの平均年数は6年、平均走行距離は6万キロになっています。 フィットシャトルが2011年に発売されたので、7〜8年目での買い取り事例が中心となっています。 生産中止となっているモデルなので、一気に中古車台数が増えて急な値崩れを起こす可能性があります。 【無料】フィットシャトルを一括査定してみる 中古車市場での人気や需要 中古車市場ではファミリー層だけでなくビジネス目的での購入もあり、今のところは相場の下落に対する下支えが続いています。 ただ、2〜3年後には後継のシャトルやライバル車であるカローラフィールダーやレヴォーグの中古車が増加して値崩れする怖れがあります。 現在はまだ人気を維持していますが、生産中止となったことを考えると今後の動向が読みづらい車種です。 フィットシャトルを高く売るためのポイント 査定額が高くなる特徴 ビジネスでの利用や中年層のユーザーからの需要があるため、純正ナビのオプションが付いていれば、査定額にも期待ができます。 生産中止のモデルなので、走行距離が少なければ少ないほど査定額が上がりやすい状況です。 ディーラーの下取り相場の残価率(リセールバリュー) メーカーの下取り価格シュミレーションを使って、現在の下取り価格を算出しました。 3年落ち 2015/H27年式 (GG7 1.5 1.5X CVT) 新車価格 166.6万円 77万円 (46.2%) 5年落ち 2013/H25年式 (GG7 1.5 1.5X CVT) 新車価格 166.6万円 65万円 (36.0%) 7年落ち 2011/H23年式 (GG7 1.5 1.5X CVT) 新車価格 157.1万円 40万円…

車種ごとの買取相場

【最新】ホンダ シャトルの3年落ちの買取相場一覧 + 高く売るためのポイント

2015年に現行発売、2017年9月にマイナーチェンジされたホンダのシャトル。 現行は3年落ち(最初の車検)のタイミングとなっており、今後売却が増えていくと見られます。 この記事では、シャトルの3年落ちのディーラー下取り価格と買取相場を分かりやすく一覧で公開しています。 今すぐ愛車のリアルタイムの査定額を知りたい方はこちら↓ 情報入力は最短”45秒”です シャトルの基本価格と買取相場【2018年時点】  新車価格 156〜243万円 平均買取金額 86.4万円 最高買取金額 181.5万円 最低買取金額 103.7万円 売却までの平均期間は2年7ヶ月ほど。平均走行距離1万キロ前後となっています。 まだマイナーチェンジから日が浅いので、今後のフルモデルチェンジもしばらく先でしょう。 ユーザー層から考えると長年乗り続ける傾向が強いと思われるので、今後4〜6年後の時期で買い替えが増えると予想されます。 そうなると売却が増えて値崩れするので、3〜4年後とみられるフルモデルチェンジの手前が売りどきとなるでしょう。 【無料】シャトルを一括査定してみる ハイブリッド車を購入した場合  2018/H30年式 (GP7 1.5 ハイブリッド X ホンダセンシング) 新車価格 213.9万円 2年後  走行距離3万キロ 140.4万円 (65.6%)  走行距離5万キロ 133.4万円 (62.3%) 現行は、これまでのハイブリッド車やガソリン車に比べてわずかに残価率が良いようです。 2017年のマイナーチェンジ以降のモデルはホンダセンシングという安全機能が付いているからだと思われます。 中古車市場での人気や需要 シャトルのようなステーションワゴンは、荷物が多かったり、5人乗りで快適さを求めたりするようなユーザーから人気があります。 SUVやミニバンと比べても手頃な価格帯で、コンパクトカーでは物足りないという層から買い求められるので、まだ中古車相場の値崩れも少ない状況です。 ハイブリッド仕様や年式の新しいステーションワゴンは数が少ないので、早めに手放すことで予想の残価率以上の高値が出る可能性を秘めています。 シャトルを高く売るためのポイント 査定額が高くなる特徴 展示車や試乗車落ちの中古車が増えているので、走行距離が増えていると相対評価でマイナスになりがちです。 5万キロや7万キロといった境目を超えているかどうかは、査定時に見られやすいポイントです。 買い替えを控えているのであれば、できるかぎり走行距離を抑えておることで値下がりの幅を少なくできるでしょう。 ディーラーの下取り相場の残価率(リセールバリュー) メーカーの下取り価格シュミレーションを使って、現在の下取り価格を算出しました。 3年落ち 2015/H27年式 (GK8 1.5 G ガソリン車) 新車価格 156.4万円 108万円…

車種ごとの買取相場

【最新】フリードの3年〜10年落ちの下取り価格と買取相場一覧 + 高く売るためのポイント

2008年に初代が発売。月間販売台数は今でも毎月30位以内に入るホンダのコンパクトミニバン、フリード。 2016年に8年ぶりのフルモデルチェンジ後、初代(旧モデル)のディーラー下取り価格・買取相場はどちらも下落中です。 この記事では、フリードの初代から新型(3〜10年落ち)までの下取り価格・買取相場を一覧にまとめました。走行距離やカラーごとの比較もあるので、参考にしてみてください。 今すぐ愛車のリアルタイムの査定額を知りたい方はこちら↓ 情報入力は最短”45秒”です フリードの基本価格と買取相場【2018年時点】  新車価格  188.0~233.2万円 平均買取金額  78.8万円 最高買取金額 170.5万円 最低買取金額  13.1万円 売却までの平均年数は7年、平均走行距離は7万キロです。 値崩れを怖れたのか、ちょうど2016年に現行モデルが発売されたタイミングで買い替えた事例が多いです。 現行モデルは高値をキープしていますが、初代モデルはどんどん下落中しています。 初代は中古車販売価格で80万円を切る場合もあり、買取金額では50万円を下回ってくるようになっています。 今後現行モデルの中古車が増えたり、次のマイナーチェンジが近づくとさらに値崩れするので、旧モデルは早めの売却がおすすめです。 【無料】フリードを一括査定してみる 現行のガソリン車を購入した場合  2018/H30年式 (GB5 1.5 G CVT 7人乗り) 新車価格 185.3万円 2年後  走行距離3万キロ 119.7万円 (64.5%)  走行距離5万キロ 113.3万円 (61.1%) 現行モデルのリセールバリューは、平均的な乗用車と比較しても良い数字です。 ファミリカーとして買い替えるなら、リセールバリューに優れたクルマと言えます。 中古車市場での人気や需要 フリードは、6人乗りより7人乗りの方が人気があり、台数が多くなっています。 悪路や雪道を走るユーザーから需要がある4WD仕様は、生産台数が少ないため査定額にも期待できます。 趣味や遊びでの使いやすさに優れたフリードスパイクは若いユーザー層にコアな人気があり、こちらはなかなか相場が値崩れしない状況です。 フリードを高く売るためのポイント 査定額が高くなる特徴 1.5Gグレードは、両側パワースライドドアなどの便利な装備が充実しており、高額買取が期待できます。 エアロパーツが装着されたGエアロタイプやGジャストセレクションは、見た目の格好良さから男性ユーザーに注目されやすく、買取店からの評価がプラスとなります。 査定額が低くなる特徴 ファミリーカーとして買い求めているユーザーが多いので、室内の汚れや臭いには注意しましょう。 買い替えまで時間があるのであれば、シートを清掃したり、消臭剤を使って臭いを抑えておくのも良いでしょう。 特に旧モデルのフリードの場合、買取店にとっても室内の清潔さは重要です。マイナス評価されないように気をつけましょう。 ディーラーの下取り相場の残価率(リセールバリュー) メーカーの下取り価格シュミレーションを使って、現在の下取り価格を算出しました。 3年落ち 2015/H27年式 (GB3 1.5…

車中泊

【フィット シャトル 車中泊できる】写真付きフルフラット・シートアレンジ・注意点まとめ

どうも、車中泊を研究しているミヤザキです。 この記事では、ホンダのフィットシャトル(SHUTTLE)の旧型・新型それぞれについて 「車中泊をする前に気になるポイント」 「実際の車中泊のイメージ」 「シャトルで寝るときの注意点」 をまとめました。 ステーションワゴン選びで悩んでいる方は、買い替えの参考にしてみてください。満足できるクルマ選びの手助けになれば幸いです。 フィットシャトルの車中泊をする前に気になる3つのポイント 新型(2015年以降)はシャトル。旧型はフィットシャトルと呼びます。 新型のシャトルは、フィットシャトルより全長がほんの少し短くなりましたが、荷室は広くなっています。 さらにシートがよりフラットになり、車中泊向きになっています。 ①フルフラットになるのか? 旧型 フィットシャトル 引用元:http://autoc-one.jp/honda/shuttle/special-2238543/ 新型 シャトル ②車内スペース(室内の広さと荷室)は? シャトル、フィットシャトルどちらも室内スペースに大きな差はありません。 奥行き(前席の背もたれまで):146~180cm 横幅:98cm 高さ:85cm ③シートの段差や隙間、傾斜は? どちらも車中泊をする際は、180cm未満の人であれば「前席を最大までスライドさせて〜」という作業をしなくても大丈夫です。 気をつけるべき点は、フィットシャトルのリアシートの裏面です。 クッション性が良くないので、体重を掛けると沈み込みます。内部の骨組みや鉄板のゴツゴツが伝わってちょっと痛かったです。 調べてみると、写真の位置にある隙間から1cmほどの銀シートを差し込めば解消できるそうです。ぜひ試してみてください。 引用元:http://shuminosekaiblog.blog49.fc2.com/blog-category-4.html 実際の車中泊は大人1人+子ども1人までが最適 明かりや周囲の視線が気になる方は、窓の目隠しも忘れずに。 フィットシャトルの窓は10枚もあったので、時間に余裕がある方を除いてシェードの自作は止めた方がいいです。市販品を使いましょう。 大人1人なら余裕で足を伸ばして寝られる奥行きがありますが、大人2人で寝るなら荷物の収納場所をよく検討しましょう。 子どもが立って着替えたり、大人が座ったまま着替えられるだけの高さはあります。大人1人+子ども1人までなら快適でしょう。 シートはフラットでもわずかな傾斜や段差があるので、忘れずに車中泊マットを用意しておくことをおすすめします。 必要な車中泊グッズはこちら 【初めての車中泊グッズ】失敗しないための必需品・おすすめグッズ徹底まとめ ステーションワゴンのなかでも車中泊向き ホンダ車の中ではフリードスパイクやフリードプラスの方が車中泊向きです。フラットスペースがさらに20センチも長いですからね。 しかし、フィットシャトルでも充分な奥行きと高さが確保されており、大人1人の車中泊なら問題なく対応できます。 同じステーションワゴンタイプでいえば、トヨタのカローラーフィールダー、スバルのレガシィ(レヴォーグ)があります。 カローラフィールダーとシャトルを比べると、リアシートを倒すだけでいいシャトルの方がカンタンに寝られます。 まとめ:大人1人ならスペースは十分! 車中泊のときの荷物の積み込みが試される スタイリッシュな見た目で街乗りでも格好良いシャトルは、ホンダ車らしいフラットシートを兼ね備えていました。 新車も人気ですが、販売台数が好調なので中古車の数も豊富です。 価格帯が広く、意外と安くなっているグレードもあるので、気になる人は中古車価格をチェックしておきましょう。 新型 シャトル メーカー:ホンダ 新車見積もり(無料) 未使用車を探す 最安値の中古車を探す 愛車の一括査定(無料)はこちらから 旧型 フィットシャトル…

車中泊

【ヴェゼル 車中泊】写真で分かるフルフラットやシートアレンジ・注意点のまとめ

どうも、車中泊を研究しているミヤザキです。 スタイリッシュなデザインの格好良さが人気のヴェゼルですが、調べてみると問題なく車中泊できるSUVでした。 この記事では、 ・ヴェゼルの車中泊で気になるポイント ・実際の車中泊はどのようになるか ・ヴェゼルで寝るときの注意点 をまとめました。 初めてSUVを買う方は、買い替えの参考にしてみてください。満足できるクルマ選びの手助けになれば幸いです。 ヴェゼルの車中泊で気になる2つのポイント ①フルフラットとシートアレンジは? ヴェゼルで快適に寝られるフルフラットは作れるのか、実際に見てきました。 【180cm以下向け:後席+荷室のシートアレンジ】 ・奥行き:164~184cm ※前席シートを一番前までスライドさせた場合 ・横幅:100~110cm ・高さ:85~93cm ・斜め:約200cm 後席シートは、バックドアの方からワンタッチで倒せます。奥行き170cmほどのスペースができました。完全なフラットではありませんが、ほぼフラットと言っても良いレベルです。 後席シートと荷室の間に板があり、わずかな段差(5cmほど)になっています。マットを敷けば気にならない程度だと感じました。 また、前方に向かうほど低くなっていて傾いています。バックドアの方に頭を向けて寝るか、高低差をなくす必要があります。 斜めに寝ると180cm以上の人でも足を伸ばせますが、180cm未満の人でまっすぐ寝たいときは前席と後席シートの間にある隙間を埋めることになります。 【180cm以上向け:助手席+後席+荷室のシートアレンジ】 引用元:http://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/interior/utility/ 奥行き:最大200cm 横幅:100~110cm 高さ:85~93cm 助手席を後ろにリクライニングさせて、前に倒した後席シートをつなげます。 このアレンジは助手席側しかできないので、身長が180cm以上ある場合は一人しか寝られません。 ただ、先ほどのアレンジとは違って、前席と後席の間に隙間がありません。アレンジはカンタンで、シートを倒したまま運転席に移動できるので、一人での車中泊に適しています。 助手席の座面の高低差があるので、クッションで埋めるか、バックドアの方に頭を向けて寝るのが良いでしょう。 前席と後席シートは造りがしっかりしており、裏側がフニャフニャ沈み込むこともありません。さすがフリードプラスやN-BOX+を作ったホンダです。ヴェゼルも車中泊の可能性を想定して作られていました。 ②シートの段差や隙間、傾斜は? 先ほど紹介したとおり、前席を一番前までスライドさせると後席シートとの間に20cmほどの隙間ができます。 対応方法として、渡り板を敷くか、市販されている隙間埋め用のクッションを買うという方法があります。 DIYや改造が面倒くさい人は、買ってしまうのが手っ取り早いですね。 cretom ( クレトム ) 普通車用スペースクッション ブラック 2個 CFD1 posted with カエレバ クレトム(CRETOM) Amazon 実際の車中泊はどんな風になる? ヴェゼルの室内の高さには余裕があり、起き上がっても頭をぶつけないほどです。座ったまま着替えられますし、ミニテーブルを用意して飲食もできます。 横幅は100~110cmほどで、セミダブルベッドより少し狭いぐらいです。2人で寝るのは慣れていないと難しそうです。 それでも、傾斜が小さくフラットにかなり近い状態なので、よほど疲れている人か車中泊の経験がある人なら、しっかり寝られると思います。 引用元:http://www.tomtomsvoice.jp/voice/?p=9361 ヴェゼルの収納スペースは、SUVのなかでも小さめですが、一応ラゲッジフロアの床下に確保されています。 この大きさでは、釣りや登山ユーザーだと荷物の積み込みが厳しいですね。シートの材質を考えても、アウトドアよりは観光や旅行向けのクルマです。…