TAG フィットハイブリッド

車種ごとの買取相場

フィットハイブリッド 3年・5年・7年落ちの下取り価格と買取相場一覧 + 高く売るポイント

2010年に登場、2013年に2代目となったフィット ハイブリッド。 5年目2回目、7年目3回目の車検時を迎える人が増え、2019年にはフルモデルチェンジが噂されています。 買い替えや高く売るための判断材料として、年式や走行距離で買取相場を比較してみました。今からできる高く売る方法も紹介するので、参考にしてみてください。 今すぐ愛車のリアルタイムの査定額を知りたい方はこちら↓ 情報入力は最短”45秒”です フィットハイブリッドの基本価格と買取相場【2018年時点】  新車価格 170.0~236.7 万円 平均買取金額 93.8万円 最高買取金額 172.0万円 最低買取金額 41.0万 フィットハイブリッドの買取相場の平均は93.8万円です【2018年 日本自動車購入協会監修Carviewより】。 最高額を引き上げているのはHonda SENSINGグレードです。 ハイブリッド仕様の中古車は予算120~150万円が相場となっており、平均買取相場も高めの水準にあります。 ただ、人気車種で台数が多く査定額にばらつきが出るので、2社以上の買取店に査定してもらうのがおすすめです。 【無料】フィットハイブリッドを一括査定してみる 現行2018年式 1.5 ハイブリッド F の場合 現行のフィットを購入した場合、3年後の買取相場をシュミレーションしました。  2017年式 1.5 ハイブリッド Fパッケージ 新車価格 181.5万円  3年落ち(3年後) 3万キロ 88.0万円以下(48%) 5万キロ 83.0万円以下(45%) ハイブリッドが登場した現行は2013年からで5年目になります。 2019年にフルモデルチェンジの可能性が濃厚なので相場が下がる可能性があります。 ハイブリッド車で元々のリセールバリューは高めなので、この点はガソリン車にはないメリットですね。 中古車市場での人気や需要 市場で人気のグレードは、予算120万円程度で狙えるハイブリッド Fパッケージです。 コンパクトカーながら大人4人でも乗れるので、独身の方だけでなく、夫婦やファミリー層まで幅広い人気があります。 フィットを高く売るためのポイント 査定額が高くなる特徴 人気があるため、査定額を引き上げやすいのはハイブリッド Fパッケージです。 その他の機能やデザインが追加されたグレードも査定が高くなりますが、新車価格からの残価率を考えるとお得ではありません。 ベーシックな状態が人気なので、純正エアロやナビといったメーカー純正オプションがあればプラス評価になります。 査定額が低くなる特徴 年式が新しく質の良い中古車が増加しているので、初期型は相場が下がってきています。 また、フィットのハイブリッド仕様は内装がこだわって作られています。なので、経年劣化などによる内装やシートの汚れには注意しましょう。 印象が大きく変わり、マイナス評価となる可能性があるので、事前の念入りな清掃がおすすめです。…