【最新】ホンダ シャトルの3年落ちの買取相場一覧 + 高く売るためのポイント

2015年に現行発売、2017年9月にマイナーチェンジされたホンダのシャトル。

現行は3年落ち(最初の車検)のタイミングとなっており、今後売却が増えていくと見られます。

この記事では、シャトルの3年落ちのディーラー下取り価格と買取相場を分かりやすく一覧で公開しています。

今すぐ愛車のリアルタイムの査定額を知りたい方はこちら↓
情報入力は最短”45秒”です

シャトルの基本価格と買取相場【2018年時点】

 新車価格 156〜243万円
平均買取金額 86.4万円
最高買取金額 181.5万円
最低買取金額 103.7万円

売却までの平均期間は2年7ヶ月ほど。平均走行距離1万キロ前後となっています。

まだマイナーチェンジから日が浅いので、今後のフルモデルチェンジもしばらく先でしょう。

ユーザー層から考えると長年乗り続ける傾向が強いと思われるので、今後4〜6年後の時期で買い替えが増えると予想されます。

そうなると売却が増えて値崩れするので、3〜4年後とみられるフルモデルチェンジの手前が売りどきとなるでしょう。

【無料】シャトルを一括査定してみる

ハイブリッド車を購入した場合

 2018/H30年式
(GP7 1.5 ハイブリッド X ホンダセンシング)
新車価格 213.9万円
2年後
 走行距離3万キロ 140.4万円
(65.6%)
 走行距離5万キロ 133.4万円
(62.3%)

現行は、これまでのハイブリッド車やガソリン車に比べてわずかに残価率が良いようです。

2017年のマイナーチェンジ以降のモデルはホンダセンシングという安全機能が付いているからだと思われます。

中古車市場での人気や需要

シャトルのようなステーションワゴンは、荷物が多かったり、5人乗りで快適さを求めたりするようなユーザーから人気があります。

SUVやミニバンと比べても手頃な価格帯で、コンパクトカーでは物足りないという層から買い求められるので、まだ中古車相場の値崩れも少ない状況です。

ハイブリッド仕様や年式の新しいステーションワゴンは数が少ないので、早めに手放すことで予想の残価率以上の高値が出る可能性を秘めています。

シャトルを高く売るためのポイント

査定額が高くなる特徴

展示車や試乗車落ちの中古車が増えているので、走行距離が増えていると相対評価でマイナスになりがちです。

5万キロや7万キロといった境目を超えているかどうかは、査定時に見られやすいポイントです。

買い替えを控えているのであれば、できるかぎり走行距離を抑えておることで値下がりの幅を少なくできるでしょう。

ディーラーの下取り相場の残価率(リセールバリュー)

メーカーの下取り価格シュミレーションを使って、現在の下取り価格を算出しました。

3年落ち 2015/H27年式
(GK8 1.5 G ガソリン車
新車価格 156.4万円
108万円
(69.0%)
3年落ち 2015/H27年式
(GP7 1.5 ハイブリッド
新車価格 184.2万円
122万円
(66.2%)

ディーラー下取りと買取相場を比較した場合、ディーラー下取りの方が残価率が良いようです。

ただし、新車販売が専門であるディーラーの査定は基本的に減点方式で、走行距離やオプション装備といったプラス材料が反映されにくくなっています。

少しでも買い替え予算の足しにしたいのであれば、ディーラーの下取りでの査定額を利用して複数の買取店で査定してもらいましょう。

買取相場の残価率(リセールバリュー)

年式・モデルで比較(3万キロ基準で比較)

現在 1年後
3年落ち 2015/H27年式
(GK8 1.5 G ガソリン車
新車価格 156.4万円
82.2万円
(52.5%)
70.7万円
3年落ち 2015/H27年式
(GP7 1.5 ハイブリッド
新車価格 184.2万円
102.5万円
(55.6%)
89.0万円

先ほどの下取り予想とは違って、買取相場ではガソリン車よりハイブリッド車の方が残価率が高いようです。

これは、近年中古車市場でハイブリッドの人気があり、買い手に注目されやすいという証拠です。

ハイブリッドであれば、複数の買取店での査定を忘れずに行いましょう。ガソリン車でも思わぬ査定額アップのポイントがあるかもしれません。

走行距離で比較(ガソリン車)

3年落ち5万キロ 77.1万円
(49.2%)
3年落ち10万キロ 70.1万円
(44.8%)

走行距離で比較(ハイブリッド)

3年落ち5万キロ 96.5万円
(52.3%)
3年落ち10万キロ 88.3万円
(47.9%)

人気色・不人気色(3年落ち GK8 1.5 G ガソリン車の場合)

ボディカラーで買取価格の差がないか、人気・不人気のカラーで見積もりシュミレーションしてみました。

人気色
(パール・ブラック・ブルー)
79.9~83.4万円
不人気色
(ガーネット・シルバー・レッド)
78.9~80.9万円

定番のブラックやパールと不人気カラーを比べてみると、市場では査定額に大きな違いはないようです。

カラーを理由に査定額を減額するような買取店がいる可能性もあるので、カラーに不安があれば複数のお店に見てもらいましょう。

まとめ

シャトルの買取相場の平均は86.4万円
・まだマイナーチェンジから日が浅いので、今後のフルモデルチェンジもしばらく先と予想される
買取相場ではガソリン車よりハイブリッド車の方が残価率が高く、高値が期待できる

シャトルを欲しがる買取店は複数あるので、これから売却する方は売る前にしっかり検討してください。

ネットを利用する多くの人が一括査定を使っているように、最低でも2社以上に査定してもらい、買取価格を競わせるのをお忘れなく。

このサイトに掲載している買取店は査定後のキャンセル料金は無料です。ぜひ有効活用してみてください。