【エクストレイル 車中泊】車内泊できる? 写真で分かる新型・旧型の気になるポイント・注意点まとめ

どうも、車中泊を研究しているミヤザキです。

この記事では、

・エクストレイルの車中泊で気になるポイント
・実際の車中泊はどのようになるか
・エクストレイルで寝るときの注意点

をまとめました。

釣りやサーフィン、ウィンタースポーツを楽しみたい人にとって、車中泊を想定した買い替えの手助けになれば幸いです。

エクストレイルの車中泊で気になる2つのポイント

①フルフラットとシートアレンジは?

実際に3代目となるエクストレイルの車内を見てきました。

奥行き:174~184cm ※前席をスライドさせた場合
横幅:100~130cm
高さ:80~84.5cm

現行のT32型は、2007年〜2013年のT31型のような完全に水平なフラットではなくなっています。後席シートの傾斜がありますが、寝るには問題がないスペースができました。

身長170cmほどの人であれば、後席シートを倒せば足を伸ばせます。

横幅は一番狭いところでシングルベッドがすっぽり嵌まるぐらいです。大人二人で並んで寝られます。

室内の高さは約80cmなので、起き上がったときに頭をぶつける可能性があります。SUVのヴェゼルや軽ワゴン車はもう少し高いので、この点は気になりますね。

エクストレイルは3列目シートがある7人乗りのモデルがありますが、こちらも同じような傾斜があるフラットになります。


引用元:http://suvlives.net/?p=847

ちなみに、旧型は後席シートを倒せば完璧なフルフラットになります。

僕も乗っていたことがありますが、荷物の積み込みもラクで非常に使い勝手が良かったです。中古車で探して比べてみても良いかもしれません。


引用元:http://shachuhaku.main.jp/x-trail/

②シートの段差・隙間・傾斜は?

身長180cmほどの人は前席シートを前にずらして奥行きを作る必要があります。足を伸ばして寝るには、身長185cmぐらいが限界でしょう。

新型エクストレイルは、後席シートの裏面に小さなくぼみやデコボコがあります。

もしバックドアに足を向けて寝るなら、分厚いマットレスやエアーマットを敷かないとゴツゴツして寝づらいので、買っておくことをおすすめします。

必要な車中泊グッズはこちら

実際の車中泊はどんな風になる?

実際に寝るときはバックドアに頭を向けた方が良さそうです。

傾斜がある分、足が高い位置になるので足のむくみが取れて、頭に血が回ることもなく熟睡できるという体験談もありました。クルマの後ろに頭を向ければ、荷室の床面がフラットなので背中の裏がゴツゴツすることもありません。

初夏や夏の終わりには、窓の開けっ放しによりもエアコンを使うと気持ちよく寝られます。

エクストレイルのハイブリッド仕様では、パワースイッチボタンを押してACCモードにすれば、バッテリーの蓄電がある10分ほどの間はエアコンの冷風が使えます。

寝る前のセッティングを済ませた後、エアコンを掛けて涼しくしてからさっさと寝てしまいましょう。そして朝早いうちに起きて動き出せば、寝不足にならずに済みます。


引用元:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/function.html

もし購入を検討中の方は、メーカーオプションのガラスルーフ(天窓)を考えてみるのも良いでしょう。

寒い夜でも、クルマのなかで寝っ転がって星空を眺めて、そのまま眠りに落ちるなんて過ごし方ができます。

エクストレイルで寝るときの注意点

エクストレイルは、ラゲッジボードを取り外すと床下に収納スペースがあります。ここに荷物をしまうと寝るときに取り出しづらくなるので気をつけましょう。

もうひとつ注意すべき点は、荷室のラゲッジボードの耐荷重です。公式では耐荷重75kgとなっており寝るのが難しいように見えます。

しかし、実際に触ってみた感覚ではしっかり強度がありました。二人で120kgでも寝られたという口コミもあります。もし不安な方は実車で確認してみてください。

まとめ:ハードなアウトドア+車中泊前提ならエクストレイルで決まり!

エクストレイルは、完全なフラットではありませんが、ベッドのセッティングもカンタンで車中泊しやすいSUVでした。

実は僕も旧型エクストレイルの乗っていたことがあるのですが、

軽自動車では走れない獣道や悪路を走り抜けたり、防水仕様のシート・フロアのおかげで汚れや匂いを気にせず使えるのは本当に便利でした。汚れがひどいときはボードを外して水洗いできるのも良かったです。遊びから引っ越しにとことん大活躍してくれました。

新型は、キーを取り出したりドアを触らなくても足先を動かすだけでバックドアが開けられる機能まで追加されています。

ハイブリッド仕様があり、緊急自動ブレーキなどの安全装備もしっかり搭載されています。遊びに使い倒すクルマが欲しいなら、エクストレイルは狙い目ですね。