【CX-3 車中泊】写真で分かるフルフラット・シートアレンジ・実際の注意点まとめ

どうも、車中泊を研究しているミヤザキです。

この記事では、
「CX-3の車中泊で気になるポイント」
「実際の車中泊はどのようになるか」
をまとめました。

初めてSUVを買う方は、買い替えの参考にしてみてください。満足できるクルマ選びの手助けになれば幸いです。

ホンダCX-3 の車中泊で気になる2つのポイント

①フルフラットになるのか?

まず、CX-3の後部座席(リアシート)は、6:4の分割可倒式です。

1人で寝る場合は、片方を倒してベッドスペースにして、もう片方を荷物置き場にすることができます。

2人で寝る場合はリアシート全体を倒して寝ることになりますが、奥行きを拡げられるのは助手席側に限られるので、2人で寝るのは厳しいでしょう。

肝心のフルフラットですが、リアシートの裏面に傾斜があるので、どうしても身体が斜めになります。

そもそも車中泊や荷物置きを想定していないのか、裏面がちょっと柔らかくてボコボコしているのが気になりました。

②シートアレンジは?

身長170cmほどであれば、リアシートをすべて倒して斜めに寝られます。少し膝を曲げる必要がありますが。

170cm以上の人は、前席を最大限前にスライドさせて倒せば180cmほどのスペースができます。ただし、前席との間の隙間を埋めなければいけません。

③車内スペース(室内の広さと荷室)は?

  • 奥行き:152~180cm(前席の背もたれからラゲッジルーム端まで)
  • 横幅:99cm
  • 高さ:65cm

④シートの段差や隙間、傾斜は?

先ほど書いたように、前席との間に奥行き30cm × 横幅 45cmほど × 高さ50cmほどの隙間ができます。

クーラーボックスやコンテナボックスなどの荷物を詰めるか、固めの一枚板を渡さなければ寝られません。

傾斜については、リアシート裏面の傾きの他に気になるところはありませんでした。リアシートの分かれ目もマットを敷けば問題なさそうです。

車中泊のための準備で必要なグッズやマットもまとめてあるので、参考にしてみてください。

必要な車中泊グッズはこちら

実際の車中泊では室内高がネック

コンパクトSUVは車高が低いので、シートを倒して室内に座ると天井に頭が当たります。座った状態で着替えるのは難しいです。

また奥行きが短く、リアシートを倒した状態では150cmほどしかありません。170cmを超える人は隙間を埋める準備が必要なので、気軽に車中泊ができるクルマとは言えません。

良いところを挙げるとすれば、セダンのように窓が小さいので、寝ているときに外から見えづらいといったところでしょうか。冷暖房や荷物の積み込みなどは、特別優れているところはありません。

他社のSUVと比べても微妙

室内が広そうなイメージがあるSUVですが、横幅は広くても奥行きが短い傾向があります。

1人で寝るならホンダのヴェゼルの方が奥行きがあります。同じマツダでもCX-5の方が車中泊に適しています。

参考までに、ヴェゼルの奥行きは164~184cm、CX-3の奥行きは152~180cmあります。

街乗り+キャンプやアウトドアでよく使いたい人は、SUVならエクストレイルが最適でしょう。

1人で車中泊するならCX-3は悪くない

足を伸ばして寝たいなら準備が必要ですが、CX-3は1人なら寝られるだけの余裕はあると分かりました。

本格的な車中泊旅は難しいですが、PA・SAで小休止したり、数時間の仮眠を取る程度なら対応できるクルマでしょう。

頻繁にキャンプやアウトドアをしないのであれば、ヴェゼルCX-5と並んで候補にあげてもよいSUVだと思います。

こちらもよく読まれています