【これを読めばOK】ディーラー下取りと買取の違いを理解して高く売る方法

車 下取り 買取 違い

下取りと買取はなにが違うのか?
どっちが高く売れるのか?

そろそろ車の売却を考えるようになってくると、このふたつの違いが気になってくると思います。

その違い、じつはそのまま売却金額の差に直結する大きな違いなんです。

なにも知らずに査定すれば、損したことに気づかないまま愛車を手放すことになりかねません。

今回は、実際に買取査定で売却した著者が、下取りより買取の方が高く売れるワケ、そして実際に高く買い取ってもらうための手順をお伝えします。

「下取り額は安い」「下取り額を高くしたい」と考えたことがある方は、本当にやるべきことが分かります。ぜひ最後までご一読ください。

下取りと買取の違いとは?

下取りのメリット・デメリット

下取りとは、新車を購入するお店で今乗っているクルマを買い取ってもらうこと。

具体的には、自動車メーカーの特約販売店(ディーラー)で新車を購入して買い換えることです。

つまり、下取りはクルマを買う店と売る店が同じとなります。

下取りのメリットは、

  • ひとつの店舗で買い替えの手続きが済む。書類の提出先が一箇所で済む。

このように手続きがラクになる点にあり、多忙または面倒なことを嫌う方に向いています。

下取りのデメリットは、

  • 下取り額と購入する車両の値引き額がセットになるので内訳が分かりづらい。
  • 下取り額は査定基準に従った一律の金額。交渉で金額を上げるのが困難。
  • 買取とは違い、車種の人気や装備が査定額に影響されづらく、プラス査定になりにくい。

このように下取り額以上の金額で売りたい場合、希望通りに査定額が上がらない点です。

「じつはもっと高く売れるクルマだったのに◯◯万円も安く手放してしまった」ということが知らずのうちに起こります。

こうした下取りのデメリットをカバーしているのが買取です。

買取のメリット・デメリット

買取とは、クルマを購入するお店とは別のお店で今乗っているクルマを買い取ってもらうことです。

具体的には、新車を買う際にディーラーで購入するとき、今乗っているクルマを他の中古車販売店(買取店)に買い取ってもらうことです。

つまり、買取はクルマを買う店と売る店が異なります。

買取のメリットは、

  • 中古車の人気車種や装備、社外品パーツまで査定に反映されるので、交渉次第で高値を引き出せる。
  • 複数の買取店に見せられるので、年式が古い、過走行車といった下取りで価値がつかない場合でも価値がつく。

このように下取りのデメリットをカバーするので、とにかく高く売りたい人に適しています。

ただしデメリットもあります。

  • 査定で下取りより2〜3時間多く時間が掛かる。
  • 買取店と次の購入先の2ヶ所を回るので手間が掛かる。
  • 買う店と売る店が違うので、乗り換えのタイムラグがある。

このように下取りと比べて手間が掛かりますが、査定でプラスになる金額分と時間を比べても十分な見返りが期待できます。

実際、著者が買取査定してもらったときはトータル1時間で終了しました。

また、乗り換えの手間を解消するために代車を用意してくれるという買取店もいました。現在、代車対応の買取店はどんどん増えているようです。

 

下取りと買取の大きな違いは、買い替えに掛かる手間と査定額の差となります。

そして、買い替えに掛かる手間は、買取店によって解消されつつあります。

どちらかを選ぶなら、買取を選んで可能なかぎり高く売るのが最善の選択肢です。

下取りではなく買取が選ばれる理由

大通り沿いには、ディーラーだけでなく大手の中古車販売店から中小の中古車販売店まで多くのお店があります。

こうしたお店が成り立っているのは、下取りではなく買取を選ぶ人が一定数いるからです。

そんな買取が選ばれる理由について、先ほどのメリット・デメリットを踏まえて確認していきましょう。

下取りより買取の方がプラス査定されやすい

下取りと買取の査定における違いは、下取りは公平な査定基準、買取店は中古車相場に基づいている点です。

多くのディーラー下取りは、中古車査定協会が発行するイエローブックを使って査定する決まりがあり、査定額が一律になるようにしています。

なぜかというと、ディーラーはメーカーとの特約契約を結んでおり、メーカー側から下取り額で競争が起きないように設定されているからです。

反対に、多くの買取店では査定額を一律とするルールがありません。

複数のお店が生き残りをかけて仕入れと販売を行っているので、オークションのように買取金額の競りが起こります。

人気の車種やオプション、状態やメンテナンスの良さなど、プラス査定の材料があれば基準の相場を超える高値がつきます。

また、輸入車やミニバンなど特定の車種タイプやブランドに特化した買取店では下取りを遥かに超える査定額がつくケースもあります。

代車を貸してくれる買取店がいる

買取を選ぶと、新車の納車日に合わせて引取日を調整する手間が必要となりますが、これも問題ありません。

ガリバーやビッグモーターといった大手買取店のほとんどが代車の貸出を行っているからです。

下取りより高く売れるだけでなく、乗り換えの間のクルマの心配というデメリットを潰せるのは、大きな魅力です。

ディーラーとの付き合いがない

じつは、新車購入でディーラーとの付き合いが少なければ、新車の車両値引き額をごまかされる不安があります。

ディーラーの営業マンの交渉テクニックに「下取りがあれば◯◯万円値下げできます!」という台詞があります。

この◯◯万円の内訳は、下取り額と購入する車両の値引き額がセットになっており、わざと値引き額の方を曖昧にしています。

そうして10万円値引きできるところを5万円にしておき、下取り額と合わせて「◯◯万円も値引きできます!」とアピールします。

この値引き額の調整を避けるためには、別の店で買取をしてもらい、ディーラーでは値引き金額のみ交渉する必要があります。

出張査定を使えば買取の手間が減る

買取査定には手間が掛かると思われがちですが、一括査定を使えば複数の買取店が指定した日時に出張査定に来てくれます。

仕事で忙しい、休みが不定期という多忙な方でも大丈夫です。

一括査定の仕組みは「手間が掛かりそうだから」と諦めずに済む人を増やしています。

下取りより高い買取金額を出す4ステップ

購入するクルマが決まった後、下取りではなく買取で高く売るための方法は以下の通りです。

  1. (新車購入の場合は)ディーラーで下取り額と値引き額を出してもらい、その場で売らずに帰る。
  2. 一括査定サイトで出張査定を依頼、買取店の営業マンに同日同時刻に来てもらう。
  3. 実際に来た営業マンに査定時に「◯◯万円(下取り額)以上でないと売りません」と提示。
  4. 下取り金額以上でもっとも高額の査定を出した買取店を選ぶ。

手順の内容をざっくり言うと、

「複数の買取店に同じタイミングで出張査定に来てもらい、下取り額より高く買ってくれるところに売る」というわけです。

同じタイミングというのは、同日同時刻に同じ場所に買取店に来てもらうということです。自宅ではなく離れた場所や駐車場でも大丈夫です。

こうして買取店を集める方法は、買取店にとって不利なところがあるので断られるときがあります(著者はビッグモーターに断られました)。

しかし断る買取店は、そもそも出張査定のコストを掛ける気すらないわけなので相手にする必要はありません。

この出張査定は、一括査定サイトから無料で申し込めます。

【無料】愛車を一括査定してみる

電話が掛かってきたら、まず代車の有無を確認しておきましょう。それから出張査定の日時を相談します。

著者の場合、およそ15分程度で、2〜3社の買取店との約束を取り付け終わりました。

まとめ

さいごに、下取りと買取の違いで大切な点をまとめておきます。

  • 下取りは同じ店で売り買い、買取は異なる店で売り買いすること。
  • 下取りは査定金額が一律だが、買取は相場や競りの影響で査定額がアップする。
  • 買取のデメリットは、代車対応と一括査定によって解消されている。

もし売却するとき5〜10万円以上も高く売れたら、財布や時計で言えば上等なモノが買えますよね。

他にも欲しいものがあれば、浮いた分で買ってしまう良い言い訳のチャンスでもあります。

この記事を読んだあとなら、こんな差額出るのを知らずに売ってしまう怖さがよく分かるのではないでしょうか。

これから売却を考えている方は、下取りでいくのか買取を選ぶのかをよく考えましょう。

そして、今回紹介した高く売れる方法を有効活用してみてください。査定後のキャンセル料金は無料です。

 




車 下取り 買取 違い