【フィット シャトル 車中泊できる】写真付きフルフラット・シートアレンジ・注意点まとめ

どうも、車中泊を研究しているミヤザキです。

この記事では、ホンダのフィットシャトル(SHUTTLE)の旧型・新型それぞれについて

「車中泊をする前に気になるポイント」
「実際の車中泊のイメージ」
「シャトルで寝るときの注意点」

をまとめました。

ステーションワゴン選びで悩んでいる方は、買い替えの参考にしてみてください。満足できるクルマ選びの手助けになれば幸いです。

フィットシャトルの車中泊をする前に気になる3つのポイント

新型(2015年以降)はシャトル。旧型はフィットシャトルと呼びます。

新型のシャトルは、フィットシャトルより全長がほんの少し短くなりましたが、荷室は広くなっています。

さらにシートがよりフラットになり、車中泊向きになっています。

①フルフラットになるのか?

旧型 フィットシャトル


引用元:http://autoc-one.jp/honda/shuttle/special-2238543/

新型 シャトル

②車内スペース(室内の広さと荷室)は?

シャトル、フィットシャトルどちらも室内スペースに大きな差はありません。

奥行き(前席の背もたれまで):146~180cm
横幅:98cm
高さ:85cm

③シートの段差や隙間、傾斜は?

どちらも車中泊をする際は、180cm未満の人であれば「前席を最大までスライドさせて〜」という作業をしなくても大丈夫です。

気をつけるべき点は、フィットシャトルのリアシートの裏面です。

クッション性が良くないので、体重を掛けると沈み込みます。内部の骨組みや鉄板のゴツゴツが伝わってちょっと痛かったです。

調べてみると、写真の位置にある隙間から1cmほどの銀シートを差し込めば解消できるそうです。ぜひ試してみてください。


引用元:http://shuminosekaiblog.blog49.fc2.com/blog-category-4.html

実際の車中泊は大人1人+子ども1人までが最適

明かりや周囲の視線が気になる方は、窓の目隠しも忘れずに。

フィットシャトルの窓は10枚もあったので、時間に余裕がある方を除いてシェードの自作は止めた方がいいです。市販品を使いましょう。

大人1人なら余裕で足を伸ばして寝られる奥行きがありますが、大人2人で寝るなら荷物の収納場所をよく検討しましょう。

子どもが立って着替えたり、大人が座ったまま着替えられるだけの高さはあります。大人1人+子ども1人までなら快適でしょう。

シートはフラットでもわずかな傾斜や段差があるので、忘れずに車中泊マットを用意しておくことをおすすめします。

必要な車中泊グッズはこちら

ステーションワゴンのなかでも車中泊向き

ホンダ車の中ではフリードスパイクフリードプラスの方が車中泊向きです。フラットスペースがさらに20センチも長いですからね。

しかし、フィットシャトルでも充分な奥行きと高さが確保されており、大人1人の車中泊なら問題なく対応できます。

同じステーションワゴンタイプでいえば、トヨタのカローラーフィールダー、スバルのレガシィ(レヴォーグ)があります。

カローラフィールダーとシャトルを比べると、リアシートを倒すだけでいいシャトルの方がカンタンに寝られます。

まとめ:大人1人ならスペースは十分! 車中泊のときの荷物の積み込みが試される

スタイリッシュな見た目で街乗りでも格好良いシャトルは、ホンダ車らしいフラットシートを兼ね備えていました。

新車も人気ですが、販売台数が好調なので中古車の数も豊富です。

価格帯が広く、意外と安くなっているグレードもあるので、気になる人は中古車価格をチェックしておきましょう。