【最新】クラウンロイヤルの3〜10年落ちの下取り価格・買取相場一覧 + 高く売るためのポイント

いつかはクラウンというキャッチコピーを持つ、トヨタを代表する高級セダンであるクラウン。

現行14代目が登場したのは2012年。6年近く続いたモデルですが、2018年6月に新型の登場が予定されています。

中古車が増加している現行モデルや先々代(通称ゼロクラウン)の買取相場はさらに下落すると見られます。

この記事では、クラウンロイヤル・ロイヤルサルーンのディーラー下取り価格・買取相場を一覧で分かりやすく公開しています。参考のうえ納得のいく売却を実現してください。

今すぐ愛車のリアルタイムの査定額を知りたい方はこちら↓
情報入力は最短”45秒”です

クラウンの基本価格と買取相場【2018年12月時点】

 新車価格  381.2~545.9万円
平均買取金額 97.9万円
最高買取金額 300.0万円
最低買取金額 3.4万円

売却までの平均年数は12年、平均走行距離は9万キロとなっています。

現行は発売から6年以上経っているので、長年乗っているユーザーが多い状況です。

現行の中古車が増えたことで相場は下落中。2018年に新型が発売されると、現行はもちろん旧モデルにも影響が出るでしょう。

もし売却で悩んでいる方は、買取額の下落を最小限に抑えるためにフルモデルチェンジの3ヵ月前には売却しておきたいところです。

【無料】クラウンを一括査定してみる

現行ハイブリッドを購入した場合

 2018年式 AWS210
(ハイブリッド 2.5 ロイヤル CVT)
新車価格 399.0万円
2年後
走行距離3万キロ 267.3万円
(66.9%)
走行距離5万キロ 253.6万円
(63.5%)

近年人気があるハイブリッド車は買取価格でも差が出る傾向があり、2〜3年後のリセールバリューで考えるとハイブリッドの方が良い数字になります。

新車価格で50万円ほどの差がありますが、売却を考えるとハイブリッドがおすすめです。

中古車市場での人気や需要

中古市場での売れ筋はハイブリッドとなっており、ユーザーの方は売却時に追い風が吹くといっても良い状況です。

現行(210系)でもハイブリッドの割合がかなり多いようです。

なかでもベーシックなホワイトかブラックが好まれており、オプション装備が充実したものが高値で査定される傾向があります。

クラウンを高く売るためのポイント

査定額が高くなる特徴

長年乗ったり、普段の快適な乗り心地を重視するユーザーが多いクラウンでは、エンジン周りの状態が重要視されます。

費用との相談ではありますが、売却に備えてオイルやプラグの交換を検討してみてもいいでしょう。

エンジンの異音やトラブルに心当たりがある方は、査定額に大きく響かないように事前に調べておく必要があります。

査定額が低くなる特徴

内装やシートの目立つ汚れやキズ、喫煙によるタバコの臭いといった要素はマイナス材料となります。

セダン車は、家族で利用するミニバンやコンパクトカーとは違い、室内が清潔に保たれているイメージが強い車種だからです。

近年は禁煙の流れもあってタバコの臭いも査定に影響します。もし清掃や消臭ができるのであれば、査定前にやっておくのも手です。

ディーラーの下取り相場の残価率(リセールバリュー)

リセールバリュー とは?
購入したクルマを下取り・買取で再販するときの価値。
残価率は、購入時(ここでは新車価格)と比べた再販価値の割合。 高ければ高いほど値下がりしないということ。
メーカーの下取り価格シュミレーションを使って、現在の下取り価格を算出しました。

ロイヤル

3年落ち 2015/H27年式
(GRS210 2.5 ロイヤル AT)
新車価格 345.3万円
136万円
(39.3%)
5年落ち 2013/H25年式
(GRS210 2.5 ロイヤル AT)
新車価格 336.1万円
88万円
(26.1%)
10年落ち 2008/H20年式
(GRS180 2.5 ロイヤルエクストラ  AT)
新車価格 321.0万円
13万円
(4.0%)

ロイヤルサルーン

3年落ち 2015/H27年式
(GRS210 2.5 ロイヤルサルーン AT)
新車価格 401.8万円
250万円
(62.2%)
5年落ち 2013/H25年式
(GRS210 2.5 ロイヤルサルーン AT)
新車価格 389.5万円
207万円
(53.1%)
7年落ち 2011/H23年式
(GRS200 2.5 ロイヤルサルーン AT)
新車価格 395.2万円
95万円
(24.0%)
10年落ち 2008/H20年式
(GRS180 2.5 ロイヤルサルーン AT)
新車価格 346.0万円
18万円
(5.2%)

ディーラー下取り価格と買取相場を比べると、買取相場の方が大きく上回る結果となりました(ロイヤルの場合)。

近年は若者の車離れやファミリーカー推しが強いことで、一般ユーザーの中でのセダンの人気が落ちています。

そのため、新車購入がメインのディーラーより中古車売買の専門である買取店の方が良い数字が出ていると思われます。

買取相場の残価率(リセールバリュー)

ロイヤルの場合(3万キロ基準で比較)

現在 1年後
3年落ち 2015/H27年式
(GRS210 2.5 ロイヤル AT)
新車価格 345.3万円
202.8万円
(58.7%)
185.7万円
5年落ち 2013/H25年式
(GRS210 2.5 ロイヤル AT)
新車価格 336.1万円
 144.8万円
(43.0%)
 119.7万円
10年落ち 2008/H20年式
(GRS180 2.5 ロイヤルエクストラ  AT)
新車価格 321.0万円
 14.9万円
(4.6%)
 —

ロイヤルサルーンの場合(3万キロ基準で比較)

現在 1年後
3年落ち 2015/H27年式
(GRS210 2.5 ロイヤルサルーン AT)
新車価格 401.8万円
243.3万円
(60.5%)
 223.3万円
5年落ち 2013/H25年式
(GRS210 2.5 ロイヤルサルーン AT)
新車価格 389.5万円
174.6万円
(44.8%)
 145.6万円
7年落ち 2011/H23年式
(GRS200 2.5 ロイヤルサルーン AT)
新車価格 395.2万円
 118.9万円
(30.0%)
89.5万円
10年落ち 2008/H20年式
(GRS180 2.5 ロイヤルサルーン AT)
新車価格 346.0万円
 22.1万円
(6.3%)

買取相場としては7年落ち以降から100万円台を切ってきます。3回目の車検以降の残価は新車価格の3割程度といったところです。

7年落ちでも走行距離5万キロまでなら100万円台の査定額が付く可能性がありますが、10万キロになると大きく値崩れします。

ロイヤルとロイヤルサルーンを比べると大きな残価率の差はありませんが、年数が経つとロイヤルサルーンの方がわずかに残価率が多くなります。

走行距離で比較(ロイヤル/ロイヤルエクストラの場合)

3年落ち5万キロ 191.3万円
(55.4%)
5年落ち5万キロ 133.5万円
(39.7%)
10年落ち5万キロ 4.1万円
(1.2%)
3年落ち10万キロ 175.6万円
(50.8%)
5年落ち10万キロ 118.2万円
(35.1%)
10年落ち10万キロ  0万円

走行距離で比較(ロイヤルサルーンの場合)

3年落ち5万キロ 229.8万円
(57.1%)
5年落ち5万キロ 161.6万円
(41.4%)
7年落ち5万キロ 105.7万円
(26.7%)
10年落ち5万キロ 10.3万円
(2.9%)
3年落ち10万キロ 211.6万円
(52.6%)
5年落ち10万キロ 143.8万円
(36.9%)
7年落ち10万キロ 87.7万円
(22.1%)
10年落ち10万キロ  0.0万円

残価率で見るかぎり10年落ち10万キロではゼロ査定となっていますが、実際は数万円の価値が付いた事例がいくつもあります。

また走行距離が多くても実車の状態が良ければ、きちんと査定額が出る場合もあり、過走行だと諦めるのはもったいないと言えます。

価値が付くかどうかは、どんな買取店に見てもらえるかどうかでも決まります。近場の複数のお店に見てもらえる一括査定を有効活用しましょう。

過走行のケース(5年落ち ロイヤルの場合)

走行距離15万キロ 100.3万円
(29.8%)
走行距離20万キロ  86.3万円
(25.6%)

過走行のケース(7年落ち ロイヤルサルーンの場合)

走行距離15万キロ 66.7万円
(16.8%)
走行距離20万キロ 50.2万円
(12.7%)

過走行でも、10年落ち未満であればまだ十分な価値が付きます。

10年落ち以前に買い替えることで思った以上の予算の足しになるかもしれません。

人気色・不人気色(ロイヤルサルーン 5年落ち 3万キロ基準で比較)

ボディカラーで買取価格の差がないか、人気・不人気のカラーで見積もりシュミレーションしてみました。

ブラック 174.6万円
パール 175.7万円
シルバー 162.3万円
紺色 154.1万円

無難なカラーであるブラックとパールは査定額を比べても高値となっています。

外観や塗装が綺麗に保たれているのであれば、しっかりプラス材料としてアピールしましょう。

まとめ

クラウンの売却までの平均年数12年、平均走行距離9万キロ
・セダン人気が下火なので、ディーラーより買取店の方が査定額が高くなる
・値崩れを避けるには、2018年のフルモデルチェンジの3ヶ月前の売却が◎

クラウンを欲しがる買取店は複数あるので、これから売却する方は売る前にしっかり検討してください。

ネットを利用する多くの人が一括査定を使っているように、最低でも2社以上に査定してもらい、買取価格を競わせるのをお忘れなく。

このサイトに掲載している買取店は査定後のキャンセル料金は無料です。ぜひ有効活用してみてください。

【無料】世の中に出回っていない中古車を先取りする裏ワザ

来年10月の消費税増税の影響で、
年明け1〜3月は中古車探しで大混雑、激戦シーズン
となります。

スーパー激戦期となれば、
「お目当てのクルマが見つからない」
「自分にぴったりのクルマを探すのは面倒」という悩みで困る危険性大。

そんな不安を解決してくれるサービスがガリバーの「中古車提案サービス」です。

ガリバー 中古車提案 問い合わせ

希望を伝えておくだけで、
中古車情報サイトに載っていない未公開車を含めた中から、プロが条件にあったクルマを探してくれます。

名前とメールアドレスを入力すればチャットで連絡が取れるので、
仕事の合間や深夜でも相談できます。いきなり電話が掛かってくることもありません。

もちろん、どれだけ相談して探してもらっても利用料は無料(タダ)。

自分のペースで”自分だけのクルマ”を探せるので、忘れないうちに登録して良い中古車を先取りしましょう!

電話希望の方はこちら → 【電話】で安くて状態の良い中古車を見つける