CATEGORY Airbnb

Airbnb

Airbnbの経費を考えよう:水道代を節約する方法

どうも、充電ハウスのミヤザキです。 ホストのみなさんは、経費について、色々と考えたことがあるのではないでしょうか。 電気代・ガス代・水道代などなど、意外と積み重なっていくものです。家族連れのゲストなど、大人数を受けいれているホストは、特に大きいですよね。 そんなホストがすぐにできる水道代の節約方法があります。 シャワー節水ヘッドを付ける 知人のホストに聞いたのですが、海外ゲストによっては、シャワーをガンガン使うそうです 笑 清潔な水が普通に使えるというのも珍しいんでしょうね。そのぶん、日本の当たり前が海外の人にウケるということになります。 思う存分シャワーを使ってもらうのは構わないとしても、できるかぎり節水の対策はしておかないといけません。 実際、シャワーに掛かる水道代は意外と多いようです。 一見シャワーで済ませば浴槽に湯をはるよりも水を使っていないように感じますが、実はシャワー15分の使用でおよそ浴槽1杯分にも相当します。これでは夏の水道代が跳ね上がっても無理はありません。4人家族のお宅で、毎日1人1日15分のシャワーを使用した場合、1ヶ月で21,600L、約8,000円にもなるのです。 1月8000円も?!節水のカギはシャワーにあり [節約] All About 家族連れのゲストが来た場合、同じような費用が掛かるのが想定できます。 シャワーヘッドは2〜3000円しますが、一ヶ月あれば十分に元が取れるのではないでしょうか。 三栄水栓 シャワーヘッド 節水 ストップ レイニー 【シャワー穴0.3mm 肌触り・浴びごこちやわらか】 ホワイト PS303-80XA-MW2 posted with カエレバ 三栄水栓 Amazonはもちろん、ホームセンターなどで色んな種類が販売されています。 シャワーヘッドの仕様によって取り付け方が変わってくるので、きちんと調べて買われることをオススメします。

Airbnb

【新企画】Airbnbが火災報知機と防災カードを配布中

どうも、充電ハウスのミヤザキです。 常日頃、安全対策に余念がないAirbnbですが、新たな安全対策に向けて動き始めたようです。 2015年9月23日、このような新企画の案内メールが届きました。 防災対策に向けての取り組みは、宿泊というインフラを作るサービスにおいて、とても重要な課題ですね。 プログラムとしては、一酸化炭素検知器を販売すること、そして防災カード機能でゲストへの連絡をカンタンに、といったところですね。   一酸化炭素検知器を先着順で無料配布 このプログラムを使えば、サイトで簡単に探知器を購入することができます。購入価格はリスティング所在地によって多少バラつきがありますが、平均すると約$40(約4,800円)程度。費用は次回以降の予約受取金から徐々に支払っていただくかたちですので、負担も軽いのではないかと思います。 参照元:「ホーム・セーフティ」プログラムのご案内 分割払いも可能にし、可能な限り多くのホストが導入できるようにしている点がいいですね。 しかも、対象ホストの方先着25000名まで1台を無料でプレゼントしているようです。 今お申し込みいただくと対象ホスト先着 25,000名様には探知器1台を無料でプレゼントするうれしい特典もご用意しました(諸条件・利用規約・例外が適用されます。詳しくはこちら)。「そう言えばうち探知器まだないぞ」という方はぜひ、いますぐご注文を。 ただ、条件を満たすかどうか調べるための適用条件のページが翻訳されてないのが残念です。 Home Safety Terms and Conditions | Airbnbヘルプセンター   トラブル・緊急時に備える防災カードの導入 必要事項を記入するだけで使えるので、ホストから見て何を用意すべきかが分かります。 これからはホスト用ダッシュボードの「リスティングを管理」の欄で「ホーム・セーフティ」というタブを開くと「防災カード」が出てくるようになりました。、そこにオンラインで情報を記入すれば、それだけでゲストに大事な情報をシェアできるようになります。記入できるのは消防・警察・救急の緊急通報ダイヤル、消火器・警報ボタンの設置場所、非常用出口と避難ルートなど、ホストがゲストに教えておくべき重要な情報です。 カードはこんな感じ。シンプルでいいですね。 先日システムエラー発生:ログインできず連絡が取れないトラブルの記事でも書きましたが、人間同士のやり取りである以上、予想外の事態というのはつきものです。 Airbnbも、以前より火災警報器と呼ばれる一酸化炭素検知器の導入を呼びかけており、このプログラムはその導入をさらに推し進めるものでしょう。 気軽に始められる分、安全対策がおろそかになったままのホストがいると、それだけサービス全体の質が低下し、問題が起きかねません。 そうなると、サービスへの風当たりも強くなってしまいます。 ぼくの知人のホスト達は、警報機だけでなく、消防署への電話線、非常用進入口、センサーライト、無線LANの設定など、様々なところに気を使っています。 少しでも、安全に、快適にサービスが続いていくよう、ぼくもトラブルや安全対策については、繰り返し書いていこうと思います。 それでは、充電ハウスのミヤザキでした。

Airbnb

Airbnbでシステムエラー発生:ログインできず連絡が取れないトラブルにも備えを

タイトル通り、Airbnb公式サイトでシステムエラーが起こりました。 2015年9月20日、the error 500のページが表示されるエラーが発生しました。 現在はすでに元に戻っているようですが、アクセスできないことでホストとゲスト間の連絡など、問題が生じたようです。 Thanks for reporting the error 500. Rest assured our team is working to get this resolved as quickly as possible. Thanks for bearing with us — Airbnb Help (@AirbnbHelp) 2015, 9月 20 今年の6月にもシステムエラーがありましたね。 参照:Airbnbシステムエラー出ていますね Airbnbの歩き方   急速に広がっているAirbnb。2015年だけで3000万人もの人がAirbnbで宿泊を予約しており、さらにこの数字が伸び続けています。 Airbnb、この夏に1700万人を泊める | TechCrunch Japan TwitterやFacebook、さらにLINEといった大きなインフラのひとつになりつつあるといっても過言ではないでしょう。   システムエラーで起きる問題は、 チェックイン時のホストとゲストのやり取りに支障が出る(これだけ広まっているので、世界中のどこかで起こるでしょう) 今すぐ予約が必要なゲストが宿探しができなくなる(すぐに予約できるのもAirbnbの便利さですよね) ゲストに返信しなければいけないホストの返信に支障が出る(これではホストの評価に響いてしまいます) このとおり人間の生活に直結する問題ばかりなので、少し心配になってしまいますね。   システムエラーに備えるには?…

Airbnb

【中国 自在客】Airbnbにそっくり、話題の民泊仲介サービスについてまとめてみた

どうも、AIrbnbブロガーのミヤザキです。 中国発のAirbnbと似た民泊仲介サービスが話題になっているので、まとめてみました。   中国発の民泊仲介サービス「自在客(じざいけ)」 (引用元:自在客全球民宿 – 最专业的民宿预订服务 | 自在客) これが自在客のトップ画面ですが、Airbnbと比べて、検索欄、メニューなど、そっくりそのままですね。 ただ、中身のリスティングには違いがあり、中国、台湾、香港、韓国などの物件が取り上げられています。 提供している部屋は、台湾で21都市、韓国で27都市、中国大陸に46都市、そして日本に40都市、さらにアメリカにも4都市と手広い。 (引用元:Wedge (ウェッジ) 2016年 4月号 [雑誌]) トップページでは、日本そして大阪が重点的にピックアップされており、すぐに物件を見ることができます。 日本の登録数は、約15000件! 大阪だけでも1000件以上の登録があります(2016年4月現在)。 普通のホテルや温泉旅館も登録されていますが、個人宅を貸し出しているケースも多く見られますね。 東京、大阪、京都が多く見られます。 日本全体での検索を見てみると、北海道の美瑛や富良野や小樽、奈良なども入っており、需要がある場所が分かります。 北海道を見てみると、こうした団体アカウントでのビジネスホテルの登録もありました。Airbnbのような個人間のホームシェアリングではなく、普通の宿泊予約サービスの部分もありますね。ニーズを考えると、旅館やホテルが対応する価値はありそうです。 Airbnb(エアビーアンドビー)との違いについて 日本法人 世界市場 日本市場 自在客 2016年1月設立 ホスト約10,000人 50,000室 ホスト約2,000人 12,000室 Airbnb 2014年5月設立 世界192カ国 約200万室 ホスト数5,000人以上 26,000室 自在客は、中国、台湾、香港、韓国、日本、アメリカで展開しており、一部報道では売上規模はまだ赤字ということです。 これからいっそう日本市場に力を入れるのこと。1年後にはAirbnbを追い抜いてもおかしくない勢いです。   自在客の現在の状況(2016年4月) どんどん登録物件を増やしているようで、特集記事も組まれています。 旅館関係の動き、手数料の仕組みなど、ホストにとって注目すべき点があるので引用してまとめておきます。 ・全旅連(全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会)は、ホテル・旅館から客を奪う可能性がある民泊に猛反対しているが、その裏ではホテルや旅館が民泊仲介サイトの集客力を頼ってホスト登録する動きが出始めている。 ・中国系民泊サイトでは、ホストとゲストのやり取りは主に中国語で行われるが、宿泊料金の2~3割が相場の手数料を代行業者に払えば、清掃を含めやり取りも担当してくれるため、ホスト自身が中国語を理解できる必要はない。つまり日本人ホストも抵抗なく使用できる。 ・Airbnbはホストとゲストの両方から手数料を取る仕組みだが、当社はゲストからは一銭も取らず、ホストから手数料10%を取る仕組み (引用元:日本市場に吹き荒れる「中国民泊」旋風 最大手「自在客」CEO独占インタビュー 「Airbnbは射程圏内にある」 WEDGE Infinity(ウェッジ) : http://wedge.ismedia.jp/articles/-/6403) 日本を重要な市場と捉えており、3月末からは日本語での対応が一部始まっています。 こうして特集番組も組まれており、国内で徐々に認知が広がっています。 民泊サイトに“新勢力”:ワールドビジネスサテライト:テレビ東京 「民泊」業界に変化!?政府新ルール作り進める。日本では米国のエアビーが大注目される中、中国大手サイトが急拡大。「自在客」が今一番力を入れるのが日本市場。エアビー3万室、自在客は1.2満室。登録待ちリストには日本の地名がズラリと並ぶ。 #wbs —…

Airbnb

日本でもどんどん成長中! Airbnbのホスト紹介プログラムが熱い

  どうも! Airbnbではゲストを迎え入れる人をゲストと呼びます。そのなかで特に実績を積んだ人は“スーパーホスト”という称号が与えられます。ぼくも現在、その審査を受けているところです。いやー楽しみだな。   ホストという存在がサービス拡大に必要不可欠なAirbnbは、こんな紹介プログラムを出してるんです。 ぼくのところにも来ていました。これは実績のあるホストに来るプログラムなんでしょうか?  ご存知の方がいましたら、教えてください。   家に空き部屋がある、使っていない家がある——なんて方は、ぜひ最後の方に載せてあるリンクからホスト登録してみてください。 登録の際、ご連絡を頂ければ、カンタンなコンサル(ホストとしてのノウハウ)をお伝えします。副業としてのお小遣い稼ぎにもなりますよー。   それでは、紹介プログラムについて、ざっくりと説明します。 残念なのが、利用規約そのものが英語なんですよね。そのため、ぼくの英語力では翻訳が難しく、google翻訳頼みとなりました。そのため、曖昧な部分や間違いが含まれている可能性もあります。詳細を知りたい方は、かならず規約を確かめるようにしてください。 Host Referral Program T&C – Referring Host | Airbnbヘルプセンター 紹介プログラムについて このAirbnbホスト紹介プログラムは、少なくとも一つの予約を受け入れているホストのみが参加し、紹介することが可能です。 期間は、2015年10月31日まで。あなたが紹介したホストが最初の予約を獲得した際、紹介した支払いを受け取ることになります 任意の支払いの対象となるには、紹介されたホストの最初の予約が少なくとも100米ドル(または現地通貨での相当額。これはクリーニング手数料、税金、および特別オファーを除く)の金額である必要があります。 ホスト紹介は、作成されたリストやホストの家族や友人に対してではなく、すべて新しいホストに対してでなければなりません。   実際のところ、知人や友人以外の紹介で始めるというのは少々敷居が高い気がしますが、こうしてソーシャル上でホストを増やしていくんでしょうね。 気をつけるべきなのは、紹介したホストがちゃんと対象となっているのか、また最初の予約の際の金額が100米ドル(日本円だとおよそ12000円ほど)になっているのか、ですね。 また、ネットで調べてみると、紹介を受けた側のホストにも支払いがあるという前例を見かけたので、もしかすると、今回も当てはまるのかもしれません。   とはいえ、この紹介プログラムを使って損する部分はないので、興味のある方はこの機会に紹介プログラムを通してみるといいんじゃないでしょうか。   最後に。 ぼくからの紹介用リンクは、こちらです。 Airbnbの始め方など、色々と話を聞きたい方は、無料でお話しますので、こちらのFacebookアカウントにご連絡ください。   最後に、元々の規約文を載せておきますので、ご参照ください。 Description of the Program The Airbnb Host Referral program (“Program”) permits select, invited Airbnb Hosts to…

Airbnb

Airbnbの家具のお悩みを解決:無印良品を少しでも安く買う方法

  どうも、充電ハウスのミヤザキです。 今回は、ホストならではの悩みを解決できれば、と思います。 というのも、まずリスティングを作る際に大変なのが、家電や家具を揃えることなんです。   ぼくは、できるかぎり貰い物で済ましましたが、シンプルかつ清潔な家電家具を揃えられたら、言うことはないですよね。 そんなときに真っ先に浮かぶブランドといえば、やはり無印良品。キレイで洗練されたモノが手に入れば、お部屋の雰囲気もガラッと変わります。 とはいえ、モノが良くても少々割高になってしまうのが困りものですよね。   そんなとき、すこしでも安く買う方法があります。ネット上でもまとめられていますね。 (参照:無印良品の通販で超トクする裏技|無印良品の通販ユーザー必見)   よく知られている方法は、一律10%オフになる「無印良品週間」を利用したり、通販のまとめ買いやアウトレット、アプリの利用することです。 ただ、この他にもっとおトクに変える裏ワザがあるんです。   それが、限定配布されている優待チケットを手に入れることです。 このチケットは、無印良品の社員や店員さんがご家族やご友人に配布しているものです。 裏ワザというのは、ネットでオークションなどを利用して、このファミリーセールの優待券を手に入れることです。   例えば、こんな風に出回っている時があります。運が良ければ手に入れば超ラッキー! ぜひ探してみましょう。 このチケットを使うと、 期間内は、3,000円以上のお買い物で衣服雑貨が20%、生活雑貨が15%、食品が10%オフになります。 あくまでこの割引は参考のものなので、時期などによって変わりますが。それにしても、ずいぶんおトクですね! ホストのなかには、少し足りない家具を足したいけれど、できるかぎり費用を抑えたいという方もいますよね。 実際、自分が使う場合でも使える方法なので、頭の片隅に置いておくといいですね。 ぼくの知人は、シェアハウスを開設するにあたって、このチケットを使って初期費用を抑えたそうです。   ちなみにオークションでいえば、 ヤフオクの場合、特定のキーワードに当てはまる商品が出品されると通知してもらえる“アラート機能”というのものがあるので、チケットの出品を待ってみるのもいいでしょう。マイ・オークションのオプション設定から追加できます。   ひとりでも多くのホストが増えるといいなぁと思いつつ、今日はここらへんで。 それでは、充電ハウスのミヤザキでした。  

Airbnb

意外と見落としがち! ゲストにちゃんとゴミ分別を伝える方法

  どうも、充電ハウスのミヤザキです。 ホストとしていざAirbnbを始めてみると、意外に気づかない点があります。 そう、ゴミの扱いについてです。   海外の方が分かるような案内——と言われて、あなたはすぐに考えが浮かびますか? ぼくは英語に関しては弱いので、すぐさま“すでに上手くやっている“人を探して調べました 笑   そうして学んだ結果が、こちらのゴミ箱です。   本当はもっと分別をしたかったのですが、ゲストの方から見て分かりやすい数に収めました。 つまり、可燃・不燃、その他ビンやカンという分け方です。 イラストを付ければ、ゲストが迷うこともありません。イラストを印刷して貼り付ければ、もっと分かりやすいでしょうね。   最後にある注意書きが重要です。   こうしてゴミの分別をしているのは、長期滞在のゲストが来られた際、分別してあるゴミをきちんと捨ててもらうためです。 とはいっても、海外の方に対して説明は難しいので、日本人のゲストが来られた際は、何かサービスと引き換えにお願いをするようにしています。仕事などの都合で、どうしてもゴミ捨てにいけない場合もありますからね。   長い間ゴミが残ってしまうと、衛生的にも精神的にもよくありません。 お手伝いさんがいるリスティングはいいですが、ホスト一人で回している場合は、少しでも手間を省くためにゴミの分別に気をつけてみてはいかがでしょうか。   それでは、充電ハウスのミヤザキでした。

Airbnb

Airbnbあるあるに朗報! FacebookやLINEが利用できないゲストと連絡を取る方法

こんにちわ、充電ハウスのミヤザキです。 今日は、とあるホストから聞いたお話を紹介します。 Airbnbでは、Airbnb上でのメッセージのやり取りを推奨しているため、特定のURLや電話番号を送っても届かないようになっています。     とはいえ、それではやり取りがしづらいので、FacebookやLINEといったその他のメッセンジャーアプリが使われる場合があります。 そんなときに困るのが、中国からのゲストなど、お国の事情でFacebookやLINEが使えないゲストとの連絡手段です。 そこで使えるのが、この「WeChat」というアプリです。       ——相手がFacebookなどのSNSをやっていないので、なんか不安。 これ、けっこうな数のホストの方が体験したことのあるエピソードではないでしょうか? かくいうぼくも、SNSが使えず、電話番号のみという困った状況でしか連絡できない時がありました。   中国の方だけでなく、そもそもSNSに触れない年代の方もいます。ホスト側は、そういったゲストを事前認証で断ることもできるのですが、地方の集客が少ないエリアでは、リスク覚悟で受け入れる必要性もあります。 なんとか事前に連絡を取りたい場合、チェックイン方法を動画などで伝えたい時は、やはりメッセンジャーアプリが便利です。   モバイル・PCともに幅広く対応

Airbnb

Airbnbでは、ある食べ物を置いておくと、安くてウケる

  こんにちわ、充電ハウスのミヤザキです。 Airbnbでは、海外のいろんな国からゲストがやってきます。ドイツ、中国、アメリカなどなど、数えきれないほどです。   そんなゲストとの話の種になるのが、やはり”日本の食”。 そんな”食”をお手軽かつ、低価格で楽しんでもらえる食べ物があるんです。     そう、日本人なら馴染み深いカップ麺です。ラーメンはもちろん、焼きそばなどのインスタント商品が受けるんです。 ぼくも実際に体験したことで、日清のカップヌードルをまとめ買いして置いておいたところ、3組ぐらいゲストを迎え入れたときには、すっかりなくなっていました。 長旅をしているゲストにはプレゼントもしましたね。とても喜ばれました。日本人のゲストであっても、日清など有名どころのカップ麺は悪い気がしないと思います。主食というわけにはいきませんが、小腹に空いた時にちょうどいいですしね。   料亭や居酒屋での外食は、意外とお金がかさんでしまうもの。しょっちゅう利用するのはためらわれますよね。 (豪快に奢ってくれるゲストもいるようですが 笑) そんなときに、カップ麺をまとめ買いしておいて、ズラーッと並べておくと面白がってもらえそうじゃありませんか?   食べられすぎないか心配だったら、何かと引き換えなどにしてもいいですね。   その人気ぶりや珍しさは、調べてみると分かります。 たとえば、スペインの方。お腹が減ってるときはカップヌードル! Hoy no tengo mucha hambre asi que ramen de marisco para comer!!! #japan#Japon#lunch#cupnoodlepic.twitter.com/yAGMbejQgk — debittoinjapan (@debittoinjapan) 2015, 6月 12     日本のカップ麺は、味も種類も様々なのがウケているのかもしれません。 Japanese instant noodles. Which flavour do you like? #noodles #japan #readymade#cupnoodle pic.twitter.com/v9zaJK2i7b —…

Airbnb

ぼくがAirbnb(エアビーアンドビー)を勧めるたったひとつの理由

はじめまして! このブログは、Airbnbの経験や知識を元に新たな旅の方法やライフスタイルを発信していくブログです。 24歳、とある地方でAirbnbのホストをしています Airbnb(エアビーアンドビー、エアビーエヌビーとも呼ばれます)とは、一言で言うと”旅行者が現地の人から空き家や使っていない部屋を借りられるサービス”です。 ぼくは、周りには「ネットで知り合った人をウチへ泊めてあげる」サービスと説明しています。 現在、日本でも急成長しており、ホストは日増しに増えていっている状況です。 空き部屋シェア「Airbnb」流の“おもてなし”–日本代表インタビュー – CNET Japan 今までぼくは、とある地方で二桁以上のゲストを迎え入れてきました。その経験を元に若者として発信したいことが生まれ、このブログを始めました。 Airbnbのすばらしいところは、 普通の暮らしではありえないつながりが生まれること、そして外国の方との交流だけでなく、ホストの周囲の人間関係も広がっていくことです。 例えば、 訪れるゲストが事前にビデオチャットをしてくれて「なんのおみやげ欲しいか?」聞いてくれたり、食べたことのない外国のお菓子をくれたり、英語が話せる学生との交流の場を設けたり————Airbnbというシステムを通してゲストが来てくれたからこそ、生まれる交流や試みがあります。 ゲストとして知った、新たな旅の魅力 ホストをしつつも、自分がゲストとなって他のリスティング(お家)に泊まったことがあります。 ホストをされている方には、ずっとその場所に住んでいる地元の方であったり、好きで居着いた方もいます。 食べ物、観光施設、交通機関etc……そこにいるからこそ知っている情報を教えてもらえるのは、ホスト・ゲストという新たな関係性ならでは。 ゲストとして訪れた高松では、隠れざるうどんの名店を教えてもらったり。 大阪では、実績のあるホスト(スーパーホストと呼ばれます)さんとAirbnbの業界話で盛り上がったり。 観光もいいけど、Airbnbを通してそこに住んでいる人に会いに行く面白さこそ、これからの新たな旅の魅力です。 初めて出会った人と食卓を囲むなんて、これまでに想像したことがありませんでした。 いつの間にかスマホが身近にあって当然のものになったように、旅というものがもっと身近になっていくーーと、ぼくは思っています。 いえ、もっと細かく言えば、旅のスタイルをもっと好きに選べるようになっていくのでしょう。 その気になれば、そこに住む人の居場所と視点をお借りして、一緒にその日一日を作っていく感覚が得られる。 可能性をいくらでも広げられる、そんな面白さこそが魅力なのです。 ”出会いに行く”を当たり前にできる ゲストとして会いに行くのはもちろん、ゲストを向かい入れるホストとしても、新たな出会いはいくらでもあります。 普段行かないようなお店に行ったり(行かざるを得なくなったり 笑)、知っているようで知らなかった場所を案内したり。 世話焼きで「おもてなししてあげないと……」という方や「一緒に楽しみたい!」という方にとって、誰かがやってくる状況は前向きな変化となります。 かくいうぼくも、英語がまったく話せないのに外国のゲストを迎え入れ、ドタバタと苦労しながらも、非常に濃密な時間を過ごすことができました。 今日出会ったばかりの陽気な人達とお酒を飲みながらビートルズを唄うなんて、思い出すと今でも笑ってしまうような素敵な思い出です。 ぼくが住んでいるような田舎では「外国から人が遊びに来るんだよ」というだけで珍しいものです。 そして、今までにない人の流れは、新たなビジネスは創造のきっかけにもなります。 この世を動かす人たちは、だれしもが”自ら関わっていこうとする”人ではないでしょうか。 だからぼくは、Airbnbを通して出会いに触れたい人がいれば、その手助けをしたい。 Twitterでフォローするように、Facebookで友だちリクエストを送るように、これまでの時代でもっともカンタンに”人が動くきっかけを作れる”。 それが良さであり、ぼくがAribnbを勧める理由です。