CATEGORY オピニオン

オピニオン

【忘れ去られた4号】 イケダハヤト、ありがとう。この夏イケハヤ事務所を卒業します

どうも、これからは高卒フリーランスと名乗ろうかと思っているミヤザキです。 これまで、高知県在住のブロガー、イケダハヤトさんの四人目アシスタントとしてイケハヤ事務所というグループ?に属してきました(ということになっていました)。 【参考:イケハヤ事務所アシスタントを増やしました。これで4人目。 : まだ東京で消耗してるの?】 イケダハヤト 1986年神奈川県生まれ。早稲田大学卒業後、半導体メーカー大手に就職。会社の経営が傾き、11ヶ月でベンチャー企業に転職した後、社会人3年目に独立。2011年からはブロガーとして、高知県を中心にうろうろしています。著書「年収150万円でぼくらは自由に生きていく(星海社)」「武器としての書く技術(中経出版)」「新世代努力論(朝日新聞出版)」※一部抜粋 先日、ふと気付いたらイケハヤ事務所のチャット(Slack)から外れておりました。なぜだ(笑 そのうえ、この卒業発表の記事では名前すら出ていないという状況となっております。 【参考:イケハヤ書生、3人ほど卒業予定です。みんなやるね! : まだ東京で消耗してるの?】 正直まったく困るわけではないのですが、ブログ書生ではないのに書生と言われたりイケハヤ一派という妙な呼び方をされることがあるので、ついでに卒業?を宣言しておきます。 そして、良い機会なので、ずっとお世話になってきたイケダさんに感謝を伝えておきます。 イケダハヤトさん——アシスタントとして半年間、個人的にお会いしてからは約2年間、本当にありがとうございました。 イケダハヤト事務所を卒業しますが、とっくにフリーランスでした 卒業と言いつつも、実は最初から個人事業主として独立していました。 アシスタントに入る前から、日本のカメラを海外へ輸出するバイヤーとして生計を立てています。このナリワイで結構助かっているところもあるので、最後のほうで詳しく紹介しますね。 >>>【今後は、カメラ輸出のノウハウを公開していきます】 他にも色々とやっているので、一応フリーランスです。高校卒業後、会社員を挟みつつ物書きなど色々やってきたので、フリーランスって今更……という気もしますが。 卒業後は、香川でゲストハウスの運営を始めます。すでに立ち上げも進んでおります。 アシスタントになったのは、民泊関連でサロンや新規物件を立ち上げる支援を受けるためでした。いわゆるベーシック・インカムという形ではなく、活動費用として3ヶ月ほどの間支援してもらった形です。本業から離れる分の手助けですね。 そこから少し時間が掛かりましたが、実際に物件を立ち上げることになりました。今も準備を進めており、近いうちに発表できるタイミングだったのもあって、こうして筆を執ったというわけです。 アシスタントとしては何もやっておりません というわけで、実際は、特にアシスタントとして受けた仕事はなく、イケダさんとはあまり関係がないところで動いておりました。 弟子としてブログの教えを受けたこともありません。弟子でなくとも、礼節を尽くして教えを請えば気軽に対応してくださる方ですから。見て盗めばなんとかなりますしね。 とはいえ、ゲストハウスを始められるのはイケダさんが支援してくださったおかげです。このブログと民泊サロンの立ち上げがなければ、今回のゲストハウスの話もありませんでした。 アシスタントとして——だけではありません。思い返せば、イケダさんにはいくつもの感謝と恩があります。 高卒フリーランスが食べていけるのは、イケダさんのおかげです イケダハヤトというブロガーの存在は、2011年頃から知っていました。 移住前、東京で【ihayato.news】というブログを書かれていた頃からの読者です。 上京してお会いしたいと思っていたら、突然高知に移住されることになってビックリしたのを覚えています。 直接お会いしたのは、イケダさんが高知に移住してから二週間後ぐらいのこと。その場で「空き家活用します」と言って空き家募集をしたところ、すぐに空き家の連絡が来てまたビックリ。 その家をシェアハウスにして住んだ後、Airbnbという民泊サービスで提供する体験を経て、現在のゲストハウス開設に至ります。 イケダさんの元に”集まってくる人との縁”に助けられた イケダさんが高知に移住された頃、イベントやセミナーで集まってくる方の中には、自営業やフリーランスの方が数多くいました。 高知生まれ高知育ちの僕は、それまでバイトや会社員の働き方しか知りませんでした。イケダさん周辺に集まりができたおかげで、ネットを活かした働き方や違う生き方に触れることができました。 本業であるカメラ輸出で食べていけるようになったのは、そんな集まりのなかでカメラ輸出ビジネスの師匠と出会ったのがきっかけです。 イケダさんの移住は、それだけの”ビッグチャンス”であり、人生の転機という他ない出来事でした。当の本人は、会ってもひたすら目を合わせない変わった方だったんですが(笑 「炎上の裏側で救われたド底辺の人間がいますよ」という話 それから毎日、イケダさんは薪ストーブに薪をくべるようにせっせと東京を煽り始めます。 その裏側で、サシで呑ませてもらう機会がありました。すべてイケダさんの奢りです。ありがとうございました。 お酒の席では、ひたすら「会社やめた方がいいですよ」「空き家活用しましょうよ」「ブログ書きましょうよ」「話はそれからです(キリッ」と煽られました。 結果、僕はすぐに会社員を辞めて空き家活用を始め、こうしてブログを書いています。南無三。 だからでしょうか。「言われたとおりに動かされて滑稽なやつだ」と言われたこともあります。 けれど、これまで書いてきた通り、僕は地方のしがない高卒です。巷で流行っている新卒フリーランスがみせびらかす新卒カードどころか、かじる親のスネはハナから存在せず、資格やコネもありませんでした。 それでも、イケダハヤトという人は、若造である僕が話す「やりたいこと」や「目指す生き方」を否定しませんでした。むしろどんどん肯定したうえで「大丈夫」「困ったらお金を出す」と言い、本当に出します。今現在、何人ものアシスタントにベーシック・インカムを渡しているように。 たとえその行動の根底に打算や邪心があろうとなかろうと、その行動に勝るものはありません。その支援によって、安心して目の前の仕事に取り組めるようになり、目指す生き方に近づいた若者がいます。 その事実は、どれだけ炎上して罵られようが揺らぐことはありません。「人生を狂わせている」云々ではなく「人生を変えるきっかけを与えた」という見方につながる、ひとつの結果です。 味方をするわけではありません。ただただ、こういう結果があるよと叫ぶだけです。俺はあなたに助けられて生きてます、と。 高知であとに続くかもしれない後輩へ 僕は、結果的には生活費そのものは自分で稼ぎ、やりたい仕事のために支援をしてもらった形になりました。必死でやっていたら、自然とそうなりました。 高知に来られる方の中には「今まで消耗してきた」人もいるでしょう。そんな人は、まず労働と仕事を切り分けて考えるようにしてください。高知までやってきて嫌々他人に使われて”労働”していては、ここで働く意味がありません。 辛かろうが苦しかろうが覚悟して飛び込めること。 誰に言われるでもなく好きで、誰に言われるでもなく続けられること。…

オピニオン

空き家活用をするぼくが持たないと決めたモノ②家具や娯楽品

ぼくは、高知で空き家活用団体として活動をしています。 現在までに空き家を使ったAirbnb、シェアハウス、そして次はオフグリッドハウスを企画しています。 (参照:高知空き家活用団体(仮) on Strikingly) この活動を始めてから今まで、日増しに強くなっている思いがあります。 タイトルにある通り、私物や娯楽品など、いつか使うかもしれないモノを減らしたり、きっぱり捨てることの重要性です。   SNSでつながれる今、あえて会うことで抜きん出る 複数の拠点を作るとなると、それだけ多くのスペースを持つことになります。 でも、そのスペースは自分以外の人を受け入れるための余白であって、自分の私物で埋める場所であっては面白くないと感じています。 生活のために必要なことをそぎ落とし、可能な限り、遊び場を広げたいんですよね。   反対に、ぼくが他のスペースに足を踏み入れる時も同じです。荷物が少なければ少ないほど様々な人に会いに行ける、と仮定しています。 SNSでやり取りすることは多くても、実際に会いに行って話を聞くには物理的な障害があります。 だからこそ、会いにいけるという環境を作れば、人とは違った体験に近づけます。 理想は、車1台で生活。私物はスーツケース一個に収めることです。2〜3日であれば、トートバッグひとつでいきたいですね。   環境を変える若者の動きを知るために 地方移住という言葉がチラつき始めた昨今、環境を変えようと動く若者が現れ始めています。 ぼく自身、その動きのひとつですが「あぁ動いてるなぁ」と思って後を追うようではいけないんですよね。 若者として時代の感覚を掴めている今こそ、さっさと動き、その先の時代を感じ取って書いていかなければ、まったくもって面白くありません。 モノを持ったり、捨てたりする時間や手間さえもったいない。その手間や拠点に帰る分、前に進むことができるんですから。   拠点が多くなればなるほど、いつか使うモノや必要なモノは遠ざかる 例え話ですが、寒いのが嫌なのに雪国に住まざるを得ない人がいたとします。 この人は、寒さから逃れるために多くのモノを持っています。ストーブ、薪、電気カーペット、エアコンetc…… でも、もしこの人がその気になれば明日から南国に住める人だとしたらどうでしょう。いつも必要だった暖房器具は不必要になり、コストが浮きます。 「そんな人、なかなかいないよ」と思う方。あなたがそれなりに年齢を重ねた人ならわかりますが、20〜30代の若者だったとしたら、その諦めはヤバイです。 なにせ、どんどん人が動き始める世の中で、場所に縛られて“本来必要ないはずのコスト”を払い続けるわけですから。それだけで人生が後退していきますよ。 格安航空などで、確実に移動のコストは下がっています。なぜそこに縛られるの? と問われる時代が来ます。そう予感して、ぼくは拠点づくりを進めています。   というわけで、ぼくはこれまで集めていた本やCD、衣服や家具のほとんどを処分して、ダンボール一個で収まるようにしています。 わざわざ賃貸を借りて、いつか使うモノを置いておく必要もありません。いざとなれば、実家に送ってもまったく大丈夫な量ですからね。 空き家を活用してシェア倉庫化する若者も現れるんじゃないでしょうか。これならウチでもできそう……

オピニオン

空き家活用をするぼくが持たないと決めたモノ① 借家

ぼくは空き家を活用して築40年の家を借りていたのですが、結局1年で出ることになりました。振り返ってみると、今の生活を作っているのは、すべてこの家がきっかけです。ありがとうございます。 とはいえ、これから同じように特定の家を借りて、家という拠点を持ちたくはないと思っています。 持ち家ならいいですが、投資ならまだしも、若者としてまだ“家を買う”タイミングではないうえ、デメリットが多いんですよね。   賃貸の家を持つデメリット ・仲介料など無駄な支払いが多い ・入居も退去も手間が多く、場所に縛られてしまう ・余計な管理コストが掛かる   ぼくが思うデメリットの細かなところ ・不動産屋の仲介料、敷金、礼金といった慣習に基づく支払いが発生するので、たかだか家ひとつに対しての支払いが大きすぎる。帰って寝るだけになる可能性もある家に対して、それだけ払うのは明らかにコスパが悪い。 ・書類上での取り決めはなくとも、大家との「一年は住んで欲しい」「最低これぐらいは……」という曖昧な縛りが発生する。大家と借り主との立場上、はっきりと断るわけにもいかず、家賃の交渉もしづらい(気に入らないなら出ていけ、と言えますからね)。 ・入居、退去の際、荷物の全運び込みや全撤去といった手間が掛かる。労力はもちろん、掛かった時間やコストは無駄。せめて備え置きのモノを置いて、お互いにラクできるようにしたらいいのに。 ・掃除やゴミの処分など、そもそもの管理に手間が掛かる。人が出したゴミならいいが、経年による汚れを掃除したりといった手間は、積み重なって大きな無駄となってしまう。カビなど、湿度に関わるものは本当に面倒くさい。   一言で言うと、まだまだコスパが悪い ほんっと、賃料に見合わないんですよね。 管理コストは自分が負担して当たり前だなんて、所得の低い若者の生活をさらに苦しくするつもりですか? だから、実家が最高ってなるんですよ。コスト込みの賃料になればいいんですが、ありえないでしょうね。 ぼくの場合は、不動産の介入と曖昧な縛り、さらに管理コストが掛かり過ぎるために手放すことにしました。 ただし、ど田舎の空き家を月1万円で借りてみると、また変わってきます。 慣習による無駄な支払いがなく、期間や賃料を交渉でき、管理コスト込みの賃料を提示できます。デメリット解決です。 ハードになる分、そこらへんのノウハウを見つければ、他の賃貸にないメリットとなります。 さらに余談ですが、隣人が気難しい人間であったり、空き家の活用に対して疑心的であると、途端に暮らしづらくなります。 限界集落など、陸の孤島で住みづらいイメージがあるかもしれませんが、中途半端な地方都市の方がかえって面倒です。ご近所付き合い、ゴミ出しや騒音の問題など、都会の縮小版のような悩みが発生しますからね。 ど田舎の空き家であれば、そもそもご近所さんがいません。安い車とネットがある時代、半端な都会に住んでもなぁ……とぼくは思いますね。   ウチの団体の物件は、まさに空き家ならではのメリットがあります ウチの空き家活用団体で活用し始めたゼロの家は、先ほど書いたとおり、慣習による無駄な支払いがなく、期間や賃料を交渉でき、管理コスト込みの賃料を提示できます。もちろん、隣接したご近所さんはいません。 ちなみにゼロの家は、年間の支払いは12600円。そのうえ荷物やゴミは撤去されており、あるのは広大な畑と雑草です(これはゴミではなく堆肥になります)。 (参照:新プロジェクト『大豊穴内・ゼロの家』をスタートするにあたって「現状把握」と「今後の課題」についてのレポート : pskのblog) ゆくゆくは買い取りも視野に入れているので、デメリットがすべて解決できます。 それまでに投資した分を回収できれば、十分に成功した活用事例と言えるでしょう。   空き家活用は、手段のひとつ 家を持たないのではなく、家を作ることを常としていこう——そんな風に、ぼくは自分のライフスタイルを考えています。 そのため、空き家の活用だけでなく、車中泊やAirbnbといった“流動的な住環境“を作るつもりで動いています。 だからまぁ、空き家を再生して自分の好きな場所を! というモノに縛られる環境は好きではありません。どっかに帰らないといけないって状況は面倒ですわ。 空き家を活用する人を増やしたいと以前書きましたが、ぼく自身は活用する人と活用される家を増やして、自分がカンタンに借りられる家が増やしていくのが野望です。 というわけで、代表であるぼくは、特定の家というモノを持たず、色々チャレンジしていきますよ。

オピニオン

「自由に生きる」それが一番難しい

  どうも。着る服が少なすぎて困っています。充電ハウスのミヤザキです。 今回は、空き家活用やAirbnb、最近では車中泊に挑戦していますが、なぜこんなことを書くのか? ちょっとお話します。   目新しいことをやっているように思われますが、ぼくの根っこにある行動理由なんて、いたってシンプルです。 死ぬまで、どんどん変わり続けていきたい。ただそれだけです。 でも、そんな思いがありながら、一年前のぼくは地方のブラック企業で働く高卒ド底辺人間でした。     負のスパイラルの根本的な理由は“環境” ぼくのカンタンな経歴を書くと、 工業高校卒 > 新卒で就職 > 一年で退職、ゲームのシナリオを書いて稼ぐ > 給与10万以下のブラック会社 という流れになります。   現在はまったく違う仕事をしていますが、当時は20歳にも満たない地方の高卒として、もはや物書きで稼ぐしかないという一心。本業のかたわら、眠い目をこすりながら小説やシナリオを書いていました。 それでも結局、まともに食べられるだけの結果は残せず、自分にとって新しいと感じるものは生み出せませんでした。   今でもダメだったなぁと思うのは、もっと根本的なところで環境を変えようとしなかったことです。無理やりでもいいから、実家を出たり、海外をバックパッカーしたり、大学に行ったりして動いていれば良かった。 そうすれば、貧しさや寂しさといった負のスパイラルから抜け出せていたでしょう。悔やんでも悔やみきれません。   環境を変えようとする努力そのものが間違っていたせいで、負のスパイラルの中でひたすら自分を苦しめていたんですね。     環境を変えなければいけない運命が食べるきっかけをもたす そんな折、物書きとして尊敬していたプロブロガーのイケダハヤト氏に直にお会いし、一気にすべてが変わりました。 物書きとしてネットに触れていたおかげで、イケダさんのことからかなり前から知っていました。たったそれだけで、こうも人生が変わるとは思ってみませんでした。   イケダさんと出会い、“実家を出たい“という想いで空き家の募集を掛け、そこで来たお話に飛びつき、新たな住居を得たわけです。 その間、たった一ヶ月。あの時は目まぐるしさで頭が回りそうでしたが、今は常々そのスピード感を忘れないようにしています。   地方のど田舎から、地方の中心部(これでもまぁ都会です)に出たことで、セミナーや勉強会を通していろんな人に出会いました。 しかしあれですね……みんな当たり前のように大学を出ているのですね。当時は、劣等感で日々苦しんでいたのを覚えています。   新たな住まいは、新たな仕事のきっかけとなり、Airbnbとの出会いにもつながっています。 「ここから出ないと!」と思わざるを得ないこれまでの人生が、大きな踏み台となって、自分をいい意味でふっ飛ばしてくれたんです。 だからこそ、Airbnbや空き家活用を通して、環境を変えたいという人の手助けができるのではないかと思い至りました。それこそが価値のある業であり、仕事になるのではないかと。   食べるきっかけは、変化する環境に飛び込んでこそ得られる 最後につなげてまとめてみますね。 環境を変えざるをえない人生の中で、自分が求めるきっかけ(住まいや人付き合いを変えること)を作っていたら、いつしか流動的な世界に踏み込み、食べていけるようになった=価値ある仕事が見えるようになってきたというわけです(長い。   変化の中に居続けなければ、こういった価値を生み出せません。つまり、食いっぱぐれます。 ぼくの実体験で言うなら、先ほど言ったようにただの物書きであり続けようとすることが、自分を停滞させていました。 夢を見ることの恐ろしいところは、一心に見続けるあまり、刻々と変化する夢のカタチを見逃してしまうことです。10年前の物書きと現在の物書きは違う。それはどんな仕事にも言えます。   自由ってなんでしょう? ぼくは、自分はまだまだ変化できると思うことができたときこそ、一時の自由を感じられるだろうと考えています。 でも、そう思い続けるのが、どんどん難しくなっていく。だから、いつだって一番難しい問題なんじゃないでしょうか。   最初に実家から抜け出したように、刻々と住む場所を変え、人付き合いを変え、変わり続けていくあり方。 その体現者となり、そのヒントや手助けを紹介していきたい。 Airbnb、空き家活用、車中泊など。関わる事柄を書いているのは、そんな理由——行動欲求からです。   大切なのは、肝心なことを肝心なまま思い続けること。 ブログは、大切なことを何度も伝えるのに、ふさわしい場所だと感じています。  …