Airbnbブロガーの民泊コラムVo4【リスティング写真】コスパ良しのカメラを使って撮影してみて分かった気をつけるべき点

どうも、Airbnbブロガーのミヤザキです。
今回は、新たにリスティングを掲載するにあたって、自前で写真を用意してみました。

東京・大阪・京都などであればAirbnb公式の出張カメラマンが無料で来てくれるのですが、地方は対応していません。
そのため、自前で写真を用意する必要があるホストさんに向けて、カメラと撮影事例を紹介したいと思います。

使ったカメラはこちら。高級コンデジと呼ばれるSONY RX100 mark3です。

IMG_0523

有効画素数2010万画素、コンデジの中では頭ひとつ飛び抜けた高スペックさです。
そのうえ、最短焦点距離が24ミリなので、けっこう広角系の撮影も可能です。室内には、16〜24ミリの広角が向いているとも言われています。
さらに、ポップアップ式のファインダーが付いていたり、背面モニタも動かすことができるのでローアングルの撮影も可能なんです。

★広角と言うのは、ざっくり言えば「被写体に近くまで寄ることができたり、広い範囲を撮影できる(広がりを見せられる)」わけです。

このシリーズは1と2があるのですが、ぶっちゃけそこまで性能に大差はありません。
お安く求めようと思えば、最安の中古で3万くらいから手に入るので、普段使いもされる方にはぜひオススメしたいコンデジです。

コンデジや一眼レフを勧めるのは、測光により露出を調整する機能(AEL)などが備わっているからです。
こういった機能は説明書などを見ればわかるので、カメラ初心者の人でも、すぐに使えるようになりますよ。
フラッシュや自然光を活かして“明るく“撮るのはもちろんですが、デジカメのスペックに頼ればグッと良い写真になります。ここらへんはiPhoneなどでは難しいところですね。画素数、露出調整の点で差があります。

実際にコンデジで撮ってみた

いやー、いくら良いカメラを使っても、ヘタな部分は隠せませんね 笑
実際にやってみて気をつけるべきと思った点は、こんなところです。

・水平垂直=ファインダーを覗いてフレームの縦横のラインをガイドにして窓枠や家具に添わせるといい。この点、ファインダーがある一眼レフや今回のコンデジだと撮影しやすい。

・三脚座=余裕があるなら使うべき。水平垂直に撮りやすくなる。手持ちだと手ブレしやすいので、中古の2000〜3000円ぐらいの三脚でも構わないので用意するといい。

・フラッシュ=絶対に必要というわけではない。不自然な影が出るので、朝日など自然光がたっぷり入る時間に合わせて撮る方が良い。もし使う場合は、天井に向けたりして光をバウンドさせるなどの工夫をすれば、写真を明るく見せることができる。

あまり経験のない方が撮影する場合は、これらの点に気をつければ、充分な写真が撮れますよ。
googleで【室内写真】と検索すると、撮り方やテクニックがいっぱい出てきますので、そちらも参考にしてみてください。

難敵:浴室とトイレへの対処法

しかし浴室やトイレは、スペースの関係で撮影位置や角度が難しかったです。
僕が最初に撮ったダメな例がこちら。

DSC06125 DSC06093

ダメな理由は、写真の目線の高さとアップで撮っていない点ですね。

この場合、座った際の目線の高さにすると良い感じになります。具体例がこちらです。

トイレ 参考画像 お風呂 参考画像

(引用元:https://www.airbnb.jp/rooms/6529113)

この例のように撮っても良かったのですが、せっかくなので“広がり“を持たせられないかなと苦心した結果——

DSC06128 DSC06105

こういった俯瞰するような写真を撮りました。ぶっちゃけ余白が多い点がよろしくないですが、広い印象は与えられるかなと(ついでに備品も見せられます)。
先ほどの良い例と組み合わせて【アップ写真+俯瞰写真】にしてみたら、とても印象が良くなりますね。

という感じで、写真ひとつとっても工夫の余地があります。
今回はリスティングの室内写真が中心でしたが、観光名所やチェックインの案内、ホストの写真があれば、もっとゲストを惹きつけることができます。
プロに撮影してもらうのも良いですが、DIYのように手作り感のある写真の魅せ方も良いんじゃないでしょうか。

カメラについて訊いてみたい!という方は、ぜひご連絡ください。
それでは、またどこかで。

「あのクルマ、いくらするんだろう?」と思ったら↓

ABOUTこのブログを書いている人

91年高知県生まれ、高知県育ち。
新卒で就職後、地方の企業で便器を磨いていましたが、11ヶ月であっさり退職。
現在は、カメラの海外輸出やゲストハウス運営をやっています。

人生の作戦は「ガンガンあそぼうぜ」「おかねをだいじに」

現在は、車中泊と格安SIMの研究にハマっています。