空き家活用をするぼくが持たないと決めたモノ②家具や娯楽品

ぼくは、高知で空き家活用団体として活動をしています。

現在までに空き家を使ったAirbnb、シェアハウス、そして次はオフグリッドハウスを企画しています。

高知空き家活用団体

(参照:高知空き家活用団体(仮) on Strikingly

この活動を始めてから今まで、日増しに強くなっている思いがあります。

タイトルにある通り、私物や娯楽品など、いつか使うかもしれないモノを減らしたり、きっぱり捨てることの重要性です。

 

SNSでつながれる今、あえて会うことで抜きん出る

複数の拠点を作るとなると、それだけ多くのスペースを持つことになります。

でも、そのスペースは自分以外の人を受け入れるための余白であって、自分の私物で埋める場所であっては面白くないと感じています。

生活のために必要なことをそぎ落とし、可能な限り、遊び場を広げたいんですよね。

 

反対に、ぼくが他のスペースに足を踏み入れる時も同じです。荷物が少なければ少ないほど様々な人に会いに行ける、と仮定しています。

SNSでやり取りすることは多くても、実際に会いに行って話を聞くには物理的な障害があります。

だからこそ、会いにいけるという環境を作れば、人とは違った体験に近づけます。

理想は、車1台で生活。私物はスーツケース一個に収めることです。2〜3日であれば、トートバッグひとつでいきたいですね。

 

環境を変える若者の動きを知るために

地方移住という言葉がチラつき始めた昨今、環境を変えようと動く若者が現れ始めています。

ぼく自身、その動きのひとつですが「あぁ動いてるなぁ」と思って後を追うようではいけないんですよね。

若者として時代の感覚を掴めている今こそ、さっさと動き、その先の時代を感じ取って書いていかなければ、まったくもって面白くありません。

モノを持ったり、捨てたりする時間や手間さえもったいない。その手間や拠点に帰る分、前に進むことができるんですから。

 

拠点が多くなればなるほど、いつか使うモノや必要なモノは遠ざかる

例え話ですが、寒いのが嫌なのに雪国に住まざるを得ない人がいたとします。

この人は、寒さから逃れるために多くのモノを持っています。ストーブ、薪、電気カーペット、エアコンetc……

でも、もしこの人がその気になれば明日から南国に住める人だとしたらどうでしょう。いつも必要だった暖房器具は不必要になり、コストが浮きます。

「そんな人、なかなかいないよ」と思う方。あなたがそれなりに年齢を重ねた人ならわかりますが、20〜30代の若者だったとしたら、その諦めはヤバイです。

なにせ、どんどん人が動き始める世の中で、場所に縛られて“本来必要ないはずのコスト”を払い続けるわけですから。それだけで人生が後退していきますよ。

格安航空などで、確実に移動のコストは下がっています。なぜそこに縛られるの? と問われる時代が来ます。そう予感して、ぼくは拠点づくりを進めています。

 

というわけで、ぼくはこれまで集めていた本やCD、衣服や家具のほとんどを処分して、ダンボール一個で収まるようにしています。

わざわざ賃貸を借りて、いつか使うモノを置いておく必要もありません。いざとなれば、実家に送ってもまったく大丈夫な量ですからね。

空き家を活用してシェア倉庫化する若者も現れるんじゃないでしょうか。これならウチでもできそう……

「あのクルマ、いくらするんだろう?」と思ったら↓

ABOUTこのブログを書いている人

91年高知県生まれ、高知県育ち。
新卒で就職後、地方の企業で便器を磨いていましたが、11ヶ月であっさり退職。
現在は、カメラの海外輸出やゲストハウス運営をやっています。

人生の作戦は「ガンガンあそぼうぜ」「おかねをだいじに」

現在は、車中泊と格安SIMの研究にハマっています。