日本での認知はさらに広がるか? Airbnbの新CMが発表されました

 

photo-1441448770220-76743f9e6af6

Airbnbブロガーのミヤザキです。

いやー、日本でもどんどんAirbnbの認知が広まっていますね。ホストも増えています。

民泊という形で広まるサービスに対して、行政も対応に追われているようです。

2016年には「インターネットを通じ宿泊者を募集する一般住宅、別荘等を活用した民泊サービス」として、対応の結論を出すという報道もあります。

 

こちらの記事にある通り、全世界では、2015年10月4日現在、成長の勢いがさらに増しています。

米エアビーアンドビー、今年の宿泊予約は8000万件に倍増の見通し | Reuters

 

そんなAirbnbですが、魅力を最大限に伝える新CMができたことはご存知でしょうか?

知らない人に説明する際に持ってこいの動画です。まだ知らない日本人の方には、ぜひチェックしてみてください。

 

こちらのCM、かなり手が込んでいます。

この60秒のCMは、日本をはじめとするアジア市場に特化する形で制作されました。主人公の女性は、Airbnbのホストが教えてくれたさまざまなパリでの発見に思いをよせ、回転覗き絵(ゾートロープ)によって旅を回想するという古き手法を用いた、昨今では非常に新しい感覚のCMに仕上がっています。

引用元:Airbnbから、新しいCM動画が誕生。「ひと味ちがうパリ」

 

ぼくが見た感想としては、

ゲストとして一番の最初のマジカルな体験(現地のホストに隠れた魅力を紹介してもらう醍醐味)をシンプルに伝えるすばらしいCMだと感じました。

安く泊まれる、予約がカンタン、珍しいところに泊まれる——

そういった良さはモチロンありますが、Airbnbといえば、やはり人と人との新たな出会いのカタチを生み出すサービスなのではないでしょうか。

そういった一番の魅了を伝える内容になっていると思います。

 

この女性のように、マジカルな体験をする人が増えて欲しいと思う限りです。

もっと広まっていくといいですね。ぼくも、微力ながらこのブログでそのお手伝ができれば幸いです。

 

それでは、Airbnbブロガーのミヤザキでした。

 

「あのクルマ、いくらするんだろう?」と思ったら↓

ABOUTこのブログを書いている人

91年高知県生まれ、高知県育ち。
新卒で就職後、地方の企業で便器を磨いていましたが、11ヶ月であっさり退職。
現在は、カメラの海外輸出やゲストハウス運営をやっています。

人生の作戦は「ガンガンあそぼうぜ」「おかねをだいじに」

現在は、車中泊と格安SIMの研究にハマっています。