【Airbnb お遍路】四国ならでは? 女性一人旅のお遍路さんが教えてくれた民泊のメリットとニーズ

どうも、Airbnbブロガーのミヤザキです。

皆さんは四国八十八ヶ所霊場を回る四国お遍路について知っていますか?

高知出身の僕は、子供の頃からお遍路さんを見かける機会がありました。実は先日、そのお遍路さんが新たに作ったリスティングにやって来ました! お遍路ゲストさんです。

12783578_1694511810818505_2413312952570116592_o

こちらの女性は、初めてAirbnbを使って民泊されました。Airbnbを知ったきっかけは、IT系の企業に勤めていたからだとか。

お遍路さんプラス女性の一人旅として、民泊のメリットやニーズについて意見を聞いてみたので紹介します。

 

遍路、あるいは一人旅としてAirbnbの良かったところ

・前日にオンラインで空き確認&直前予約できるのが助かる

歩きお遍路は天候や歩く道の環境により予定変更の嵐のため、前もっての宿泊予約が難しい。

・ホテルや民宿、ゲストハウスと比べて、広さがあって生活感もあるので落ち着いて過ごせた

特に雨で冷えが酷かった日なので家庭の広い湯船にゆっくり浸かれて本当に生き返った。

・ホストが親切。スーパーに連れてってくれ地元の食材や商品について色々教えて嬉しかった

女性が利用するうえで「これがほしい!」

・友人に「え!若い男の家に泊まるの!?危ない!」という意見が意外と多く、心理的なハードルが高い人もいる。

今回はレビューとホストとしての活動をチェックして不安なく即決しましたが、女性を意識したレビューが載っているといい。

・女性的にあったら嬉しいもの
【ちょっとしたお菓子やフルーツ】【オシャレな雑誌(近隣のスイーツやパン屋さん、土地ならではの食材、地酒、飲食店の情報情報などがまとまったもの)】【洋服のファブリーズ】【入浴剤】etc‥…

ーー——

といった風に率直な意見を頂きました。このほか、高知の文化や四季の食材などで話が弾み、とても楽しい時間を過ごせました。またぜひとも来ていただきたいゲストさんです。ありがとうございました!

今回のような一人旅の女性ゲストを増やしたいなら、こうしたさりげない気遣いや清潔感を大事にしたり、キレイではっきりとしたリスティング写真を掲載すると良さそうですね。高知県などの地方の場合は一人旅の比率も多いので、参考にしてみてください。

ちなみに。

今回の女性は、最初から最初まで札所を回るお遍路ではなく、観光と一緒に一部の札所を回る“部分的なお遍路でした。

高松で聞いたところ、こうして一部の札所を訪れる外国の方もいるらしく、日本の文化に興味を持たれているのが分かります。身近なところにあるお寺などが、予想外に面白がってもらえるスポットになるかもしれません。

ぜひ、みなさんの近辺も調べてみてください。

それでは、またどこかで。